緑茶を飲むと頭が良くなり、痴呆症にもいいらしい!お茶の底力

緑茶に含まれるカテキンパワーは以前から大々的にメディアで宣伝されていました。緑茶消費量の多い地域は、胃がん患者が少ないと言われていますが、緑茶パワーには本当に脅かされるばかりです。最新の研究結果によると、緑茶を飲むと頭が良くなるみたいな事を言っています。しかし、緑茶をよく飲む日本人の頭が悪いのは何故なのでしょうか?この研究結果には疑問を持たざるを得ません。良く考えてみると緑茶を飲まない日本人が戦後激増しているらしいので、日本人が頭が悪いのはそのせいもあるのかもしれません。魚を食べてお茶を飲んでいた頃の日本人は優秀だったような気もしますが、この辺の研究が別途必要になってくるのかもしれません。たぶんそんな研究は永久に行われる事はないと思いますが、面白い研究であることは確かです。

お茶を飲むと頭が良くなる!

Can green tea boost your brainpower and treat disease?

Compounds found in green tea may enhance brain connectivity and even help treat symptoms of dementia and Down syndrome, recent studies have found.

「緑茶の中に発見された化合物が脳の接続性を高めたり、痴呆症やダウン症の治療に役立つかもしれないことが、最近の研究で発見されました。」

緑茶には物凄い成分が含まれていたようです。頭が良くなり、痴呆症やダウン症の治療にも有効だそうです。ほんまかいな?と思いますがどうなんでしょうか。

Teams across the world have been trialling green tea extracts and specific compounds within them for their potential to lower the risk of various conditions: cancer, blood pressure, cholesterol and even Alzheimer’s disease.

「世界中のチームが、緑茶に含まれる緑茶抽出物や特定の化合物が、がん、血圧、コレステロール、アルツハイマー等のさまざまな病気のリスク低下の可能性をテストしています。」

緑茶には色々な効果がある事が知られていますが、正確なところは実際まだはっきりとは分かっていないようです。今後の研究結果次第では緑茶の真の力がはっきりするかもしれません。

Evidence for these benefits is limited, however, and often inconclusive, but recent studies have found that one particular compound inside green tea, known as EGCG, could improve the functioning of one particular part of the body: the brain.

「これらの効果のための裏付けは限定的で、大抵は結論には達していませんが、最近の研究がEGCGとして知られている緑茶独特の成分が体の特定部位、脳、の機能を向上する可能性があることを発見しました。」

どうやらEGCGという緑茶固有の成分が、人間の脳の機能を向上する働きを有しているみたいです。EGCGとは何なのか?と思ったので、早速調べてみました。

緑茶のポリフェノールが、認知症リスクを軽減させる

ポリフェノールといえば赤ワインですが、お茶にも含まれています。その中でも日本人にとってなじみのある緑茶が、認知症やそれ以外の病気のリスク削減に効果があるという研究結果が出されています。

認知症に効果がある事は、どうやら事実なようですが、ネズミの実験段階の話のようで、人間についての詳細は不明です。

緑茶の成分、ダウン症患者の認知能力向上に効果 研究

 脳検査では、緑茶に含まれている化合物「没食子酸塩エピガロカテキン」によって、脳の神経細胞の接続方法に改変が起きたことが明らかになった。

EGCGとは、epigallocatechin-3-gallate (没食子酸塩エピガロカテキン)の事のようです。

緑茶がダウン症に有効かどうかはまだ全然はっきりしてはおらず、今後のさらなる研究が必要なようです。ただ、緑茶に含まれるEGCG(没食子酸塩エピガロカテキン)が脳に良いことだけは確かなようで、それがアルツハイマー、認知症、ダウン症にも有効なのではないかという根拠にもなっているようです。受験生を持つお母さんは、子供に鮭とお茶を食べさせるのも、子供のbrain power (脳力)を向上させる手かもしれません。緑茶が体に良いことだけは100%確実なので、朝の食卓に緑茶を加えるのも健康維持には欠かせません。理想的な朝食としては、納豆、しらすおろし、お味噌汁、ヨーグルト、全粒粉パン、発芽玄米、緑茶、豆腐とわかめの味噌汁、バナナ等を日々組み替えるのがいいのかもしれません。全粒粉パンをオリーブオイルで食べるのもさらに健康にはいいでしょう。お昼は、カシューナッツ、アーモンド、クルミなどのナッツ類を効果的に摂取するのがさらに理想的です。