あの超美味の紫芋が大腸癌の治療や予防に有効(少なくとも豚には)

色とりどりの野菜やフルーツを大量に含む食事が、豚の大腸癌や炎症性大腸炎を抑制できる物質を含んでいる可能性があることを、国際研究者チームが明らかにしています。この種の物質が、分子レベルで作用する仕組みを理解することが、ガン患者に対する治療を見つけ出すための最初の第一歩になるかもしれないと、研究者達は付け加えています。

スポンサーリンク

インターロイキン-6

Whole food diet may help prevent colon cancer, other chronic conditions

In the study, pigs that were served a high calorie diet supplemented with purple-fleshed potatoes had less colonic mucosal interleukin-6 — IL-6 — compared to a control group. IL-6 is a protein that is important in inflammation, and elevated IL-6 levels are correlated with proteins, such as Ki-67, that are linked to the spread and growth of cancer cells, said Vanamala, who also is a faculty member at the Penn State Hershey Cancer Institute.

本研究において、果肉が紫色をした芋を加えた高カロリー食を給餌された豚は、結腸粘膜のインターロイキン-6(IL-6)が、対照群と比べて少な目でした。IL-6は、炎症に重要なタンパク質で、IL-6値の上昇は、がん細胞の拡散や増殖に関係があるKi-67等のタンパク質と関連していると、ペンシルベニア州立大学ハーシーがん研究所の教職員でもあるバナマラ氏は言いました。

According to the researchers, who reported their findings in a recent issue of the Journal of Nutritional Biochemistry, eating whole foods that contain macronutrients — substances that humans need in large amounts, such as proteins — as well as micro- and phytonutrients, such as vitamins, carotenoids and flavonoids, may be effective in altering the IL-6 pathway.

今回の研究結果をJournal of Nutritional Biochemistry最新号で発表した研究者達によると、タンパク質などの人が大量に必要とする物質の主要栄養素や、ビタミン、カロテノイド、フラボノイド等の微量栄養素や植物性栄養素を含む自然食品を食すことが、IL-6経路を変える効果があるかもしれないとのことです。

紫芋の持つ抗癌作用

While the researchers used purple potatoes in this study, Vanamala said other colorful fruits and vegetables could prompt similar effects. Colorful plants, including the purple potato, contain bioactive compounds, such as anthocyanins and phenolic acids, that have been linked to cancer prevention.

研究者達は、今回の研究で紫いもを使ってはいるのですが、バナマラ氏は、他のカラフルなフルーツや野菜が、同じような効果を促す可能性があると言っています。紫芋を含むカラフル植物が、がん予防に関連性がある、アントシアニンやフェノール酸などの生物活性化合物を含んでいます。

“For example, white potatoes may have helpful compounds, but the purple potatoes have much greater concentrations of these anti-inflammatory, anti-oxidant compounds,” said Vanamala. “We use the purple potato as a model and hope to investigate how other plants can be used in the future.”

”例えば、ジャガイモは、有益な物質を含んでいますが、紫芋は、こういった抗炎症・抗酸化物質をはるかに高い濃度含んでいます。我々は、紫芋を1つのモデルとして使用し、他の植物が、将来どのようにして利用できるかを調べたいと思っています。”

薬物療法よりも食事療法

Currently, anti-IL-6 drugs are used against certain type of rheumatoid arthritis? and are being considered to treat? other? ?inflammation-promoted chronic diseases like colon cancer. However, these drugs are expensive and can cause side-effects, including drug tolerance.

現在、抗IL-6剤が、ある種の関節リウマチに対して使われており、大腸癌のような、他の炎症促進慢性疾患の治療にも使えると見られています。しかしながら、この種の薬剤は、高価な上に、薬物耐性を含む副作用を引き起こす可能性があります。

Vanamala said that the pig model was used because the digestive system is very similar to the human digestive system, more so than in mice. The diet approach to cancer treatment has also shown similar promise in mice, however, he added.

バナマラ氏は、豚モデルは、消化器系が、マウスよりもずっと人間の消化器系に似ているので、今回の研究で使われたと言っています。しかし、癌治療のための食事療法が、ネズミにおいても似たような見込みを示していると付け加えています。

紫色や黒色をした野菜や果物が身体に良いみたいです。紫玉ねぎ、紫キャベツ、黒オリーブ、紫ニンジン、黒豆、ナス、ブルーベリー、ブラックベリー、ぶどう、プルーン、アボカド、黒米などの食品を摂取するのが、大腸癌予防や、他の炎症性慢性疾患を予防して健康維持に役立つようです。

スポンサーリンク

フォローする