Why Japs Are Employed At Varsity(何でジャップが大学で働いてんの?)

白人様を差し置いて、ジャップみたいな野蛮な劣等民族を大学で働かすな!という批判に対し、大学側が、ジャップを大学で雇用している理由を説明しているニュース記事(Why Japs Are Employed At Varsity)があった。オレゴン州の州都のEugene(ユージーン)にある州立大学で、白人老夫婦を解雇して低賃金でジャップを2人雇ったといういわれのない糾弾に対して、大学側は白人カップルは仕事(トイレ掃除と男子寮の管理人)がきつくて辞めただけで、その後も白人を雇ったが仕事に来ず、仕方ないので臨時でジャップを雇っただけと主張し、年初に白人二人が働く予定であると締めくくっている。記事の中で、トイレ掃除は白人が忌避するようなことが書いてあり、当時は、そのような劣悪な仕事は白人様はやりたがらなかったようだ。

この記事は1909年の記事だが、今、こんな記事を書いたら、人種差別だと大騒ぎになるだろう。この記事のCorvallis(コーバリス)は、オレゴン州の地名で、ここにも州立大学が存在する。open shopは、非労働組合員も雇用する会社という意味で、closed shopは、労働組合員であることを雇用の条件とする職場という意味になる。Jap open-shop fever(ジャップ・オープンショップ・フィーバー)は、非労働組合員のジャップを雇用する会社が激増みたいな感じだろう。

この頃の日本人(アジア人)への風当たりは相当冷たかったようだ。1913年には、California Alien Land Law of 1913、1924年には、federal Immigration Act of 1924(Johnson–Reed Act)が発効して、アジアからの移民を全面的に禁止している。トランプ氏が一時提唱していたイスラム圏からの移民の全面禁止のようなものだろう。もちろん、このような人種差別的色彩が濃い法案が、現在のリベラルが主流であるアメリカで通るわけがないのだが。

このニュース記事は、労働組合の観点から語られていて、非労働組合員である有色人種の雇用は、白人労働組合に害を与えると訴えていて、それに対し、雇用主である州立大学側が、白人を優先的に雇用していると反論している。ただ、トイレ掃除のような劣悪な仕事は、そもそも白人がやりたがらないと言っていて、そこんところは今も変わっていないようだ。白人のやりたがらない仕事を不法移民がやってくれていると、リベラル達は声高に叫んでいる。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク