cranberry (クランベリー) コケモモは女性の健康維持に必須!

女性の60%が発症すると言われている尿路感染症(膀胱炎)に対し、クランベリーが強力な予防効果を有しています。クランベリーはツツジ科のツルコケモモのことらしいのですが、個人的にはクランベリー = コケモモと脳内変換しています。コケモモは野生種クランベリーだと思っています。あくまでも個人的意見です。一般的には、クランベリーはツルコケモモの事らしいです。クランベリーは健康に相当良いらしいです。以前から殺菌作用が強いことは知っていましたが、悲しいことに、異常な金融緩和による超円安・超物価高のせいで、すっかり手が届かなくなってしまいました。コストコでクランベリージュースを買えばいいんでしょうけど、行く気になる距離にコストコがないのでどうにもなりません。クランベリーはかなり酸っぱいので、ビタミンCが豊富なのは分かります。さらにその赤い色からポリフェノールが豊富そうなのも分かります。見て食しただけで健康に良いことが分かる、そんなクランベリーに関するニュース記事がありました。

スポンサーリンク

cranberry コケモモ

クランベリーが膀胱炎や尿路感染症に有効なことはかなり以前から知られていました、今回の大規模研究でその事が完全に証明されたようです。

Landmark study suggests cranberries can decrease use of antibiotics

“Currently the primary approach to reducing symptomatic events of UTI is the use of chronic antibiotics for suppression, an approach associated with side effects and development of antibiotic resistance. This study shows that consuming one 8-ounce (240 ml) glass of cranberry juice a day reduces the number of times women suffer from repeat episodes of symptomatic UTI and avoids chronic suppressive antibiotics,”

「現在尿路感染症の発症を減らす主要なアプローチは、副作用と抗生物質耐性の進展の問題があるアプローチでもある、症状鎮静のための長期にわたる抗生物質の投与です。今回の研究は、1日240mlのクランベリージュースを飲むことで、女性達を苦しめる度重なる尿路感染症再発の回数を減らし、症状緩和のための長期にわたる抗生物質の使用を回避することができます。」

クランベリーは女性には必須アイテムと言えます。ドライクランベリー、クランベリージュース、冷凍クランベリー、クランベリーサプリ、クランベリーが含まれていれば何でもいいみたいな感じなので、経済的に持続可能な方法で、毎日クランベリーを摂取し続けることが重要みたいです。発症する前から予防としてクランベリーを摂取し続ける事が大切なようです。発症してからクランベリーを摂取しても時既に遅しで、その時は病院へ行って抗生物質治療が必要みたいです。抗生物質で症状が改善された後は、クランベリーを毎日摂取して、再発を抑える努力が必要になります。そうすることで、再発 → 抗生物質投与の回数を減らすことが出来るようになるという事です。抗生物質は副作用と抗生物質耐性の問題があるので、クランベリーで少しでも抗生物質使用を回避しましょう。

クランベリーの抗菌メカニズム

Luckily, cranberries contain a unique combination of compounds including Type-A PACs (or proanthocyanidins) that prevent bacteria from sticking and causing infection. In addition to PACs, new studies have revealed a new class of compounds, xyloglucan oligosaccharides, which have similar anti-bacterial properties against E. coli as PACs.(5) This means there are multiple, unique elements within cranberries working hard for your health.

「幸運な事に、クランベリーは、細菌付着と感染を防ぐタイプA PACs (プロアントシアニジン)を含む極めてまれな連結化合物を含有しています。PACsに加えて、新しい研究は、PACsのように大腸菌に対する同様な抗菌作用を持った、キシログルカンオリゴ糖という新しいクラスの化合物を発見しました。この事は、クランベリーにはあなたの健康のために重要な働きをする複数の極めて稀な成分が含まれているという事を意味しています。」

クランベリーには私達の健康に非常に有効な極めてまれな成分が複数含まれているみたいです。クランベリーを毎日摂取して健康を維持することは、女性にとっては欠かせない生活習慣の一部となる必要があります。

クランベリーの効能

去年の11月10日のニュース記事

クランベリーが抗生物質の使用を減らす上で有効なアプローチであることが研究で示される

ランベリーが健康に寄与する特性は数多くありますが、心血管および認知機能の健康をサポートする能力もその1つです。オーストラリアのニューカッスル大学のPeter Howe教授(博士)は、ポリフェノール、例えばクランベリーに含まれ、細菌の細胞付着を防ぐのに役立つポリフェノールが、血流の改善に関係し、それが全体的な心血管の健康と認知機能の向上に役立つことを説明する研究の結果を発表しました。

クランベリージュース・カクテルの飲用で心疾患、糖尿病、脳卒中に対しても何らかの効果が期待できるようです。クランベリーは尿路感染症だけではなく、成人病予防の効果もあるみたいなので、これはやはりクランベリーを毎日摂取し続けることが、健康維持には欠かせないと言うしかありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする