不幸な人間は他人の幸せな姿に接し続けると鬱症状を発症するらしい

この記事”Depressed by Facebook and the like“を読むと、人間とは本当に下らない生き物だということを痛感させられる。この記事の要旨は以下の一節に集約されている。

Great holiday, fantastic party, adorable children, incredible food: everyone shows their life in the best light on social networks. Those who take a look around on such sites can find that their self-esteem takes a hit as it seems as though everyone is better than them. Users who use social networks passively, i.e. do not post themselves, and tend to compare themselves with others are in danger of developing depressive symptoms.

夢のような休日、超派手なパーティー、可愛らしい子供達、信じられないくらい美味そうな食い物など、誰もが自分達の最も良い側面をSNSで見せびらかしている。そういったサイトを見回している人達は、誰もが自分達よりも恵まれた生活をしているかのように見えることで、自分達の自尊心を痛めていることに気付かされる。SNSを受け身で使う、すなわち、ROM専かつ他にと自分を比べる傾向が強いユーザー達は、鬱症状を発症する危険性がある。

SNSに自分のことを書かないというのは、書くに値するイベントが何もないということで、サイトに載せる写真がないので、書きたくても何も書けない不幸な状態であることを暗示している。可愛い子供もいなければ、恋人さえもいない、海外でバカンスをエンジョイするとか、超高級レストランでグルメに舌づつみを打つといった贅沢をできない人間は、そういったリア充達の人生の充実っぷりに絶望感を抱く傾向があるようである。そういう寂しい人間達の多くは、匿名掲示板等で、妄想・願望を書き込むことで自尊心を維持したりしていると言われており、そういった匿名サイトに書かれるリア充アピのほぼ100%が虚言と言われている。つまり、匿名サイトでプライベートを語る奴等は、社会のど低辺の負け組であるということである。まぁ、確かに、リア充が匿名掲示板でプライベートを語る必要など微塵もないわけで、SNSで写真付きでリア充っぷりをこれでもかという程自慢するか、もしくは、友達同士で盛り上がっていればいい。そういうことが出来ない寂しい人間達が、匿名サイトで惨めな現状に対してガス抜きをしていると、多くの専門家たちに指摘されている。

結論としては、幸せ自慢のSNSには近付かないことが一番で、自分は自分他人は他人と割り切って生きていくしかない。分相応な生活に満足できるようになれば、他人を気にすることもなくなるし、人生、上を見ても下を見てもきりがないことに気付かされる。人間一人一人が、人生の主役が自分であるということを自覚できるようになれば、他人を羨んで欝になるようなことはなくなるはずである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク