脳の健康のためのオリーブオイル摂取が脳腫瘍の予防にもなる!?

オリーブオイルに含まれる物質が、脳の癌発症を抑制する働きがあるかもしれない事が、新しい研究が明らかにしています。オリーブ油の主成分であるオレイン酸の研究が、それが、癌を引き起こす遺伝子が、細胞内で機能するのを防ぐ仕組みを明らかにしています。脂肪酸として知られている栄養素群の1つの油性の物質が、発がん性タンパク質が形成されるのを防ぐ機能を有する細胞分子の生産を促進しています。

スポンサーリンク

オリーブオイルが脳腫瘍を抑制

Olive oil nutrient linked to processes that prevent cancer in brain

The study team says it is too soon to say whether dietary consumption of olive oil may help prevent brain cancer. Their findings, however, point towards possible therapies based on the oil to prevent brain cancer from occurring.

本研究チームは、オリーブオイルの摂食が、脳腫瘍予防に役立つ可能性があるかどうかに言及するのは時期尚早だと言っています。彼等の発見は、それでも、脳腫瘍発症を抑制する目的でオリーブ油を使った治療法の可能性を示唆しています。

脳細胞の一種のmiR-7

Scientists from the University of Edinburgh analysed the effect of oleic acid on a cell molecule, known as miR-7, which is active in the brain and is known to suppress the formation of tumours.

エジンバラ大学の研究者たちは、オレイン酸の、脳で活動し腫瘍形成を抑制していることで知られている、miR-7として知られている細胞に対する作用を分析しています。

They found that oleic acid prevents a cell protein, known as MSI2, from stopping production of miR-7. In this way, the olive oil component supports the production of miR-7, which helps prevent tumours from forming.

彼等は、オレイン酸が、MSI2と呼ばれる細胞タンパクが、miR-7の生産を阻害するのを防ぐことを発見しています。こういった方法で、オリーブオイルの成分は、腫瘍の形成を抑制している miR-7生産を助長してくれています。研究者達は、今回のの発見を、ヒト細胞抽出物と研究室で培養された生体細胞を使ったテストによって成し遂げています。

The study, published in the Journal of Molecular Biology, was funded by the Medical Research Council and the Wellcome Trust.

Journal of Molecular Biology誌に掲載された今回の研究は、英医学研究審議会と、ウェルカムトラストによって資金援助されています。

オリーブ油の脳腫瘍抑制作用

Dr Gracjan Michlewski of the University of Edinburgh’s School of Biological Sciences, who led the study, said: “While we cannot yet say that olive oil in the diet helps prevent brain cancer, our findings do suggest that oleic acid can support the production of tumour-suppressing molecules in cells grown in the lab. Further studies could help determine the role that olive oil might have in brain health.”

本研究を主導した、エジンバラ大学生物科学部のGracjan Michlewski博士は、”我々は、食事におけるオリーブオイル摂取が、脳腫瘍を予防するとはまだ言えないのですが、今回の我々の研究結果が、オレイン酸が、研究室で培養した細胞において、腫瘍抑制分子の産出を促進可能なことを示唆しています。さらなる研究が、オリーブ油が、脳の健康に対して有している可能性がある役割を割り出すのに役立ってくれるかもしれません。”

オリーブオイルが身体に超いいことは、世界中で行われた数多の研究で実証済みですが、あくまでも、エクストラヴァージンオイル(一番搾り)摂取が条件で、搾りかすとか混ぜものをした粗悪品の摂取は、百害あって一利なしとも言われています。世界中でオリーブオイルのまがい物が氾濫しているので、オリーブオイルソムリエがいる店、あるいは、ソムリエが厳選したエクストラヴァージンオリーブオイルを買うのがベストな選択であるかもしれません。

オリーブオイルのオメガ9脂肪酸のオレイン酸にしても、オメガ3脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)、あるいは、オメガ6脂肪酸のガンマリノレン酸にしてもそうですが、脂肪酸はその非常に微妙な摂取バランスが大事で、オメガ3、オメガ6、オメガ9の摂取比率が重要みたいです。日本だとオメガ3とオメガ6の摂取比率が1:4が理想的である事は知られていますが、欧米だと、omega 3-6-9 ratio(オメガ3-6-9比率)の方は、2:1:1 ~ 4:1:1が理想で、とにかくオメガ3を大量に摂取することが推奨されています。もちろん、日本人と欧米人では体質が違うということは言うまでもありません。

スポンサーリンク

フォローする