高血圧予防のDASH食が痛風発作に効果があるかも!?

新しい研究が、DASH(dietary approaches to stop hypertension、高血圧予防治療食)食が痛風発作を抑える事ができるかもしれない事を示唆している事が、アメリカリウマチ学会(ACR)の機関紙Arthritis & Rheumatologyに掲載されました。DASH食というと、日テレのテレビ番組である、ザ!鉄腕!DASH!!に出てくる、鉄腕DASH食のように思えてしまうのは私だけでしょうか。どっちも健康的ではあります。

高血圧を阻止する食事が痛風にも効果があるみたいです。高血圧は塩分がよくないので、塩分摂取と痛風にも何らかの因果関係があるんでしょうか。そもそも、痛風の事はあまり知らないので、少し調べてみることにしました。

スポンサーリンク

痛風とは?

DASH diet may help prevent gout flares

Elevated uric acid in the blood plays a key role in gout, an extremely painful form of arthritis that results in profound disability and healthcare expenses. Diet has long been identified as an important determinant of blood uric acid levels, but there is virtually no clinical trial evidence to inform food choice by physicians and patients.

「血中尿酸値上昇が、深刻な障害と医療費をもたらす物凄い痛い関節炎の一種である痛風の主要因になっています。食事が血中尿酸値の重要な決定因子の1つとされていますが、医者や患者による食べ物の選択情報を提供するための臨床試験の裏付けは事実上皆無です。」

痛風は血液中の尿酸値と関係があり、痛烈な痛みを伴う関節炎で、食事に原因があると言われていても、それを証明する臨床的論拠は何もないみたいです。痛風という言葉はよく聞きますが、それほど深刻な病気ではないように思っていましたが、激しい痛みは辛いので、やはり痛風にならないように気を付けた方がよさそうです。

DASH食

Stephen Juraschek, MD, PhD, of the Johns Hopkins University School of Medicine, and his colleagues looked at the potential of the Dietary Approaches To Stop Hypertension (DASH) diet, a diet with well-established benefits for lowering blood pressure, for lowering uric acid. The DASH diet emphasizes fruits, vegetables, and low-fat dairy foods and reduced consumption of saturated fat, total fat, and cholesterol. It also contains whole grains, lean meats, fish, nuts, and beans.

「ジョンズ・ホプキンス医学校のStephen Juraschek医師(博士)と彼の同僚達は、血圧を低下させ、尿酸値を下げる効果があると定評のある食事、食餌療法による高血圧防止(DASH)食の潜在性に着目しました。DASH食はフルーツ、野菜、低脂肪乳製品、そして、飽和脂肪、総脂質、コレステロールの摂取を減らすことを重要視しています。また、全粒粉、赤身肉、魚、木の実類、そして豆類も含んでいます。」

赤身肉は体に悪いとも言われていますが、カロリー的な事を考えれば、霜降り肉よりはいいのでしょうが、しかし、赤身より脂肪の方が体に良いとい説もあるので、何とも言えません。バターみたいに後で無罪が判明する冤罪の可能性もありますが、個人的には黒毛和牛(去勢した雄牛)や銘柄牛(雌牛)の霜降り肉を食べるようにしています。

何れにしても、DASH食が高血圧予防だけではなく、痛風発作の予防にもなるらしいので、普段からそのような食事を心掛けることが重要なのかもしれません。

塩分が尿酸値を下げる?

While the researchers hypothesized that reducing sodium intake would lower uric acid levels, they found that the opposite was true: higher sodium intake (which was about equal to the average sodium consumed in a typical American diet) decreased uric acid levels compared with low sodium intake. The mechanism by which increased sodium intake decreases uric acid is unclear.

「研究者達は、ナトリウム摂取が尿酸値を下げるのだろうと仮説を立てていましたが、その反対が真実だった事に気付きました。つまり、高ナトリウム摂取(標準的なアメリカ人の食事で摂取される平均的なナトリウムと大体同じ量)が、低ナトリウム摂取と比較して尿酸値を下げたという事です。ナトリウム摂取を増やす事で尿酸が減少するメカニズムは分かっていません。」

標準的なアメリカ人の食事は塩分を過剰摂取していると言われているので、高塩分摂取が尿酸値を下げることは意外な気がします。それにもかかわらず、DASH食が痛風発作を抑止する効果がある事はさらに意外でもあります。だからと言って、高塩分摂取は推奨されておらず、逆にDASH食が推奨されているのは、恐らく、高血圧を抑止するための健康的な食事が、例え低塩分摂取であったとしても、痛風発作も同時に抑止できるという事なのだろうと思われます。

健康的な食事が健康を維持するのは当たり前の事なので、スーパーフードを日々の食事に取り込みつつ、朝はフルーツ、夜は野菜中心、昼も低カロリー高栄養食を食べるようにすれば、いつまでも元気で健康にいられるはずです。

スポンサーリンク

フォローする