わんこがうんこを食べるのは何故なのか?止めさせる方法はあるのか?

わんこがうんこを食べるとか、聞いたことがないのですが、どうやら、実際に、そういう話があるみたいです。私が、幼少時代に犬を飼っていた時は、飼い犬の糞食などという、世にもおぞましい行為は、幸いなことに一度も目撃したことがありません。うちの犬は、相当なバカ犬でしたので、血統証付きのお座敷犬だったにもかかわらず、ゴミ箱を漁るような、そんな情けない犬でした。しかし、そんな情けない犬でさえも、糞食だけはしませんでした。糞食は正常な犬の習性みたいですが、粉飾については、国も企業もやってはいけません。

スポンサーリンク

You are probably not prone to chowing down on poop, but some of our best friends beg to differ. While all dogs are not into the fresh stuff, some are decidedly inclined (heck, drawn) to gobble it up.

あなたは、たぶん、うんこをムシャムシャ食べるという事はしないでしょうが、人間の親友である犬の一部は、そうする傾向にあります。全てが糞好きではないですが、一部は、明らかにうんこを貪欲に食す傾向(糞食に魅了される)があります。

chow down = むしゃむしゃ食う、がっつく

gobble it up = ガツガツ食う、食べ尽くす

If you are still reading despite topic and tone, maybe it’s personal. If one of your canine friends eats poop, you may wonder, “Why, dog? Why are you into this? And is it normal? And, well, could you maybe do it less?”

もし、あなたが、主題と論調にもかかわらず、未だに読み続けているとしたら、個人的な問題なのでしょう。もし、あなたの犬の友達の一匹がうんこを食べるとしたら、”何でや犬?何でおまえはこんなもんに入れ込むんや?んで、それってありなんか?なぁ、そんなことをなるたけせんようにできへんか?”と思うのではないでしょうか。

Here’s what we know: dogs eat poop. They’ll eat their own and that of other dogs. Other species’ goods are also fair game—dinner time in the cat litter box anyone? How about an on-farm horse-candy snack? The scientific term for this phenomenon is called coprophagy, which is defined as “the eating of feces that is normal behavior among many animals” which sure sounds like what’s going on with dogs. After all, early in life, mother dogs (dams) will “clean up” puppy’s #2.

我々が知る限り、わんこはうんこを食べます。わんこ達は、自分自身のうんこや、他のワンコ達のうんこを食べます。他の動物のうんこも格好の獲物で、例えば、飯時に猫用のトイレの砂箱の中に心当たりがありませんか?農場の馬の糞飴はどうでしょうか?この現象を説明するための科学的な用語は、食糞と呼ばれていて、多くの動物にとっては正常な行為であるうんこを食べる事と定義されており、まさに犬に起こっている事のように聞こえます。煎じ詰めれば、生後間もない頃、母犬(母獣)は、子犬のうんこを食べて綺麗に片付けます。

But here’s the thing: eaters weren’t vastly different from non-eaters.

しかし、重要なのは、糞食犬は、非糞食犬と大して変わらないという事です。

Coprophagy wasn’t associated with dog age, sex, neuter status, age of separation from the mother, ease of house training, or numerous owner-described problem behaviors.

食糞は、犬の年齢、性別、去勢状態、母親から離れた年齢、躾の容易さ、あるいは、飼い主が説明する数多の問題行動とは関連性がありませんでした。

スポンサーリンク

Eaters and non-eaters also didn’t differ in diet, which is notable as diet can be linked to coprophagy. It’s also possible survey questions alone wouldn’t pick up the nuances needed to explore a relationship between diet and coprophagy.

食糞犬と非食糞犬は、食事の点でも一緒で、食事が、糞食とリンクしている可能性があることを考えれば注目に値します。調査質問だけでは、食習慣と食糞の関係を調査するために必要な微妙な差異を拾い上げられない可能性もあります。

But there might be a few indicators. A few differences between eaters and non-eaters emerged. Eaters were more likely to be found in multi-dog households, possibly because there’s more to go around or maybe poop eating has a social, even learned, component. In the book The Dog: Its Behavior, Nutrition, & Health, Linda Case wonders whether, as social beings, a dog might notice another dog getting intimate with feces, be drawn to investigate, and behave similarly. For some dogs, boredom could play a role in the development or maintenance of the behavior. And given the zest with which some gobble it down, you have to wonder whether poop-eating taps into other senses, like odor and taste.

しかしながら、食糞性の指標が2~3存在します。食糞犬と非食糞犬のいくつかの違いが浮かび上がっています。糞食犬は、複数の犬を飼う世帯に多く見られる傾向が強く、たぶん、糞に遭遇する機会が多いか、糞食が社会的・後天的要素を有しているためです。犬の習性・栄養・健康の本の中で、リンダ・ケース氏は、社会的存在としての犬は、別の犬が、うんこと戯れているのに注目し、調査に乗り出し、同じように行動するのかもしれないと考えています。一部の犬達は、退屈が食糞の習得や維持の一因になっている可能性があります。一部の犬の食糞に対する異常なまでの情熱を考慮すると、糞食が、臭味などの他の知覚に働き掛けているのではないかと思わざるを得ません。

Coprophagic dogs were also more likely to be described as “greedy eaters” who “wolf down food” as opposed to “normal” or “finicky” eaters. And 85% were keen on the fresh stuff, preferring stool not more than two days old.

食糞犬は、食べ物の好みが普通か好みにうるさい犬とは対照的に、食べ物にがっつく食いしん坊と言われる傾向が強くもあります。それから、85%の食糞犬は、新鮮な糞に目がなく、脱糞後2日以下のうんこを好みます。

食糞は後天的要素を有する可能性がある一方で、adaptive behavior inherited from their wild ancestor (野生原種から継承された適応行動)である可能性も示唆されています。

Scoop the poop. Making it unavailable—for your dog and other dogs—is really the surest way to decrease the behavior because the poop becomes a ghost. It does not exist. But where there is a will, there is a way, and dog owners who pick up all or most stools claimed it still didn’t stop poop eating entirely.

うんこを拾いましょう。あなたの犬や他の犬に、うんこを入手不可能にする事が、糞食行動を減らすための実際に最も確実な方法で、何故なら、うんこが痕跡になるからです。うんこは存在しません。しかし、精神一到何ごとか成らざらんで、全てあるいはほぼ全てのうんこを拾い上げる飼い主達は、そうしても、完全に食糞を止めるには至らないと言っています。

犬がうんこを食べてくれれば、道にうんこが落ちていることはないように思えますが、実際には道はうんこだらけだし、それは、飼い主がうんこを拾わない、飼い犬もうんこを食べないことを意味しています。とにかく、飼い主はうんこを拾うべきだし、あるいは、飼い主がうんこを拾わないなら、うんこをした張本人が責任を持って食べるべきでしょう。

参照サイトOkay, So Some Dogs Eat Poop

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク