寝不足はダイエットの大敵!睡眠不足は肥満や糖尿病の危険因子

新しい研究が、睡眠不足の英国人成人が、体重超過、肥満、さらに、より劣悪な代謝健康状態に陥りやすいことを示しています。本発見は、1日平均6時間睡眠の人々が、1日9時間の睡眠を取っている人達より胴回りが3cm太く、睡眠が短いほどデブる事を見い出しています。今回の研究成果は、不十分な睡眠が、国民保険サービスが直面している、大きな健康問題である糖尿病などの、代謝性疾患の発症に寄与している可能性を示す証拠を付け加えています。

睡眠時間と代謝性疾患

Could insufficient sleep be adding centimeters to your waistline?

The study – led by Dr Laura Hardie, Reader in Molecular Epidemiology at the University of Leeds – not only looked at the links between sleep duration, diet and weight, but also other indicators of overall metabolic health such as blood pressure, blood cholesterol, blood sugar, and thyroid function.

リーズ大学分子疫学准教授、ローラ・ハーディ博士主導の今回の研究は、睡眠時間・食事・体重間の因果関係だけではなく、血圧、血中コレステロール値、血糖値、甲状腺機能等、他の総合的な代謝健康に関する指標にも注目しています。

睡眠不足は心臓病の原因

Shorter sleep was also linked to reduced levels of HDL cholesterol in the participants’ blood-another factor that can cause health problems. HDL cholesterol is ‘good’ cholesterol that helps remove ‘bad’ fat from the circulation. In doing so, high HDL cholesterol levels protect against conditions such as heart disease.

より短い睡眠は、健康問題を引き起こすもう1つの要因である、本研究参加者達の血中HDLコレステロール値減少にも関わっていました。HDLコレステロールは、悪い脂肪を、血流から除去する役割を果たしている、良いコレステロールです。そうすることで、高いHDLコレステロール値は、心臓病等のコンディションから、人体を保護してくれます。

睡眠不足と食事選択に関連性なし

Interestingly, the study did not find any relationship between shortened sleep and a less healthy diet – a fact that surprised the researchers. Other studies have suggested that shortened sleep can lead to poor dietary choices.

興味深い事に、本研究は、短い睡眠と不健康な食事の関係を何一つ見い出さず、研究者達を驚かせました。他の幾つかの研究が、短い睡眠が、酷い食事の原因であると示唆しています。

睡眠は1日7時間以上必要

Dr Laura Hardie, the study’s senior investigator, added “Because we found that adults who reported sleeping less than their peers were more likely to be overweight or obese, our findings highlight the importance of getting enough sleep. How much sleep we need differs between people, but the current consensus is that seven to nine hours is best for most adults.”

本研究の主任研究員である、ローラ・ハーディ博士は、”私たちが、他の研究参加者達よりも睡眠時間が短いと申告している大人達が、太り過ぎもしくは肥満である傾向が強いことを示していることから、私達の発見は、十分な睡眠を取る事の重要性を明確にしています。どのくらいの睡眠が必要なのかは、個人差があるのですが、現在のコンセンサスは、1日7時間~9時間の睡眠が、大部分の成人にとってはベストであるとなっています。”

1日9時間はないとしか言えませんが、成人男性なら6~7時間、成人女性なら7時間半がベストな睡眠時間であるとも言われているので、男でも7時間は必要かもしれません。23時~6時がベストな選択らしいですが、何かと忙しい現代人は、1日6時間の睡眠時間を確保することも難しいと指摘されています。太く短く生きるか、細く長く生きるか(惰眠を貪る)、人生は若いうちに思いっきり楽しんで、老化で顔と体が醜悪になる前に、さっさと逝くのが良いと言っている人達もいますが、そういう人のほとんどが、晩年になって、思いっきり、あれはただの若気の至りだったと後悔しているので、若いうちから晩年に備えることが重要です。