【コナンファンに悲報】映画「紺青の拳」の興収が天気の子に抜かれる

コナンに比べると、lacklusterなopeningだった「天気の子」の興行収入が、いつの間にかにコナンの興収を超えてしまったようだ。ほとんど全てのコナンファンが、今年の邦画ナンバーワンは「紺青の拳」で決まりだろうと思っていただけに、大変な衝撃となっている。個人的にも、天気の子は出来が良くないので、せいぜい80〜90億程度と思われていただけに、この予想外の結果に驚かされている。

スポンサーリンク

気が付けば天気の子

先ず、8月12日時点での国内興行収入トップ5を見てみる。

import pandas as pd
import requests

df = pd.read_html(requests.get(
 'https://www.boxofficemojo.com/intl/japan/yearly/?yr=2019&p=.htm').content)
df1=pd.DataFrame(df[2])
df1.head(1)
0 1 2 3 4
0 Rank Movie Title Distributor Gross Release
df1.columns = ['順位', '題名', '配給会社', '国内興収','公開日']
df1= df1.drop(0)
df1 = df1.reset_index(drop=True)
df1.head()
順位 題名 配給会社 国内興収 公開日
0 1 Aladdin (2019) Disney $107,662,058 6/7
1 2 Detective Conan: The Fist of Blue Sapphire Toho $81,125,047 4/12
2 3 Weathering With You Toho $71,089,865 7/19
3 4 Toy Story 4 Disney $71,083,495 7/12
4 5 Avengers: Endgame Disney $54,661,638 4/26

気が付くといつの間にかに天気の子がコナンを猛追している。と言っても、この数字は8月12日迄の数字なので、8月19日時点では、天気の子はコナンを抜いて邦画興行収入ナンバーワンになっているだろう事が予想されている。

国内興行収入上位20作品をグラフ化

次に、8月12日時点での国内興行収入トップ20をグラフ化する。

df1['国内興収'] = df1['国内興収'].str.replace('$','').str.replace(',','')
df1['国内興収'] = df1['国内興収'].apply(pd.to_numeric, errors="coerce").astype(int)
from matplotlib.pyplot import *
from matplotlib.font_manager import FontProperties
from matplotlib import rcParams
import matplotlib.patches as mpatches
style.use('ggplot')

rcParams["font.size"] = "25"
fp = FontProperties(fname='/usr/share/fonts/opentype/ipaexfont-gothic/ipaexg.ttf', size=54)
rcParams['font.family'] = fp.get_name()
fig, ax = subplots(figsize=(20,16))
df1[['題名','国内興収']].set_index('題名').sort_values(by='国内興収',ascending=False).\
head(20).plot(kind='barh',ax=ax,width=.8,color='pink')
ax.legend(['興行収入'],loc='upper right', prop={'size': 36})
rc('xtick', labelsize=30)
rc('ytick', labelsize=35)
xticks(np.arange(0,1.24e8,1e8/5),
   ['{}億'.format(float(x/1e8)) if x > 0 else 0 for x in np.arange(0,1.24e8,1e8/5)]);
for j,i in enumerate(ax.patches):
    ax.text((i.get_width()+1e6 if int(i.get_width()) < 1e8 else i.get_width()-.35e8),\
     i.get_y()+.15,'{:,}{:,}{:,}ドル'.format(int(str(i.get_width())[:-8]),\
       int(str(i.get_width())[-8:-4]),int(str(i.get_width())[-4:])) \
 if int(i.get_width()) > 1e8 else '{:,}{:,}ドル'.format(int(str\
  (i.get_width())[:-4]),int(str(i.get_width())[-4:])),fontsize=30, color='k');
xlabel('興行収入');

天気の子の興収は、最終的に130〜150億程度となり、本年度の国内興行収入1位の座に輝くと、多くの新海誠ファンが宣っている。真偽の程は別にして、仮に150億円を超えた場合、新海誠監督は、世界の巨匠である宮崎駿氏に次いで、2作品連続で興収150億円を超えた国内史上2人目の監督になる。これは物凄い偉業であると言えるだろう。