治療がやっかいな睡眠時無呼吸症候群の画期的新療法が開発される

炎症は、睡眠時無呼吸症候群の症状として、昔から考えられてきましたが、実は、それが、その疾患に先行して起こる可能性があり、このことが、睡眠時無呼吸に対する新しい治療法・予測法への道を開いてくれる可能性を秘めていると、研究者達が言っています。

スポンサーリンク

炎症が睡眠時無呼吸の原因である可能性

Inflammation may precede sleep apnea, could be treatment target

Sleep apnea, a disorder in which the upper airway becomes periodically obstructed during sleep, affects between 17 and 24 percent of men and between 5 and 9 percent of women. One possible explanation for this difference is that men tend to have more belly fat, a major risk factor for developing sleep apnea that is also associated with higher levels of inflammation.

睡眠時に上気道が周期的に塞がる疾患である睡眠時無呼吸は、男性の17~24%、女性の5~9%に影響を与えています。この男女間格差の考えられる解釈の1つが、男性は、より高レベルの炎症にも関連している、睡眠時無呼吸症候群発症の主要危険因子である、おなかの脂肪が、女性に比べ多い傾向があるということです。

The severity of sleep apnea also correlates with high levels of inflammation, an immune response in which white blood cells produce chemicals to fight a foreign substance. Jordan Gaines, adjunct assistant professor of psychiatry in the Penn State College of Medicine, said that she and the other researchers were interested in learning more about which comes first: the inflammation or the apnea.

睡眠時無呼吸の重症度は、白血球が異物に対抗するために化学物質を産生する免疫反応である、炎症のレベルが高いことにも相関しています。ペンシルベニア州立大学医学部精神科の客員助教授ジョーダン・ゲインズ氏は、彼女と他の研究者達が、炎症と無呼吸のどっちが先に来るのかについてもっと知ることに関心がありました。

“Traditionally, inflammation has been largely considered a consequence of reductions in blood oxygen levels during breathing pauses in the middle of the night,” Gaines said. “While this is certainly true, several treatment studies have also shown that reducing inflammation — for example, by using an anti-inflammatory medication — also reduces apnea severity, suggesting that this relationship may go the other way around.”

”従来、炎症は、真夜中の呼吸中断時に起こる、血中酸素濃度の減少の結果であると、概ね考えられていました。確かにこれには一理あるのですが、いくつかの治療研究が、例えば、抗炎症薬療法による炎症低減が、睡眠時無呼吸の重症度も同時に減少することも示していることが、この関係が、その逆も有り得ることを示唆しています。”

炎症マーカー/C反応性タンパク質

After analyzing the data, the researchers found that in boys, increases in waist circumference were positively correlated with increases in CRP. Additionally, increases in CRP predicted sleep apnea in adolescence.

データ解析後、研究者達は、少年において、胴囲の増加と、CRP(C-reactive protein、C反応性タンパク質)の上昇との間に正の相関が認められることを発見しました。さらに、CRP増加が、青年期の睡眠時無呼吸を予測しています。

“When taken together, our findings suggest that inflammation originating from abdominal fat precedes the development of sleep apnea, rather than simply occurring as a result of the disorder,” Gaines said. “Other research has shown that weight loss can help reduce the severity of sleep apnea. Our study corroborates these findings by showing that, even as early as adolescence, metabolic factors are driving the development of sleep apnea, just as we see in adults.”

“これらのことをまとめると、我々の発見は、お腹の脂肪に由来する炎症が、睡眠時無呼吸症候群の発症に先行していて、炎症が、ただ単に、その疾患の結果として起きているのではないことを示唆しています。他の研究が、減量が、睡眠時無呼吸の重症度緩和に役立つことを示しています。私たちの研究は、代謝因子が、早くも青年期において、睡眠時無呼吸の発症を引き起こしていることを明らかにすることで、これらの発見の裏付けをしています。”

持続的気道陽圧法

“CPAP machines work, especially in people with severe apnea, but what about those with mild forms of apnea who do not feel the benefit and are resistant to using it?” Vgontzas said. “If the findings of this study can be replicated, maybe we can start looking at biological-based interventions instead of mechanical ones, like CPAP.”

”CPAP(continuous positive airway pressure、持続的気道陽圧法)マシンは、特に、重度の睡眠時無呼吸患者に対して効果を発揮しますが、そのマシンの効果を感じなかったり、それを使うことに抵抗を感じる軽度の睡眠時無呼吸患者はどうなるのでしょうか?もし、今回の研究の結果が、再現されれた場合、恐らく、我々は、CPAPのような機械的介入療法の代わりに、生物学的な介入療法を検討し始めてもいいかもしれません。”

炎症レベルで睡眠時無呼吸を予測

“For example, we can take a 30-year-old man who is having problems with snoring and/or mild to moderate sleep apnea. Checking his levels of inflammation — CRP — may help us predict whether he is at risk for developing severe apnea or other cardiometabolic problems such as hypertension or diabetes in the future,” Vgontzas said. “This person with high CRP levels should be monitored closely to prevent the development of these conditions.”

”例えば、いびきや軽度~中程度の睡眠時無呼吸の問題を持つ30歳男性を例に挙げれば、彼の炎症レベル(CRP)をチェックすることが、将来的に、彼が、重度の睡眠時無呼吸、または、高血圧症もしくは糖尿病などの、他の心血管代謝疾患を発症する危険性があるかどうかを予測するのに役立つかも知れません。高CRP値を持つこの人は、こういった疾患の発症を防ぐために、きっちり監視される必要があります。”

CRP値をチェックすることで、睡眠時無呼吸や他の心血管代謝疾患を予測できるみたいです。炎症を抑えることで、こういった疾患の予防や治療が可能になれば、わざわざ持続的気道陽圧ユニットを使わずに済むので、睡眠時無呼吸症候群患者には朗報であると言えます。

スポンサーリンク

フォローする