ビタミンB群が統合失調症の症状を大幅に緩和させる!

世界中の研究のレビューが、ビタミンB6、B8、B12を含む、高用量ビタミンBを追加した治療法が、標準的治療法単独に比べ、統合失調症の症状を大幅に軽減できる事を見出しました。統合失調症の症状に対するビタミン・ミネラル補足の効果に関する研究は、医学研究審議会とマンチェスター大学によって資金援助され、Psychological Medicine誌に掲載されています。

スポンサーリンク

統合失調症は治療法が無い

B vitamins reduce schizophrenia symptoms, study finds

筆頭著者ジョセフ・ファース氏は、”現在までの統合失調症用のビタミン・ミネラルサプリメントの臨床試験データの全てを考察する事で、我々は、ビタミンBが、一部の統合失調症患者に対して、アウトカムを効果的に改善することを見ることができます。”と言いました。

”この症状に対する新しい治療法が、切実に求められていることを考慮した場合、この事は、非常に重要な前進になる可能性があります。”

統合失調症はぶり返す

統合失調症は、人口の約1%に影響を与えていて、世界的に、最も深刻でコストがかかる長期的なコンディションの1つになっています。現在、治療法は、抗精神病薬の投与はを中心としています。患者は、通常、治療の最初の数ヶ月の間、幻覚、妄想などの症状の寛解を経験しますが、長期的なアウトカムは芳しくなく、患者の80%が、5年以内に再発します。

研究者達は、統合失調症を患う人々の精神科的症状に対するビタミンやミネラルサプリの効果を報告している全ての任意抽出された臨床試験を再調査しました。

このトピックに対する初めてのメタ分析が行われた事で、彼等は、統合失調症用の抗精神病薬投与を受けている、総合計832人の患者を使った18もの臨床試験を同定しました。

ビタミンB介入治療

高用量を使ったり、数種類のビタミンを組み合わせたビタミンB介入治療は、精神病理学的症状緩和に確実に効果がある反面、低用量を使った介入治療は、効果がありませんでした。

Also, the available evidence also suggests that B-vitamin supplements may be most beneficial when implemented early on, as b-vitamins were most likely to reduce symptoms when used in studies of patients with shorter illness durations.

また、入手可能な証拠が、ビタミンBが、より短い疾患継続期間を持つ患者達の研究で使われた時に、最も症状を緩和する可能性が高かったことから、ビタミンBサプリが早期に提供されると最も効果的な事を示唆しています。

ファース氏は、”我々が目を通した研究結果の間には大きな違いが存在しますが、高用量ビタミンBは、統合失調症を持つ人々の残存症状軽減に役立つかもしれません。”と付言しました。

”また、こういった総合的な効果が、当該遺伝的栄養欠乏や食事性栄養失調を持った患者サブグループの間のより大きな効果によって駆られている可能性があることを指し示しているものがいくつか存在しています。”

ウェスタンシドニー大学統合精神保健の教授で、共著者でもあるジェローム・サリス氏は、”このことは、ある特定のアミノ酸等の、他の食物由来のサプリが、統合失調症を患う人々に対して効果的であることの既存の証拠に基づいています。”

“These new findings also fit with our latest research examining how multi-nutrient treatments can reduce depression and other disorders.”

”こういった新しい発見は、マルチ栄養素治療が、うつ病や他の疾患を緩和する仕組みを調べている、我々の最新の研究にも一致しています。”

The research team say more studies are now needed to discover how nutrients act on the brain to improve mental health, and to measure effects of nutrient-based treatments on other outcomes such as brain functioning and metabolic health.

リサーチチームは、栄養素が、メンタルヘルスを向上させるために脳に作用する仕組みの発見と、脳機能や代謝健康などの他のアウトカムに対する、栄養素ベースの治療の効果を測るための、追加的な研究が今後必要とされていると言っています。

ビタミンB群を用いた高用量介入治療が、統合失調症の治療に効果的な事は、かなり大きな収穫ではないでしょうか。個人差があるにしても、統合失調症を患う人達にとっては、今後、ビタミンBサプリを他の治療と併用することで、症状が大幅に緩和される可能性がある事になり、今後のさらなる研究に注目する必要がありそうです。

スポンサーリンク

フォローする