【悲報】paleo diet (パレオダイエット)は心臓に悪かった

paleo diet (パレオダイエット)というダイエットがあるらしい。パレオダイエットは旧石器時代の食事という意味で、定義はこの記事”Heart disease biomarker linked to paleo diet“の以下の一節に書かれている。

スポンサーリンク

パレオダイエットの定義

The controversial Paleo (or ‘caveman’) diet advocates eating meat, vegetables, nuts and limited fruit, and excludes grains, legumes, dairy, salt, refined sugar and processed oils.

賛否両論のパレオ(または、石器人)ダイエットは、肉、野菜、ナッツ、少量の果物を食し、穀物、豆、乳製品、塩、精糖、精製油を食べないことを推奨している。

肉を食べられるのでvegan職ではないようだ。原始人が食べていた物を食べることがパレオダイエットの基本らしい。ジビエとか木の実とか野に自生している野菜とか森に自生している果物等を食せばいいっぽい。この食事が何故心臓に悪いのか以下のように記されている。

パレオ食は何故心臓に悪いのか?

“Many Paleo diet proponents claim the diet is beneficial to gut health, but this research suggests that when it comes to the production of TMAO in the gut, the Paleo diet could be having an adverse impact in terms of heart health,”

多くの原始人ダイエット擁護社は、この食事が、腸の健康に良いと主張しているが、今回の研究が、腸内におけるトリメチルアミン-N-オキシドの産生に対し、パレオダイエットが心臓の健康に関して悪影響を与える可能性があることを示唆している。

TMAO (trimethylamine N-oxide:トリメチルアミン-N-オキシド)

パレオダイエットは、心臓の健康に悪影響を与えるTMAOを高めるようである。その理由は以下のように書かれてる。

“We found the lack of whole grains were associated with TMAO levels, which may provide a link between the reduced risks of cardiovascular disease we see in populations with high intakes of whole grains,”

全粒粉不足がTMAO値と関係していて、そのことが、全粒粉を高摂取している人々に心臓病リスクが低いこととの関連性を提供するかもしれないことを我々は発見した。

パレオダイエットは全粒粉を一切摂取しないことで心臓病リスクを上昇させてしまうようである。さらに、記事に以下のように書いてある。

パレオ食の他の問題点

“Additionally, the Paleo diet includes greater servings per day of red meat, which provides the precursor compounds to produce TMAO, and Paleo followers consumed twice the recommended level of saturated fats, which is cause for concern.

さらに、パレオダイエットは、TMAOを産生するための前駆体化合物を提供する赤肉の1日当りの摂取量が多く、パレオダイエット実践者が推奨レベルの倍の飽和脂肪を摂取していることも懸念の種である。

石器時代食、もしくは原始食は、色々やばいようである。やはり、地中海ダイエットを実践するのがベストなのではないだろうか。

スポンサーリンク

フォローする