自分で貼れる無痛タイプの皮膚パッチ式インフルエンザ予防接種

インフルエンザは感染すると命に関わる可能性さえある病気であるにも関わらず、アメリカ国内では、成人のたった40%しか、インフルエンザの予防接種を受けていません。しかし、研究者達は、非常に微細な針を含んだ、新しい自己投与型無痛ワクチン皮膚用パッチ剤が、予防接種を受ける人の数を、大幅に増やせることができると確信しています。

スポンサーリンク

極細針パッチインフルエンザ予防接種

Microneedle patches for flu vaccination prove successful in first human clinical trial

A phase I clinical trial conducted by Emory University in collaboration with researchers from the Georgia Institute of Technology has found that influenza vaccination using Band-Aid-like patches with dissolvable microneedles was safe and well-tolerated by study participants, was just as effective in generating immunity against influenza, and was strongly preferred by study participants over vaccination with a hypodermic needle and syringe. The microneedle patch vaccine could also save money because it is easily self-administered, could be transported and stored without refrigeration, and is easily disposed of after use without sharps waste.

エモリー大学とジョージア工科大学の研究者達によって実施された第一相臨床試験が、溶解性マイクロニードル(極微針)を持った、バンドエイドに似たパッチを使ったインフルエンザ予防接種が、安全かつ研究参加者達による耐用性が良好であり、皮下注射針と注射器を用いた予防接種と同程度に、インフルエンザに対する免疫を作り出すのに効果的で、研究参加者たちに対しても、従来予防接種よりも受けが良いことを示しています。極細針パッチ予防接種は、簡単に自己投与され、冷蔵無しで輸送・保存でき、鋭利な廃棄物無しで簡単に処分できます。

パッチ式予防接種は安全

Study results showed that vaccination with the microneedle patches was safe, with no adverse events reported. Local skin reactions to the patches were mostly faint redness and mild itching that lasted two to three days. No new chronic medical illnesses or influenza-like illnesses were reported with either the patch or the injection groups. Antibody responses generated by the vaccine, as measured through analysis of blood samples, were similar in the groups vaccinated using patches and those receiving intramuscular injection, and these immune responses were still present after six months. More than 70 percent of patch recipients reported they would prefer patch vaccination over injection or intranasal vaccination for future vaccinations.

研究結果は、マイクロニードルパッチを使った予防接種は、何の有害事象が報告されていないことからも安全です。パッチに対する局所的な皮膚反応は、大部分が微かな赤みと、2~3日続く程度の程良い痒みです。新しい慢性内科的疾患や、インフルエンザ様疾患は、パッチ、注射どちらのグループにも報告されませんでした。ワクチンによって産生された抗体反応は、血液サンプルの分析による測定では、パッチを使った予防接種群と筋肉注射予防接種群が、ほとんど同じで、こうした免疫反応は、6ヶ月後もなお健在でした。パッチ摂取者の70%以上が、将来的に、注射や経鼻予防接種よりも、パッチ予防接種を選択すると報告しています。

パッチ予防接種は簡単

No significant difference was seen between the doses of vaccine delivered by the health care workers and the volunteers who self-administered the patches, showing that participants were able to correctly self-administer the patch. After vaccination, imaging of the used patches found that the microneedles had dissolved in the skin, suggesting that the used patches could be safely discarded as non-sharps waste. The vaccines remained potent in the patches without refrigeration for at least one year.

医療従事者によるパッチ接種も、ボランティアによる自己パッチ接種も、摂取されたワクチンの用量に、大した違いが見られなかったことが、参加者達が、正確に、そのパッチを自分で接種できることを示しています。予防接種後、使用済みパッチの画像化が、極微針が、皮膚内で溶解されたことを示し、その使用済パッチが、非鋭廃棄物として安全に処分できることを示唆しています。冷蔵保存すること無く、少なくとも1年間、パッチワクチンは有効です。

多目的マイクロニードルパッチ

The researchers also are working to develop microneedle patches for use with other vaccines, including measles, rubella and polio.

研究者達は、麻疹、風疹、ポリオ(小児麻痺)を含む、他のワクチンに対しても使えるマイクロニードルパッチを開発するための研究にも取り組んでいます。

こういった痛くない、わざわざ病院に行くこともない、安価で安全な、自分でも簡単に行える予防接種なら、恐らく、爆発的なブームになるのではないでしょうか。現在の世界的な一大健康ブームに乗れば、かなりインパクトが強い商品になる可能性を秘めています。

スポンサーリンク

フォローする