アーモンドが善玉コレステロールを増やして心臓病リスクを低減

研究者達は、アーモンドを規則的に食べることが、血中HDLコレステロール値を増加することに役立つ可能性があるだけではなく、同時に、体内からコレストロールを取り除くやり方も改善させると言っています。今回の研究の中で、研究者達は、アーモンドを日常的に食べている人達のhigh-density lipoprotein(HDL cholesterol)高比重リポタンパク質(コレステロール)の濃度と機能を、同集団の人々が、アーモンドの代わりにマフィンを食べた時の、HDL値と機能を比較しています。研究者達は、参加者達が、アーモンドを食べていた間、HDL値と機能が改善していたことを見い出しました。

スポンサーリンク

アーモンドとコレステロールの関係

Almonds may help boost cholesterol clean-up crew

Penny Kris-Etherton, distinguished professor of nutrition at Penn State, said the study, published in the Journal of Nutrition, builds on previous research on the effects of almonds on cholesterol-lowering diets.

ペンシルバニア州立大学の著名な栄養学教授ペニー・クリス=エサートン博士は、Journal of Nutrition誌に掲載された研究が、アーモンドがコレステロールを低下させる食事に与える影響に関する過去の研究を足場にしていると言いました。

“There’s a lot of research out there that shows a diet that includes almonds lowers low-density lipoprotein, or LDL cholesterol, which is a major risk factor for heart disease,” Kris-Etherton said. “But not as much was known about how almonds affect HDL cholesterol, which is considered good cholesterol and helps lower your risk of heart disease.”

”アーモンドを含む食事が、心臓病の主要危険因子である、低比重リポタンパク質(LDLコレステロール)を低下させることを示す研究は、世界中に五万とありますが、アーモンドが、善玉コレステロールと考えられていて、心臓病リスクを低下させる働きがあるHDLコレステロールに影響を与える仕組みについては、それほど知られてはいませんでした。”

The researchers wanted to see if almonds could not just increase the levels but also improve the function of HDL cholesterol, which works by gathering cholesterol from tissues, like the arteries, and helping to transport it out of the body.

研究者達は、アーモンドが、HDLコレステロールの濃度を増加させるだけではなく、動脈のような組織からコレステロールを集め、体外への排出を促進する機能も向上させることができるのかどうかを確かめたいと思っていました。

“HDL is very small when it gets released into circulation,” Kris-Etherton said. “It’s like a garbage bag that slowly gets bigger and more spherical as it gathers cholesterol from cells and tissues before depositing them in the liver to be broken down.”

”血中に放出されるHDLは非常に小さく、細胞や組織からコレステロールを、それらが分解される肝臓に蓄積する前に集める間、徐々に大きな球形になっていくゴミ袋のようです。”

Depending on how much cholesterol it has collected, HDL cholesterol is categorized into five “subpopulations,” which range from the very small preβ-1 to the larger, more mature α-1. The researchers hoped that eating almonds would result in more α-1 particles, which would signal improved HDL function.

それがどのくらいの量のコレステロールを集めたかによって、HDLコレステロールは、非常に小さいpreβ-1からより成熟したα-1までの5つの亜分画に分類されます。研究者達は、アーモンドを食べることが、HDL機能向上を示す、α-1粒子が増すことを期待していました。

今回の研究で、アーモンドが、善玉コレステロールα-1 HDLを増やすことで、HDL機能も向上させることが分かったみたいです。これによって、心臓病の予防になることが、はっきりと確定されたみたいな感じで、さらに、アーモンドには、ビタミンE、食物繊維、健康に良い脂質であるオレイン酸・リノール酸等の不飽和脂肪酸を割りと多く含んでいるので、食べることに越したことはないようです。アーモンド、クルミ、カシューナッツの3種ミックスナッツを食べることが、より理想的であるとも言われていますが、素焼き無添加がさらにいいみたいです。

スポンサーリンク

フォローする