あの目に超良いルテインには認知症予防(ボケ防止)効果もある

身体的健康に気を遣う人達のお気に入りのほうれん草とケールが、認知機能維持にも効果的かもしれないことが、イリノイ大学の研究者達による新しい研究が示唆しています。25歳~45歳の成人60人を含む今回の研究が、ほうれん草やケールなどの緑葉野菜、アボカドや卵等に含まれる栄養素である、ルテインの濃度がより高い中高年参加者たちが、彼等の同年代の人々と比較した場合、神経反応がもっと若い人達と同等であることを見い出しています。今回の研究結果は、Frontiers in Aging Neuroscience誌に掲載されています。

スポンサーリンク

緑葉野菜と認知機能

Lutein may counter cognitive aging, study finds

“Now there’s an additional reason to eat nutrient-rich foods such as green leafy vegetables, eggs and avocados,” said Naiman Khan, a professor of kinesiology and community health at Illinois. “We know these foods are related to other health benefits, but these data indicate that there may be cognitive benefits as well.”

”現在、緑葉野菜、玉子、アボカドのような栄養満点食品を食べた方が良い、もう一つの理由が存在します。”と、イリノイ大学の運動生理学・地域保健学教授、ネイマン・カーン氏は言いました。”我々は、こういった食品が、他の健康効果に関係している事を知っていますが、これらのデータが、同様に、認知的にも有益である可能性がある事を示唆しています。”

“As people get older, they experience typical decline. However, research has shown that this process can start earlier than expected. You can even start to see some differences in the 30s,” said Anne Walk, a postdoctoral scholar and first author of the paper. “We want to understand how diet impacts cognition throughout the lifespan. If lutein can protect against decline, we should encourage people to consume lutein-rich foods at a point in their lives when it has maximum benefit.”

”人は年を重ねるに連れ、老化に特有の衰えを経験します。しかし、この老化過程が、予想よりも早く始める可能性がある事を、研究が明らかにしています。30代でさえも、いくつかの年令による衰えを、人は見始めることがあります。”と、ポスドク研究者で、本論文の第一著者であるアン・ウォーク氏は言いました。”我々は、食事が、生涯を通じて、認知力に影響を与える仕組みの理解が必要であると考えていて、もし、ルテインが、認知力低下に歯止めを掛けられるとしたら、私たちは、人々に対し、効果が最も期待できる彼等の人生のある時期に、ルテインを豊富に含む食品を摂取することを推奨するべきなのです。”

ルテインは脳と眼に良い

Lutein is a nutrient that the body can’t make on its own, so it must be acquired through diet. Lutein accumulates in brain tissues, but also accumulates in the eye, which allows researchers to measure levels without relying on invasive techniques.

ルテインは、身体が作り出せない栄養素なので、食事を通して獲得する必要があります。ルテインは、脳だけではなく眼にも蓄積し、その事が、研究者達が、侵襲的なテクニックを使うことなしで、ルテイン濃度を測定することを可能にしています。

“The neuro-electrical signature of older participants with higher levels of lutein looked much more like their younger counterparts than their peers with less lutein,” Walk said. “Lutein appears to have some protective role, since the data suggest that those with more lutein were able to engage more cognitive resources to complete the task.”

”高濃度のルテインを持った、より高い年齢の参加者達の神経電気シグネチャーは、ルテイン濃度が低い同年代の参加者達よりも、より若い年齢の参加者達のに似ていました。”と、ウォーク教授は言いました。”ルテインは、データが、ルテイン濃度が高い人々が、タスクを完遂するために、より多くの認知資源を使えることを示唆しているので、何らかの保護的な役割を持っているように思えます。”

ルテインが、学習や記憶にも影響を与えることができるのかどうか研究中で、ルテインが目に良いだけではなく、認知症予防以外にも、学習効果を高めてくれる可能性があるみたいな感じなので、もっと積極的に、緑葉野菜やタマゴ、アボカドを食べた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする