抗菌剤等に使われるトリクロカルバンが胎児や乳児に悪影響を与える

ローレンス・リバモア国立研究所の研究者達が、石鹸やローションのようなパーソナルケア製品だけでなく、医療分野においても広く使われている抗菌性化学物質である、トリクロカルバン(TCC)の環境濃度への暴露が母から子に移り、脂質代謝に干渉する事を発見しています。

最終的に今回の発見は、人の健康に影響を及ぼします。本研究は、PLOS ONEに掲載中です。

脂質の体内での役割

Exposure to antimicrobials during development may cause irreversible outcomes

Lipids are naturally occurring molecules that include fats, waxes, fat-soluble vitamins, monoglycerides, diglycerides, triglycerides and others. The main biological function of lipids is storing energy and signaling, and acting as structural components of cell membranes.

資質は、脂肪、ろう、脂溶性ビタミン類、モノグリセリン、ジグリセリド、トリグリセリドなどを含む自然発生分子です。資質の主な生物学的機能は、エネルギー貯蔵、信号伝達、細胞膜の構成成分としての役割を果たしています。

“Our results are significant because of the potential risk of exposure to TCC through contaminated water sources and in the living environment, and the potential adverse effects resulting from this exposure during development,” said LLNL biologist Heather Enright, the lead author of the paper. “Early life exposure to TCC has the potential to cause irreversible outcomes due to the fragile nature of organ systems and protective mechanisms in developing offspring.”

”我々の研究成果は、汚染された水源や生活空間を介したTCCへの暴露の潜在的リスク、成長期でのこの暴露に起因する潜在的な悪影響によって、重要な意味を持っています。”と、本研究論文の筆頭著者で、LLNL生物学者のヘザー・エンライト氏は言いました。”生後間もないTCCへの暴露は、発達段階の子供が、器官系と免疫機構の脆弱性のせいで、不可逆的な結果をもたらす可能性があります。”

Early life exposure toは、胎児の段階で、developing offspringも胎児という意味にも取れるのですが、何れにしても、胎児や乳児の段階での、TCCへの暴露は非常に危険であるということを言っています。母親は、極力、TCCを含む製品の使用を控えたり、浄水器や空気清浄機を使ったり、とにかく、少しでもTCC暴露を回避する努力が必要なようです。でないと、胎児や乳児に対して、非常に重大な影響を及ぼす可能性があるようです。少なくとも、ネズミを使った今回の研究が、そのことを示唆しています。