Gravitational waves confirmed! 重力波の存在が実証される!

重力波の存在が証明されたみたいです。アインシュタインが正しかったことがまた証明されてしまったようです。ブラックホールの存在に懐疑的だった人達もこれでいなくなるのではないでしょうか。門外漢の私には全くちんぷんかんぷんの話なのですが、凄い発見らしいので頑張って調べてみようと思います。

LIGO confirms RIT’s breakthrough prediction of gravitational waves

RIT’s 2005 landmark research matches the actual waveform signals
Rochester Institute of Technology

Research conducted by Rochester Institute of Technology scientists was integral to the breakthrough detection of gravitational waves from binary black holes that was announced today by the Laser Interferometer Gravitational-wave Observatory (LIGO) Scientific Collaboration.

###

The collaboration’s findings confirm the existence of gravitational waves predicted by Albert Einstein’s 1915 general theory of relativity and introduce a revolutionary new way of understanding the universe through gravitational wave astronomy.

###

RIT scientists used the moving puncture approach to make the first calculations of gravitational radiation from merging black holes with arbitrary masses and spins, and the discovery of large gravitational-radiation recoils from spinning supermassive black-hole mergers. The method also made possible their study of spin dynamics effects, such as spin-flips, precession and hang-up orbits, and extreme mass-ratio binaries.

「ロチェスター工科大学(ニューヨーク州)の科学者達による研究は、レーザー干渉計重力波天文台(LIGO)とのコラボにより本日(昨日)発表されたバイナリーブラックホールから放たれた重力波の史上初観測という快挙には不可欠なものだった。共同研究チームの発見は、1915年に発表されたアインシュタインの一般相対性理論の中で予測されていた重力波の存在を証明すると共に、重力波天文学を通して、宇宙の謎を紐解く革新的な道を切り開いたと言っても過言ではないだろう。RITの科学者達は、任意の質量と回転速度を持つ2つのブラックホール合体時の重力波放射の初計算のために、ムービング・パンクチュア・アプローチという手法と、回転する超巨大ブラックホール合体から大量の重力波が反跳するという発見を用いた。彼等の計算方法は、スピンフリップ、歳差(みそすり)運動、ハングアップ・オービット、極端な連星質量比などのスピンダイナミクス効果の研究にも応用されいる。」

スポンサーリンク

アインシュタインはやはり正しかった

Einstein was correct (Again): Gravitational waves observed.

It took nearly 1.5 billion years to arrive. It was here for less than two hundred milliseconds. And its presence moved a pair of 2.5-mile vacuum tubes a distance of 1/400th the diameter of a proton. Yet despite its incredibly short stay and the microscopic movement, it is enough for scientists to claim one of the most significant discoveries in the world of physics this century. – http://www.news.gatech.edu/

「重力波が地球に到達するまで15億年の月日を費やした。たった200ミリ秒以下という短い滞在だった。そして、長さ2.5マイルに及ぶ2つの真空管を、陽子の直径の400分の1という距離だけ動かした。それでも、有り得ないくらいにショートステイで極微小な動きにもかかわらず、科学者達が今世紀世界最大級の物理的発見であると主張するには十分なのです。」

何だか良く分かりませんが、ノーベル賞級のとにかく凄い発見だそうです。つい最近ブラックホールは存在しないというニュースを見た後だけに、どっちやねん!と言いたくなります。あっても無くても、我々の生活には何の影響も無いことだけは確かです。私達が生きている間に、地球がブラックホールに吸い込まれることが無い限りは。