bargaining leverageとputative powerの意味

この記事”Trump’s Fake Trade War With China“に出てくるputative bargaining leverageの意味を調べた。

スポンサーリンク

bargaining leverageの意味

上述の記事の以下の一文に問題のイディオムは含まれている。

As Robert Kuttner pointed out this week, years of neglect of China’s economic aggression gave the country putative bargaining leverage over the U.S.

「ロバート・クトナーが今週指摘したように、何年にも渡り中国の経済侵略を無視し続けた結果、中国に米国に対するputative bargaining leverageを与えてしまった。」

bargaining leverageはこのサイトで以下のように定義されている。

Bargaining leverage is the degree to which you can reward or punish the other side and vice versa. For example, someone with much authority may have more leverage then someone with no formal authority in a given context.

Bargaining leverageは、相手に報酬や懲罰を与えられる度合いで、その逆もまた真である。例えば、所与の状況下で、多くの権限を持つ人間は、正式な権限を持たない人間に比べ、より大きな影響力を有する可能性がある。

つまり、Bargaining leverage = bargaining power = 交渉力ということになる。似たようなイディオムに、bargaining chipという言葉があるが、こっちは、交渉の切り札、交渉を有利に進めるための取引材料といった意味がある。

putative powerの意味

putative powerはこのサイトで以下のように定義されている。

putative power is potential power; putative power is defined in
terms of a country’s capabilities. Putative power is the power you and others a social actor to have and can employ now or in the future.

「putative powerは潜在能力のことで、putative powerは、国の能力に関して定義されている。Putative powerとは、社会的行為者が、現在、もしくは、将来的に有する、または、行使し得ると、人々が認めている力のことである。」

putative powerはあると周囲から推定されている力のことを言うようだ。以上のことを踏まえると、中国がアメリカに対して有するとされているputative bargaining leverage = 潜在交渉力、想定的交渉力と訳すことができよう。putative powerに対して、actual powerは実際の力のことを指す。すなわち、中国が有する潜在交渉力に対して、アメリカは実際の交渉力を有しているということだ。実際の力と見かけの力の差は、今回の貿易戦争における両国のダメージを比べれば明らかだ。ただ、中国も大豆を中心とした農作物に関税を課して、アメリカの農家を苦しめていることからも分かるように、潜在交渉力を有している。しかしながら、貿易戦争の行き着く先は世界大恐慌という過去の教訓から学ばないと、人類は再び同じ過ちを犯すことになるだろう。