ふくらはぎのストレッチが末梢動脈障害の痛みを大幅に緩和

簡単なふくらはぎの筋肉のストレッチが、歩行時の足の痛みを緩和して、末梢動脈障害を抱えている人々の血流を増加させてくれるかもしれないことが、American Heart Association(米国心臓協会)主催の学術会議 (American Heart Association’s Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology Peripheral Vascular Disease 2017)で発表されたpreliminary abstract (仮要約)が示唆しています。

末梢動脈障害(PAD)

Stretching may reduce walking pain among peripheral artery disease patients

“This is a very safe, easy intervention that can be done at home and has the potential to really improve your tolerance for walking and get you into a walking program,” said Judy M. Muller-Delp, Ph.D., senior study author and professor of biomedical sciences at the Florida State University College of Medicine in Tallahassee.

”これは、家で実行可能な、非常に安全かつ簡単な介入治療で、人の歩行に対する耐性を確実に高める潜在性を秘めていて、人を歩行プログラムへと導いてくれます。”と、上席研究著者でフロリダ州立大学医学部生物医科学教授ジュディー・M・ミュラー=デルプ博士は言いました。

Peripheral artery disease (PAD) affects more than 8.5 million American adults and many are unaware they have it. The most common symptom in the lower extremities is a painful muscle cramping in the hips, thighs or calves when walking, climbing stairs or exercising. The pain of PAD often goes away when you stop exercising, although this may take a few minutes.

末梢動脈障害(PAD)は、850万人以上のアメリカ人成人に影響を与えていて、そのほとんどの人々が、自分達がPADを患っている事に気付いていません。下肢の最も一般的な症状は、歩いたり、階段を登ったり、運動した時の、臀部や大腿部、あるいは、ふくらはぎの痛みを伴う筋肉のけいれんです。PADの痛みは、運動を止めると、たいてい治まりますが、運動を止めて痛みが治まるまでには、数分の時間を要するかもしれません。

間欠性跛行

If there’s a blood-flow blockage due to plaque buildup, the muscles won’t get enough blood during exercise to meet the needs. The “crampy” pain (called intermittent claudication), when caused by PAD, is the muscles’ way of warning the body that it isn’t receiving enough blood during exercise to meet the increased demand.

もし、プラーク蓄積のせいで血流閉塞が起きているとしたら、筋肉は、運動中に、需要に見合うだけの十分な血液を得ることができません。けいれん性の痛み(間欠性跛行)は、PADによって引き起こされる時、運動中に増加する需要を満たすための十分な血液を受け取れていないことを、体に警告するための筋肉流のやり方です。

ストレッチの驚くべき効果

1ヶ月ストレッチをしない事に比べ、1ヶ月間、毎日ふくらはぎをストレッチした参加者達は、

  • improved the ability of their calf arteries to relax and expand to let blood flow through after being momentarily held back with a blood pressure cuff (a test called flow-mediated dilation), from an average of 3.7 percent to 5.2 percent – moving them into the normal range for healthy elderly people;
  • extended how far they could walk in six minutes – about half a city block farther but still well below normal for people the same age; and
  • prolonged the distance they could walk before needing to stop and rest due to leg discomfort.
  • 血液測定用カフ(血流依存性血管拡張反応と呼ばれる検査)によって、一時的に妨害された後で、血液を通過させるために、彼らの腓腹動脈(ふくらはぎの動脈)を、リラックス・拡張させる能力は、3.7%から5.2%へ向上し、それらを、健康的な高齢者に対する正常範囲へ戻しています。
  • 彼らが6分間に歩ける距離を延ばしています(約半街区距離延びていますが、それでもなお、同年齢の正常な人々をはるかに下回る距離です)。
  • 彼らが、足の不快症状のせいで休息が必要になるまでの距離を延ばしています。

スケジュールに基づいた歩行プログラムは、投薬療法や、特定の場合において、詰まった血管を開くための介入療法に並ぶ、PADの基本的な治療法になっています。

腓腹筋ストレッチの重要性

“A physical therapist can instruct you how to adjust and wear the splints correctly so you can do the stretches at home. There is no doubt about the benefit of exercise training on blood vessel health in PAD patients. If you have limited walking ability, I recommend that you at least perform muscle stretches so you can gain enough comfort and confidence in walking to participate in a walking exercise program,” said Kazuki Hotta, Ph.D., lead author of the study and a postdoctoral fellow in engineering science at the University of Electro-Communications in Tokyo.

”理学療法士は、患者が家でストレッチできるように、副木を正しく調整して装着する方法を指導できます。PAD患者の血管健康に対する運動トレーニングの効果については疑いの余地がありません。人の歩行能力が制限されていた場合、私は、その人が、歩行訓練プログラムに参加するために、歩きに対する十分な気楽さと自信を持てるように、少なくとも、筋ストレッチを行うように勧めます。”と、本研究の筆頭著者で、東京にある、電気通信大学工学科学の博士研究員の堀田一樹博士は言いました。

According to the American Heart Association’s 2017 Statistical Update, about 10 percent of people with PAD have the classic crampy pain symptom of intermittent claudication. Approximately 40 percent do not complain of leg pain, whereas the remaining 50 percent have a variety of different leg symptoms.

米国心臓協会の2017年統計最新版によると、PADを患っている人々の、約10%が、間欠性跛行には典型的な疝痛症状を持っています。約40%が、足の痛みは訴えてはおらず、一方で、残りの50%が、多種多様な足の症状を持っています。

ふくらはぎのストレッチやマッサージは重要です。アキレス腱を断裂しないように、運動前には必ずふくらはぎのストレッチをやらされたし、運動後のふくらはぎのマッサージも欠かせませんでした。歩くことは健康の基本でもあるので、ストレッチと歩行を日課にしましょう。