トランプ一覧

NO IMAGE

スティーブ・バノン氏が打倒フォックスニュース&ジャヴァンカに動く

一部の保守層の間で、スティーブ・バノン氏が、新しい保守層向けのニュースステーションを作るのではないかと囁かれています。もし、これが実現すれば、トップスターのビル・オライリー氏電撃解雇後、視聴率が超転落人生のフォックスニュースのfinal nail in the coffin(とどめの一撃)になることは間違いありません。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領は何故ロイヤリストをパージするのか

リベラルメディア、民主党議員、ネバートランパー(RINO)による、チーフストラテジストのスティーブ・バノン氏に対するバッシングが激しくなっています。ことの発端は、バノン氏のトランプ大統領に対する、Alt-Right(オルトライト)への批判をトーンダウンした方がいいという助言にあると言われています。オルトライトはトランプ

記事を読む

NO IMAGE

不法移民は犯罪者ではなく貴重な労働力であり納税者でもある

不法移民問題が、トランプ氏を大統領にしたと言っても過言ではありません。それだけ、アメリカの不法移民は深刻なのです。働き者で法律を遵守する不法移民達が、怠け者のアメリカ人達が嫌がってやらない仕事をしてくれているんだから感謝しろ!というのが、リベラルのマントラになっています。その一方で、不法移民は、移民法に違反しまくって

記事を読む

NO IMAGE

嘘まみれのアメリカメディアとトランプ革命の終焉

アメリカメディアが、骨の髄まで腐り切っていることが、今回の一連の報道で完全に証明されたと言っている人達がいます。バージニア州シャーロッツビルで起こった事件は、リベラルメディア(反トランプメディア)によると、白人至上主義者のデモ行進に対して、平和的な抗議活動をしていた人々が犠牲になったということですが、実際は、許可を得て

記事を読む

NO IMAGE

ディールメーカー:ネゴ(交渉)上手になるにはどうすればいいのか?

人生はネゴ次第で、バラ色にも灰色にもなりますが、ネゴを有利に進めるにはどうすればいいのでしょうか?ネゴ上手になれば、例えば、恋愛や買い物等の場面で、自分に好都合の結果を得ることができます。不細工でも美しい彼女を持てるかもしれないし、高い買い物も極限まで値引けます。全ては交渉次第(口八丁手八丁)だということのようです。

記事を読む

NO IMAGE

完全自己責任社会が誕生すれば病気や怪我も自己責任になる

日本人は健康に無関心では済まされない状況に追い込まれています。医療費の国庫負担の増大だけではなく、看護師不足、介護士不足、ありとあらゆる問題が、国民の健康に対する無関心さから生じていると言っても過言ではありません。国民が健康なら看護師も介護士不足にもならないし、医療破綻なんて事も起こり得ません。国が動く必要があります。

記事を読む

NO IMAGE

少数から好かれて人生成功するためには嫌われる勇気が必要

全ての人に好かれようとすると、八方美人扱いされて、結局は全ての人達から嫌われてしまう傾向が強いようです。人から嫌われたくない、人間誰しもがそう思っているので、嫌われるのを恐れて、人と無理に調子を合わせたり、有り余る能力を隠したり、自分の本心を吐露することを躊躇ったり、悪い事に手を染めたりしてしまう人がかなり多くいます。

記事を読む

NO IMAGE

名言:Deception by an omission of the truth is as bad as a lie

事実の省略による誤魔化しは、嘘と一緒です。例えば、今アメリカで問題になっている、トランプ政権関係者達が、ロシア関係者と接触を持った事実を報告しなかった行為が、まさにこの名言に当たります。ロシアとコンタクトを取った事実を省くことは、コンタクトを取っていないと嘘を付くのと変わらないという意味になります。あくまでも、意図的に

記事を読む

NO IMAGE

【辞任】トランプ政権は何故短命に終わってしまったのか?【弾劾】

トランプ政権は既に終了しているというのが、多くの識者たちの共通した見方で、ここまで短命に終わった理由については、政治評論家達の間でも意見が別れています。トランプ大統領はいつ弾劾されてもおかしくない危機的な状況に追い込まれていて、弾劾されればあっさり辞任するだろうと予想されています。実質的にトランプ大統領を擁護する上院

記事を読む

NO IMAGE

【トランプ】リベラリズムがアメリカを破壊する【イデオロギー闘争】

リベラルは何故自分の祖国を憎むのか?これが多くの保守派達の永遠の疑問になっているわけですが、リベラルに言わせると、保守派が固執する愛国心こそ、時代遅れの無用の長物であると言っています。この2つの相反するイデオロギーが、今のアメリカでは臨界点に達しつつあると指摘されていて、second civil war(第二次南北戦争

記事を読む

Page 1 of 17
1 2 3 17
スポンサーリンク