食事と運動でアルツハイマー(認知症)を予防できるらしい

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)セメル神経科学人間行動学研究所の研究員達による研究が、健康的な食事と日常の身体活動と正常なBMI(体格指数)が、アルツハイマの発症と関係がある、たんぱく質蓄積の発生率を減少させる事を発見しました。

健康的な食事は、食費等の問題があるので意外と難しいです。果物、野菜は高いし、スーパーフードも割高なので、庶民には健康的な食事を1日3食毎日続けることは不可能です。健康も金次第とは良く言ったものですが、金があったからと言って、必ずしも健康的な食事をとるとも限りません。不健康な物を食べて、不健康な生活をしていれば病気になるのは当然で、病気にならない努力を日々欠かさないことが大事と言えます。

スポンサーリンク

アルツハイマー病

Diet and exercise can reduce protein build-ups linked to Alzheimer’s, UCLA study shows

Plaque, deposits of a toxic protein called beta-amyloid in the spaces between nerve cells in the brain; and tangles, knotted threads of the tau protein found within brain cells, are considered the key indicators of Alzheimer’s.

「脳内の神経細胞間のスペースにある、β-アミロイドと呼ぼれる毒性タンパク質の沈着物であるプラークと、脳細胞内部にあるタウ蛋白質の絡み合った繊維のもつれが、アルツハイマーの重要な指標と考えられています。」

アルツハイマー病、脳の糸くずのない未来

アルツハイマー病は、脳にアミロイドβというタンパク質がたまることを引き金に、タウタンパク質が糸くずのように集まり、脳の神経細胞が変性したり脱落したりして、脳が萎縮することがすでにわかっていました。

アルツハイマー病は、蛋白質が脳の中で悪さをしている事が原因のようです。

地中海ダイエット

The Mediterranean diet is rich in fruits, vegetables, legumes, cereals and fish and low in meat and dairy, and characterized by a high ratio of monounsaturated to saturated fats, and mild to moderate alcohol consumption.

「地中海ダイエットは果物、野菜、マメ科植物、穀物、魚が豊富で、肉と乳製品が少なく、一価不飽和脂肪と飽和脂肪の高比率と軽くたしなむ程度のワインを特徴としています。」

一価不飽和脂肪はオリーブオイルなど体に良い脂肪で、飽和脂肪はバターなどのそんなに体に良くないと言われている脂肪の事です。オリーブオイルを多く消費するのが体に良いのは当然です。乳製品と肉類を減らして、あるいは、肉は鶏肉をメインにするか、魚、果物、野菜、全粒粉、豆類、木の実を積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

乳製品は少なめとは言っても、ヨーグルトは体に良いので、食べた方がいいです。乳酸菌の餌であるオリゴ糖や無添加フルーツジャムなんかと一緒に食べるがベストです。

健全な精神は健全な肉体に宿る

Earlier studies have linked a healthy lifestyle to delays in the onset of Alzheimer’s. However, the new study is the first to demonstrate how lifestyle factors directly influence abnormal proteins in people with subtle memory loss who have not yet been diagnosed with dementia, Merrill said. Healthy lifestyle factors also have been shown to be related to reduced shrinking of the brain and lower rates of atrophy in people with Alzheimer’s.

「以前の研究が、健康的なライフスタイルとアルツハイマー病発症の遅延とを関連付けしています。しかし、新しい研究は、生活スタイル要素が、まだ痴呆症と診断されていない、僅かな物忘れを伴った人々において、どう直接的に異常な蛋白質に影響を与えるのかを、初めて明らかにしています。とメリルを語った。ヘルシーライフスタイル要素が、アルツハイマー病患者達の脳の萎縮を減らし、萎縮の速度を下げる事に関連している事も示唆されています。」

アルツハイマー病を患った後でさえも、意識して健康的な生活を続ければ、病気の進行を遅らせることが出来るみたいです。健康な生活が健康を作るのは当たり前です。

“The study reinforces the importance of living a healthy life to prevent Alzheimer’s, even before the development of clinically significant dementia,”

「その研究は、臨床的な意義を持つ認知症の発症以前でさえ、アルツハイマー病を予防するために健康的な生活を送る事の重要性を強固にしています。」

例えアルツハイマーでなくても、健康的な生活スタイルを維持し続けることが重要で、健康的な生活さえしていれば、アルツハイマー病を発症しないとも言えるみたいです。

食は健康とは本当に良く言ったもので、毎日の健康的な食事、適度な運動、最低6時間以上の睡眠、モーツァルトやバッハ等の古典音楽鑑賞等でストレス解消、読書、とにかく健康的なライフスタイルを心掛けることが、あらゆる病気を防ぐ唯一の方法でもあります。

スポンサーリンク

フォローする