子供に健康的な食生活習慣を付ける事は超重要

親にとって、子供のうちから健康的な食生活習慣を付けさせる事は、勉強や読書の習慣を付けさせる事以上に重要です。子供の健康維持は親の役目(義務・責務)なので、子供の食生活に気を使うのは当然です。junk food (栄養のない高カロリー食品)ばかり食べさせていたら、肥満の原因になるだけでなく、将来的に重大な健康障害を引き起こします。

とは言っても、子供の貧困が深刻な貧困大国である日本では、子供に満足な食事を与えるのも困難な家庭が、ここ数年急増しています。個人金融資産、企業貯蓄、海外資産は増え続ける一方で、日本で貧困が深刻化しているのは、一部の富裕層(富裕企業)が国の富を独占してしまっているからです。

子供の健康を守るのは親の責任だけではなく、国の責任でもあり、富裕層の義務でもあります。富の逆再配分で潤っている富裕層は、貧困層を助けて当然だし、本来なら国家が累進課税等の強化で富の再配分を行わなければいけないのですが、異常な金融緩和による円安・株高・物価高で、貧困層は物価高の弊害だけを押し付けられてしまっています。

健康は食からは子供も一緒

Research: Your kids are what you eat

Many people accept the old axiom — “You are what you eat.” That’s not to say you become a carrot if you eat carrots, of course, but rather that a regular pattern of eating carrots will shape you in a much different way than a regular pattern of eating cotton candy.

「多くの人達は、”健康は食次第”という古い格言を受け入れています。もちろん、人参を食べたら人参になるという意味ではなく、正しくは、規則正しく人参を食べる習慣は、綿飴を規則正しく食べる習慣よりも、かなり違った状態にあなたを形成するということです。」

ジャンクフードを毎日食べるよりも、人参を毎日食べた方が、良い健康状態にあるのは当然です。健康は食次第とは良く言ったもので、何を食べるかで、健康でいられるか、病気を患うかは決まってしまいます。それだけ食生活は重要だということです。

Now researchers are suggesting there may be a lesser-known corollary — “Your kids are what you eat.”

「現在、研究者は、”子供の食習慣はあなた次第です”という、あまり知られていない当然の帰結が存在するかもしれない事を示唆しています。」

子供は親が食べている物を食べているので、親の食習慣=子供の食習慣という事になります。ただ、学校(給食)や友達等の影響で、ジャンクフードを食べたりするので、必ずしも親の食習慣と子供の食習慣が完全一致するとは限りません。

少なくと朝はフルーツ中心、夜は野菜中心の食生活を習慣付ける事が、子供の将来にはいいのかもしれません。肉よりも魚等のオメガ3脂肪酸を多く含む食品を食べるようにして、ナッツ類、豆類、オリーブオイル、ごま油、などを食事に取り入れる事もお勧めです。

アメリカ人の3人に1人は肥満

According to the U.S. Centers for Disease Control and Prevention, more than a third of U.S. adults are obese and about 17 percent of the nation’s youth (ages 2-19) are obese.

「米疾病対策予防センター(CDC)によると、3分の1超えるアメリカの成人は肥満で、2歳から19歳のアメリカの子供達の17%が肥満です。」

肥満大国アメリカと言われるだけあって、さすがに肥満が多いです。私も留学前は65kgの体重だったのですが、留学後数年で100kgを超えてしまい、かなり焦りました。食費が日本の5分の1程度だったので、ついつい食べ過ぎてしまうのと、寮の学食がビュッフェ形式なのも、好きなだけ食べてしまうので、肥満の原因になってしまいました。

日本はアメリカと違って、食費が高く生活水準が低いので、肥満になる暇もなければ、食べるお金もないので、肥満は少ないみたいです。アメリカは日本とは比べ物にならないくらい、生活水準が高いのが肥満の原因なのかもしれません。私のホームステイ先のファミリーは中間層でしたが、リモコン開閉式の車3台分のガレージがあり、ガレージの中にも巨大な冷蔵庫があり、工具だらけのガレージには、車2台と釣用のボートが置かれていました。地下にはビリヤードと卓球台があり、巨大な洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、リビングや書斎、小部屋まであり、一階建てなのですが、地下室抜きでも、4LDKでした。もちろん、広大な庭付きです。

日本とアメリカは比べてはいけません。とにかく生活水準が違い過ぎます。

子供の肥満の原因は食生活

They found two clear culprits for poorer diet quality among children: too few vegetables and too many empty calories.

「研究者は、野菜不足とジャンクフード過多が、子供達に共通した質の悪い食事の明らかな犯人である事を突き止めました。」

野菜不足ならフルーツ不足でしょうし、ジャンクフードばかり食べていたら肥満にもなります。親が野菜と果物を食べない事がそもそもの原因です。バケツみたいな容器に入ったアイスを食べたり、ダンボール箱サイズのスナック菓子を食べていれば、肥満になっても仕方ありません。ジャンクフードが安過ぎるのにも問題があるような気がします。アメリカは野菜も果物も安いですが、洗ったり、皮をむいたり、調理する面倒があるので、どうしてもジャンクフードに食事が偏ってしまうのかもしれません。

日本の場合も、子供を成人病にしないためにも、子供のうちから野菜中心の食生活習慣を付ける事が、子供のためだけではなく、親のためにもなりますし、日本国のためにもなります。