ブルーベリーを食べると頭が良くなる(特に高齢者の認知力を高める)

ブルーベリーが目に良いことは有名だが、この記事”Diets rich in blueberries yield diverse benefits“によると、他にも色々と効能があるようだ。

スポンサーリンク

ブルーベリーには抗炎症作用がある

“Studies have documented that this fruit ranks highest in antioxidant activity compared to many other popular fruits. Moreover, other mechanisms for the health benefits of blueberries, such as their anti-inflammatory properties, have been identified.”

いくつかの研究が、ブルーベリーが他の多くの人気の果物と比べ、最も抗酸化活性が高いことを立証している。さらに、抗炎症特性のようなブルーベリーの健康効果に対する他のメカニズムが同定されている。

ブルーベリーは目に良いだけではないらしく、数々の健康上の効能が存在するっぽい。まさにスーパーフードと言えるだろう。

ブルーベリーは血管健康に良い

One of the studies found that consuming 200 grams of blueberries (about one cup) daily can improve blood vessel function and decrease systolic blood pressure. As the cause, the authors cited anthocyanins, which are phytochemicals that give blueberries their dark color.

研究の1つが、毎日200グラム(約1カップ)のブルーベリーを摂取することで、血管機能を向上させて収縮期血圧を低下させることができる。その理由として、著者等は、ブルーベリーにその暗色を与えている植物性化学物質であるアントシアニンを引き合いに出している。

ブルーベリーを食べると心血管病の予防にもなるようだ。ただ、毎日これだけのブルーベリーを食べるとなると経済的に大変だ。日本の一般的な世帯である夫婦・子供二人の4人世帯の場合、1日800gのブルーベリーが必要で、これは価格にすると約2000円で月6万円、庶民には無理な額である。ブルーベリーサプリに頼るしかなさそうである。

ブルーベリーは認知機能を向上させる

Other studies document the cognitive benefits of eating blueberries. One tied the fruit’s high polyphenol count to improved performance on memory tests by a group of older adults. Likewise, another journal article provides a review of several clinical studies focusing on benefits of blueberry supplementation — with a focus on specific memory effects in children as well as older adults with mild cognitive impairment.

他のいくつかの研究が、ブルーベリー摂取の認知機能に対する効果を立証している。1つの研究が、ブルーベリーの高ポリフェノール含有量と高齢者集団による記憶テスト成績向上とを結びつけている。同様に、別の学術論文は、子供と軽度認知障害を患った高齢者における特定の記憶効果に重点を置いている、ブルーベリーサプリの効果に焦点を絞ったいくつかの臨床研究のレビューを提供している。

ブルーベリーは記憶を良くする効果もあるようである。特に、認知障害の初期症状を呈する高齢者にも効果があることは大きいように思える。ブルーベリー摂取は認知症症予防にもなるようなので、認知機能を維持した高齢者はこのスーパーフードをどんどん食べた方がいいだろう。

スポンサーリンク

フォローする