Trump relishes wrecking Republicans トランプ、共和党破壊を楽しむ

Trump relishes wrecking Republicans

By George Will The Washington Post

Lyndon Johnson simply was exasperated. Barack Obama’s mischief was methodical.

Four days before the 1966 congressional elections, Johnson, asked about criticism from Richard Nixon, testily responded: “I do not want to get into a debate … with a chronic campaigner like Mr. Nixon.” Johnson’s disparagement endeared Nixon to Republican voters, thereby propelling him toward the presidency.

Four days before Saturday’s South Carolina primary, Obama improved Donald Trump’s standing with Republicans by deploring him and cannily placing him in the Republican mainstream: “He says in more interesting ways what the other [Republican] candidates are saying.” Not exactly.

Certainly not last week when Trump said, “I like the [Obamacare] mandate.” He thereby disparaged one of conservatism’s greatest recent achievements — persuading five Supreme Court justices that the mandate is not justifiable as a regulation of interstate commerce, so the Constitution’s Commerce Clause is not an infinitely elastic empowerment of Congress.

「リンドン・ジョンソンはすぐ切れた。バラック・オバマの茶目っ気は計画的だった。1966年の議会選挙4日前、リチャード・ニクソンの批判について尋ねられたジョンソンはつっけんどんに答えた。”ニクソン氏のような選挙運動が生業みたいな輩とは議論したくない”。ジョンソンの軽蔑は共和党有権者をニクソン贔屓にし、それによってニクソンは大統領になれた。土曜のサウスカロライナ・プライマリーの4日前、オバマは彼に強い嫌悪感を示す事によってドナルド・トランプと共和党員の関係を改善し、抜け目なく彼を共和党主流へと引き上げた。:”彼は他の共和党候補者が言っていることをより人の関心を引く方法で言っている。”必ずしもそうとは言えない。確実に、先週トランプが”私はオバマケアの強制適用を気に入っている”と言った時は、そうとは言えない。彼はそれによって保守主義の近年最大の偉業を蔑ろにした。ー 憲法の通称条項は無限に融通の利く権限を議会に付与してはいないので強制適用は州際通商の規制として正当と認められない事を5人の連邦最高裁判事に認めさせた。」

Trump was not saying “what the other candidates are saying” when last week he said: “Every single other [Republican] candidate is going to cut the hell out of your Social Security.” Trump so relishes causing Republican wreckage that he went on to attack House Speaker Paul Ryan. Recalling the Democrats’ 2011 ad depicting a Ryan-like figure pushing an elderly woman in a wheelchair off a cliff, Trump suggested that the ad was fair commentary on Ryan’s proposed entitlement reforms. Trump’s plan for reforming entitlements probably is to get Mexico to pay for them, after it finances The Wall.

「彼が先週”他の全ての候補者が国民の社会保障を大幅に削ろうとしている”と言った時、トランプは”他の候補者が言っている事を”言わなかった。トランプは共和党を内部破壊する事に非常な喜びを感じているので下院議長のポール・ライアンを攻撃しまくっている。ライアンに似た人物が車椅子の老婆を崖から突き落とすところを描写した民主党の2011年の広告を持ち出して、トランプはその広告がライアンの提案した政府給付金制度改革の公正な批評と示唆した。トランプの政府給付金制度改革プランは、恐らくメキシコ政府に国境壁をファイナンスさせた後で、彼らに肩代わりさせると言ったものでしょう。」

Many South Carolina evangelicals, like those in Iowa, showed, shall we say, Christian forgiveness toward Trump, who boasts of his sexual athleticism, embraces torture and promises to kill terrorists’ families. Or perhaps these remarkable evangelicals think his myriad conversions-of-convenience (his serial adjustments of his “convictions” in time for this campaign) constitute being “born again.” This is an interesting interpretation of John 3:7.

「アイオワ同様、多くのサウスカロライナの福音主義者は、ご存じでしょうが、キリスト教の許しを、精力自慢、拷問容認、テロリストの家族殺害公約しているトランプに示しました。あるいは、ひょっとすると、これら他に類を見ない福音主義者達は、彼の数えきれないご都合主義的コンバージョン(今回のキャンペーンに間に合うように行われた彼の信念の一連の修正)を”新生”にあたると考えたのかもしれない。これはヨハネ3章7節の興味深い解釈になる。

As the Republican Party contemplates putting forward this florid face, the Democratic Party, clinging to Hillary Clinton like a shipwrecked sailor clinging to a spar, celebrates her Nevada achievement.

Her Nevada triumph was sealed by African-Americans, and she evidently plans to erase Sanders by stoking racial insecurities and grievances. If she plans to win the presidency by reassembling and reinvigorating the Obama coalition, she has work to do with another component of it: In three contests now, Sanders has crushed her among 18- to-29-year-olds, voters most of whom are too young to remember either her husband or when she was not an establishment fixture.

「共和党がこの血の気の多い顔を前面に押し出す事を沈思黙考している間、民主党は、船の帆柱にしがみつく難破船の船員のようにヒラリー・クリントンにしがみつく、彼女のネバダ勝利を祝っています。彼女のネバダ勝利は黒人によって決っせられ、彼女は明らかに人種上の不安不満に燃料を投下することによりサンダースを消し去る算段です。もし彼女がオバマ連合の再編と活性化によって大統領選を勝ち抜こうとしているのなら、彼女はもう一つの構成部品を何とかする必要があります。今までの3度の予備選で、サンダースは、ほとんどの有権者が若過ぎて彼女の夫や彼女が組織の常連ではなかった時代を知らない、18歳~29歳の有権者の間で彼女を圧倒しました。

The Republican process of picking Clinton’s opponent already has, before the fourth delegate selection event, pruned the field from 17 to five, with only four — Trump, Ted Cruz, Marco Rubio and John Kasich, but not Ben Carson — with arguable paths to the nomination. Cruz is counting on volunteers wielding smartphones loaded with analytics — Boss Tweed meets Steve Jobs — to counter Trump’s surfing on an endless wave of free media. Rubio needs Kasich, the only remaining governor, to wither while waiting for the process to reach states thought to be congenial. When Kasich became the last candidate (other than Jim Gilmore) to enter the race, one of his senior advisers pointed far ahead to Michigan’s March 8 primary. Kasich’s narrow path is: Become the sole center-right alternative, one-on-one with Trump or Cruz in the industrial Midwest, and move from a strong Michigan showing to a March 15 victory in winner-take-all Ohio. Trump wants to delay the day when he has only one opponent and might learn that his ceiling is what he won in South Carolina — 32.5 percent.

「共和党によるクリントン対抗馬の選択過程は、4度目の代表団選出イベント以前に、17人から5人へとフィールドを刈り込みました。ベンカーソンを除く、トランプ、テッド・クルーズ、マーコ・ルビオ・ジョン・ケーシックの4人だけが代表指名への論拠ある道筋があります。クルーズは、トランプの無限のメディアただ乗りの波に対抗するためにスマートフォンに詰め込んだ分析を巧みに扱うボランティアを頼みにしています- ボス・トィードはスティーブ・ジョブズに会った事がある。ルビオは、勝てる見込みのある州の予備選を待つ間、唯一生き残っている州知事のケーシックが消える必要があります。ケーシックがレースに参加する最後の候補者(ギルモア以外で)となった時、彼のシニアアドバイザーの一人は、かなり前から3月8日のミシガン州予備選に焦点を合わせていた。ケーシックの狭い道筋は、ただ一人の中道右派の選択肢となる事、アメリカ中西部の工業地帯でトランプかクルーズと一対一となる事、そしてミシガン勝利の勢いに乗り3月15日の勝者総取りのオハイオで勝利するというものです。トランプは一騎打ちになって彼の支持の上限がサウスカロライナ勝利時の32.5%かもしれないという事を学ぶ日を遅らせたい。」

In 2011, Trump said he had dispatched investigators to Hawaii to unearth the sinister truth about Obama’s birth. He said, “They cannot believe what they’re finding.” No one has seen his astonishing discoveries — or his tax filings, which might illuminate unsavory business practices and exaggerations of his wealth. He thrives by determining the campaign’s conversation. It is time to talk about his tax records. – © 2016 WASHINGTON POST WRITERS GROUP

「2011年、トランプはオバマの出生に関する邪悪な真実を明るみに出すためにハワイへ調査員を派遣した。彼は”調査員達が自分達が発見した事を信じる事が出来ない。”と言った。彼の驚くべき発見、あるいは、彼の不快な商慣行と彼の財産が誇張されている事を明るみに出すかもしれない納税申告書を見た者は今まで存在しない。彼はキャンペーンの会話を限定する事で成功しています。彼の納税記録を話題にする時間です。」

ジョージ・ウィルは彼の妻がウィスコンシン州知事のスコット・ウォーカーキャンペーンでアドバイザーだった事もあって、大のトランプ嫌いです。トランプのような粗野、無知、無教養、自己中、ナルシスト、大ぼら吹きの誇大妄想狂が大統領になったらアメリカどころか世界が終わると警鐘を鳴らし続けています。アメリカのエリート層識者達は、トランプ嫌いが異常に多くて、トランプは、左派・中道・右派の全てから嫌われているという非常に珍しい存在です。アメリカ国民の6割以上がトランプは絶対に支持しないと宣言しているので、彼が大統領になる事はまずないでしょう。余程の事がない限り。(リーマンショックのような出来事が選挙前に起きない限りは)