ほぼ全ての卵巣癌は卵管で発生するので卵管切除が卵巣癌予防になる

ほとんどというか、恐らく全ての卵巣がんは、卵巣ではなくて、それにつながっている卵管で発生しています。これが、ニューヨーク大学ランゴン医療センターにあるパールマターがんセンターの研究者達を主導に行われた、卵巣癌遺伝学の多施設共同研究の結論で、Nature Communicationsに10月17日にオンライン掲載されました。

卵巣癌の発生源は卵管

Many pelvic tumors in women may have common origin — fallopian tubes

“Based on a better understanding of its origins, our study suggests new strategies for the prevention and early detection of ovarian cancer,” says senior study author Douglas A. Levine, MD, director of the Division of Gynecologic Oncology at Perlmutter and professor of Obstetrics and Gynecology at NYU School of Medicine.

”卵巣癌の起源の深い知見に基づく我々の研究が、卵巣癌の予防と早期発見のための新しい戦略を示してくれます。”と、パールマター婦人科腫瘍科部長でNYU医学部産婦人科学教授でもある、上席研究著者、ダグラス・A・レビン博士は言っています。

The results revolve around the fallopian tubes, which enable egg cells that have the potential to be fertilized and become embryos – to pass from the ovaries where they are made to the uterus. The new study found that ovarian cancer cells have more in common with cells covering the tips of fallopian tubes than with those on the surface of ovaries.

今回の研究結果は、受精して胎児になる可能性を持つ卵子が、卵巣を出て、子宮へ向かうのを可能にしている卵管を中心に展開しています。本研究は、卵巣癌細胞が、卵巣表面の細胞よりも、卵管端を覆う細胞と共通点を多く持つことを示しています。

卵巣癌バイオマーカー開発

If biomarkers can be found for these tubal cells, say the authors, future blood tests, advanced Pap smears, or direct tests on tubal tissue might be able to detect ovarian cancer earlier. The research team plans to conduct studies that will seek to apply the current molecular biology findings to clinical practice, but Levine says it may take years to prove that this approach detects ovarian cancer earlier, prevents its spread, or extends survival in patients with this disease.

もし、こういった卵管細胞に対するバイオマーカーが見つかれば、次世代血液検査、最新パップスメア検査、あるいは、卵管組織の直接検査が、卵巣癌を早期に発見することを可能にしてくれるかもしれません。研究チームは、今回の分子生物学的発見を、臨床診療に適用させるための研究を実施しようとしていますが、レビン氏は、この手法が、卵巣がんを早期に検出したり、転移を防いだり、もしくは、卵巣癌患者の生存率を高める事を証明するまで、何年もかかるだろうと言っています。

卵管除去で卵巣癌予防

The new findings also point to the possibility that removing a woman’s fallopian tubes, but not her ovaries, may reduce risk of ovarian cancer in those at high risk for disease, including those with genetic changes (mutations) known to increase risk (e.g. BRCA).

今回の新しい知見は、卵巣を摘出するのではなく、卵管だけを除去するだけで、リスクを増加させることで知られている遺伝子変化(突然変異)(例えば乳がん感受性遺伝子)を持った人々を含む、卵巣癌リスクの高い人達のリスクを低下させる可能性があることも示唆しています。

まだまだ不確実性は残っている

Also not yet clear is whether or not the cells that become ovarian cancer become malignant in the fallopian tubes or if they circulate to other organs first. If it is the latter, then removing the fallopian tubes might not work. It is also possible that some ovarian cancers originate elsewhere, says Levine.

同様に、まだ明らかでないのは、卵巣癌になる細胞が卵管で悪性化するのか、それとも、最初に他の組織へ循環するのかどうかです。仮に後者だとすれば、卵管除去は無意味かもしれません。一部の卵巣がんは、卵管ではなく、ほかの場所で発生する可能性もある、とレビン氏は言います。

Despite the remaining uncertainties, the current study does confirm previous results that had suggested that many high-grade serious cancers in the pelvis are preceded by abnormal cells (lesions) occurring in the fallopian tubes, called serous tubal intraepithelial carcinoma (STIC).

不明な点はいくつか残っていますが、今回の研究は、骨盤内の多くの高悪性度の重篤な癌が、漿液性卵管上皮内癌と呼ばれる、卵管で生じる異常細胞(病巣)が先行することを示唆している、過去のいくつかの研究結果を立証しています。

卵巣癌は長期(5年以上)生存率が低い

Ovarian cancer is more aggressive than many other cancers because it is hard to diagnose in its earliest – and most treatable – stages. Fewer than 50 percent of women diagnosed with the disease survive for longer than five years after their diagnoses, according to the American Cancer Society.

卵巣癌は、初期(最も治療可能な)段階での診断が困難なことから、他の多くのがんに比べ、悪性度が高くなっています。米国癌学会によると、診断後5年以上生存率は、卵巣癌診断を受けた女性の50%未満になっています。

将来の卵巣癌や子宮がんの危険性を考えれば、子供を産む予定のない女性は、卵管と子宮を摘出した方がいいのかもしれませんが、難しい選択なように思われます。将来の虫垂炎を恐れて、子供の頃に虫垂を切除するかと問われれば、これもまた難しい選択で、子宮と卵管の摘出は、虫垂の切除よりもはるかに難しい選択であることを考えると、卵巣癌と子宮癌の可能性が高くない限り(家族の多くがこの種の癌を患っているとかBRCA陽性)、多くの女性は決断を躊躇するのではないでしょうか。