ネットでたまに見かけるシンママ(新ママ?)とは一体何なのか?

シンママという言葉は、当然、新ママ(新しくママになった女性)のことを指すんだと思っていたのだが、どうやらsingle mother (シングルマザー、未婚の母)の略らいしいことが最近分かった。しかし、それなら、シンママではなくシンマと略すのが筋で、シンママは新米ママ、シンマはシングルマザーと使い分けた方がいいだろう。ちなみに、チーママとはスナック等でママの次に地位の高いホステスを指す。新しいママは、子供を産んだ母親以外にも、スナック等で新しくママになった女性のことも指す。

リーマンA「あそこのシンママ、すげー美人だよな」
リーマンB「チーママからママに昇格したんだっけ?」

上記のような会話も普通に成立するし、下記のような会話も成立する。

リーマンA「おまえ、シンママと付き合ってるんだって?」
リーマンB「娘がすげー可愛いんだよ!」

しかし、上の会話の場合、シンママがスナックなどの新しいママのことを指すのか、シングルマザーを指すのか非常に曖昧なので、やはり、こういった場合は、シングルマザーのことならシンマと略すか、もしくは、バツイチ子持ちや子持ち未亡人と言った方が相手に分かりやすいだろう。

あるいは、シンママとはsingle-mamaの略であると言うこともできるし、それよりむしろ、シンママよりもシンマム(single-mum, single-mom)の方がいいかもしれない。まぁ、日本人なら、未婚の母、子連れ寡婦、子持ちバツイチと呼ぶのがしっくり来るのではないだろうか。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク