生姜(しょうが)、ターメリック(うこん)、人参(にんじん)が凄い

しょうが、うこん、にんじんの組み合わせはある意味最強と言えます。この組み合わせに、りんご、にんにく、たまねぎ、鶏肉、ココナッツミルク、シナモン、クミン、他各種スパイス類を加えれば、ウルトラスーパーフードの完成です。さらにアマランサス、キヌア、黒米、韃靼そば茶、大麦、黒豆、はと麦、発芽玄米、えごま、黒ゴマ、金ゴマ等を含む雑穀米があれば超完璧です。サラダとして、サーモン、アボガド、トマト、レタス、ブロッコリースプラウトをわさび醤油ドレッシングで味を整え、飲み物に緑茶、デザートにヨーグルト、オリゴ糖、クランベリー、ブルーベリー等のジャムを添えれば健康に最高の食事になります。こういう食事を気軽にとれる日本人に生まれて本当に良かったと思います。

ターメリック(ウコン)

Superfood Trio: Ginger, Turmeric, and Carrots?

Curcumin is probably the most important active ingredient in this powerful spice, giving it its impressive medicinal clout.

「クルクミンが、恐らく、このパワフルなスパイスの最も重要な有効成分で、ウコンにそれの優れた健康に良い利点を与えています。」

In fact, this compound has been estimated to contain around 150 different therapeutic benefits, including boosting your immunity, protecting your heart and moderating the effects of autoimmune diseases. Here are a few more of the benefits you gain when you ingest turmeric.

「事実、この化合物は、あなたの免疫力を高め、あなたの心臓を保護し、自己免疫疾患の影響の抑制を含む、およそ150種類もの治療的有用性を含んでいると推定されています。以下にあなたがターメリックを摂取した時の、あなたが得るさらに幾つかの利点があります。」

ウコンは、アルツハイマー病、関節痛、てんかん等に効能があり、さらに、心臓血管に対する健康効果は、中程度の有酸素運動に匹敵するそうです。クルクミンは体内で吸収されにくいので、ココナッツオイルや亜麻仁油などと一緒に摂取すると良いみたいです。

クルクミンについては以前も書いています。クルクミンはさまざまな効果が注目されているようなので、詳しく載っているサイトを参考にさせてもらいました。

認知症予防で注目のクルクミン!栄養士監修の簡単本格フィッシュカレーレシピ

そもそも、クルクミンとはどのようなものでしょうか。クルクミンは、ターメリック(ウコン)に含まれている黄色の天然色素のことです。カレーの色づけに使われたり、たくあんの色付けなどにも使われたりします。ポリフェノールの一種でもあり、抗酸化作用が期待でき、肝機能の向上や、コレステロール値の改善作用、抗ガン作用など、さまざまな効果が期待できると言われているものなのです。

ジンジャー(生姜)

The most powerful compound in ginger, aptly, is gingerol, the oil that also imparts the fragrance. One article notes that studies show:

“…Ginger extract may be an even more effective anti-cancer agent than chemotherapy drugs, killing cancerous cells while leaving healthy ones untouched. Its anti-inflammatory properties might also help prevent the progression of precancerous cells to cancer.”

「生姜に含まれる最も強力な化合物は、いみじくも、芳香も与えるオイルである、ジンゲロールです。1つの論文が、研究が、”生姜エキスは、健康な細胞はそのままで、癌細胞だけをやつける、化学療法の薬剤よりもさらに一層効果的な抗癌剤である可能性があります。それの抗炎症特性は、前癌状態の細胞ががんに進行するのを防ぐ働きがあるかもしれません。”と示唆していることに言及しています。」

しょうがの抗炎症性は、筋肉痛や関節痛などにも効果があるようです。嘔吐や吐き気にも効能が有り、酔い止めよりも効果的らしいです。糖尿病にも効果があり、さらに、記憶力を向上させる事までできるみたいです。シナモン・ジンジャー入り緑茶がパーフェクトです。

キャロット(ニンジン)

From the Umbelliferae family, carrots are a go-to veggie for innumerable hearty dishes, as well as a handy, crunchy snack. I generally recommend eating carrots in moderation because they contain more sugar than any other vegetable aside from beets.

「セリ科の仲間の人参は、数えきれないほどのボリューム満点の料理と手軽で歯応えの良いおやつにもなる、頼りになる野菜です。私は通常、にんじんが、ビートを別にすれば、他のどんな野菜よりも糖質を含んでいるので、人参はほどほどに食べるように推奨しています。」

However, when eaten as part of an overall healthy diet, the nutrients in carrots may provide multiple health benefits. Beta-carotenes (named after carrots), their most prominent nutrient, aren’t manufactured in your body, so they’re required in your diet. One article adds:

“… Beta-carotene maintains vision, regulates the growth of cells in your skin, keeps membranes lining your nose and respiratory tract healthy and helps control the production of proteins. All carotenoids, including beta-carotene, also possess antioxidant abilities.

「しかし、総合的にヘルシーな食事の一部として食べるなら、人参に含まれる栄養は多くの健康上の利益をもたらす可能性があります。βカロチン(人参にちなんで名付けられた!)、人参の最も重要な栄養素は、体内では生産されないので、食事で補う必要があります。ある論文が、ベータ・カロチンは、視力を維持し、皮膚の細胞成長を調整し、鼻の内側を覆う細胞膜と呼吸管の健康を保ち、蛋白質の生成をコントロールする働きがあります。β-カロチンを含む、全てのカロテノイドは、抗酸化力も有しています。と言っています。」

Phytonutrients such as lutein and anthocyanins join vitamins and minerals for extraordinary health-boosting potential -vitamins A, B6, C and K as some of the most beneficial and several minerals. Research has found that the more carotenoids you eat, the longer your life span!

「ルテインやアントシアニンのような植物性栄養素は、驚くべき健康増進の可能性のために、ビタミン類とミネラル類を結び付けます。最も有益なうちの一部として、ビタミンA, B6, C, Kといくつかのミネラル類があります。 」

人参は抗酸化作用だけではなく、心臓の健康維持し、人参に含まれるファルカリノールやファルカリンジオールのような植物栄養素が、もしかすると、癌性腫瘍の本格的な進行リスクを削減するために、赤血球を凝集する事で炎症を防ぎ、その他にも、胃潰瘍や消化器官疾患などの予防、白内障や黄斑変性症も予防します。人参はまじでスーパーフードです。

人参、生姜、ターメリックを同時に摂取するなら、カレーライスが一番です。カレーに、オクラ、ナス、ブロッコリー、カラーピーマン(パブリカ)等の野菜を入れれば完璧で、肉は良質の鶏の胸肉が最適です。健康維持のためにも週一回はカレーを食べるのがいいとも言われていますし、ライスも雑穀米が望ましいようです。サラダも忘れずに。