量子コンピュータ一覧

NO IMAGE

量子コンピュータ実現を可能にする原子トラップ

原子、光子、他の量子粒子は、ほとんどの場合、気まぐれで気難しい性質を呈し、落ち着きがなく、同じ種類の別の粒子と頻繁に衝突しています。でももし...

記事を読む

NO IMAGE

電子・ホール結合、トリオン、ポーラロン、エキシトン

もし、人が、気象現象を理解しようとした場合、たった一滴の水滴や、たった1個の空気分子の動きを観察しても何の役にも立ちません。その代わりに、気象学者(と同様に門外漢)は、小粒子間の複雑な相互作用の産物である、雲や風や降水量の話をします。光学的性質や固体の伝導性を扱う物理学者は、ほぼ同じ手法を用います。

記事を読む

NO IMAGE

量子コンピュータ、窒素欠陥ドープナノダイヤモンド

ノースカロライナ州立大学の研究者が、室温量子計算技術分野で部品として使える可能性がある、幅が4~8ナノメートルしかない、窒素欠陥ドープ単結晶ナノダイヤモンドを作るための新しいテクニックを考案したそうです。こういったドープダイヤモンドは、単一光子センサーや無毒蛍光バイオマーカーにも使えるかもしれません。

記事を読む

NO IMAGE

室温位相絶縁体がコンピュータの未来を変える

次世代コンピュータの新たな流行が、アバンギャルドな世界へと変貌しつつあります。シリコンのような従来の半導体は、能力の限界に達していて、位相絶縁体(TI)と呼ばれる、非常に魅惑的な材料がシリコンに取って代わろうとしています。冷却に関して言えば、TIは液体ヘリウムではなく液体窒素で賄えます。

記事を読む

NO IMAGE

実用可能な原子サイズのトランジスタ!?

ロバート・ウォルコー氏は、超小型・超高速を極める事には長けています。(先端が原子レベルの針に対する)ギネス世界記録のおまけつきの、原子スケール科学分野の開拓者である、ウォルコー氏率いるチームが、ハンブルグにあるマックス・プランク研究所の協力者と共に、

記事を読む

NO IMAGE

マヨラナフェルミ粒子に似た粒子が発見される!

マヨラーと間違えそうな、マヨラナ粒子ですが、そんなマヨラナ粒子に似た粒子がこの度、中国科学院量子情報重点実験室の研究者によって、発見されたそうです。マヨラナフェルミ粒子は、1937年に、物理学者エットーレ・マヨラナによって、最初に提唱されました。それらは自身が反粒子でもあるフェルミ粒子です。

記事を読む

NO IMAGE

マイクロソフトが本気で位相量子計算機を開発中!

マイクロソフトと言えば、新技術への開発にかなり熱心な今日此の頃ですが、今回は量子コンピュータ実現に向けて相当本気モードのようです。マイクロソフトはFPGAを使った人工知能にもご執心で、もともとFPGAにはかなり早い時期から注目していたマイクロソフトにとっては当然の帰結なのかもしれません。

記事を読む

NO IMAGE

新種の材料が量子計算を実現するかも!?

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)とパウル・シェラー研究所(PSI)の科学者が、スピントロニクスへの実装に理想的である事が立証可能な新しいクラスの材料を発見したという事です。スピントロニクスは電子のスピンを利用していて、電子スピンとは一般的に、自身の軸の周りの電子の回転運動(歳差運動)を指します。

記事を読む

NO IMAGE

ナノ規模装置の欠陥を量子計算に利用する

「この研究の性質上、今回の研究成果が、メゾスコピックデバイスの電荷ノイズ効果のさらなる理解と、半導体ベースの量子情報処理の重要分野での新技術を開発するための新たな研究を可能にする、凝縮系物理学において相関性の有る電子ガラス力学分野に寄与することが期待されています。」

記事を読む

NO IMAGE

超伝導量子デバイスを可能にする新しいスピン

Harvard John A. Paulson School of Engineering and Applied Sciences(ハーバード大学ジョン・A・ポールソン工学応用科学部)の研究者が、量子超伝導デバイスの基礎を築く可能性がある発見をしたそうです。

記事を読む

スポンサーリンク