学生ローン地獄とは無縁の高卒ミレニアル世代の悲哀

日本のミレニアル世代も悲惨だが、それ以上にアメリカのミレニアル世代が悲惨な状況にあるらしい。ミレニアル世代とは、X世代とZ世代の間と定義されているので、2019年に25歳〜38歳になる世代のことを指す。少子・高齢化は、先進国・新興国が抱える共通の問題となっているが、その最たる原因は、このミレニアル世代の貧困化に集約されている。

スポンサーリンク

米ミレニアル世代の悲哀

この記事”Millennials are ‘canaries in the coalmine’ for toxic economic trends“に以下のような一節が掲載されている。

Millennials – young adults in their 20s and 30s – earn less money without a college degree and are more likely to die prematurely from suicide or drug overdose than previous generations, according to a new report from the Stanford Center on Poverty and Inequality.

新世紀世代である20代・30代の若年成人層は、大学の学位が無いと前の世代に比べ稼ぎが少なく、自殺や薬物中毒によって早死する可能性が高いことを、スタンフォード大学貧困・不平等センターが新たに報告している。

高卒・中卒は、大卒に比べると早世しやすいらしいが、大卒は大卒で学生ローン苦に苛まれている。1人平均3万ドルの学生ローンを抱え込んでいるという報告があったが、330万円の借金くらい屁でもないだろと言いたくなる人も多いはずである。この記事によると、大卒25歳の年収の中央値が5万ドル = 550万円らしいので、330万円の借金くらい簡単に返せるはずである。しかしながら実態は、Fラン役立たず学部を卒業した大卒者は就職すらできないという自業自得のジレンマに陥っている。大卒白人のプライドで低収入の職には就きたくないというのがあるらしく、低収入の職に就くくらいなら、実家暮らしでニートでもやっていた方がプライドを維持できるようである。プライドで飯は食えないとはよく言われる陳腐なフレーズだが、この場合は、プライドが邪魔して働けないから飯が食えないと言った方が分かりやすいだろう。

ミレニアル世代は日米ともに貧乏がデフォ

この記事”Average millennials’ net worth is $8,000, study finds“によると、18歳〜35歳のミレニアル世代の平均純資産が8000ドルと言っているが、それだけあれば十分やろと言いたくなるが、アメリカのミレニアル世代も日本のミレニアル世代のように、若者の〜離れのような現象が起きているようである。日米の若者共にただ単に金が無いのが〜離れの原因のようである。アメリカは、ここ20年のインフレが酷いのと、医療保険等の社会的コストが増大している。日本は日本で、公務員天国を維持するための重税が経済の足枷になっているし、アベノミクスの円安・増税政策により、食品・生活必需品価格が2012年と比べ1.5倍〜3倍に暴騰している。さらに、光熱費と水道料金も猛烈な勢いで上昇している。アメリカよりも日本の方がより深刻な状況にあると言えるが、アメリカのミレニアル世代が、より良い社会作りのために政治活動を活発化させている一方で、日本のミレニアル世代は、政治とは無縁の世界の住人と化している。ミレニアル世代の星で社会主義革命を標榜するアレクサンドリア・オカジオ・コルテス下院議員は、バーニー・サンダース上院議員の正統な後継者として、2024年の大統領選に出馬し当選することが予想されている。

捕捉:ミレニアル世代の定義

米国では、日本でいうところの団塊世代(1947年〜1949年)がベビーブーマ世代に当たり、日本とは違い、1946年〜1964年生まれと定義されている。その次の世代のGeneration X (X世代)が1965年〜1980年生まれとなっている。なので、ミレニアル世代は、1981年以降に産まれた世代となり、最高齢が38歳ということになる。その後のGeneration Z (Z世代)の定義が曖昧で、1990年代の中頃〜2000年代中頃(14歳〜24歳)となっている。つまり、ミレニアル世代は、25歳〜38歳ということになるが、X世代を1965年〜1979年生まれと区切る専門家も多いので、1980年〜1994年とした場合は、今年25歳〜39歳になる世代ということになる。ミレニアル世代は、X世代とZ世代の間に位置するので、Generation Y (Y世代)とも呼ばれていることは言うまでもあるまい。