トランプ氏はやはりクリントン家のトロイの木馬だった!

トランプ氏の敗因はただ一つで、そしてそれは、アメリカという国の末期的な状態をも暗示してもいます。トランプ氏が、ラテン系不法移民を批判し続けたのが、氏の敗因なのは言うまでもありませんが、それは、ラテン系アメリカ人に媚びる事無しに、アメリカ大統領にはなれないという事を意味しています。

“No US president will ever be elected without pandering to Latinos.”

クリントン氏が勝てば、推定1300万人~2000万人と言われている不法移民が合法化され、最終的に市民権を得て民主党有権者になります。これにより、フロリダ、テキサス、アリゾナ、コロラドは永久にブルーステート(民主党州)と化し、共和党大統領が2度と誕生しなくなり、民主党の一党独裁体制が敷かれる危険性があると本気で考えているトランプ支持者がかなり多く、この恐怖心がトランプ革命の原動力にもなっています。

不法移民の数は、ピュー・リサーチ・センターの調べでは、2014年時点で1100万人、うち52%がメキシコ人みたいです(5 facts about illegal immigration in the U.S.)が、実際の数は当然これより多いと思われています。

スポンサーリンク

負けを承知の戦い

トランプ氏はラテン系アメリカ人の支持なしに勝てないことは100も承知でした。知っててわざと、ラテン系アメリカ人を逆撫でする発言を繰り返した事が、クリントン氏を大統領にする目的で、共和党から立候補した事を如実に物語っています。そもそも、今年は、統計的にも歴史的にも、共和党大統領誕生の年でもありました。

トランプ氏による、2012年のロムニー氏敗因の分析

Trump: ‘Self-deportation’ cost votes

Donald Trump on Monday said Mitt Romney’s “maniacal” and “crazy” policy of “self-deportation,” alienated Asian and Hispanic voters and helped cost him the election.

“He had a crazy policy of self deportation which was maniacal,” Trump told the conservative website NewsMax. “It sounded as bad as it was, and he lost all of the Latino vote. He lost the Asian vote. He lost everybody who is inspired to come into this country.”

「ドナルド・トランプ氏は、ロムニー氏の狂気的で常軌を逸した自発的国外退去政策が、アジア系とラテン系有権者をすっかり疎遠にし、選挙に敗れたと述べた。”彼は、狂気じみた、自己国外退去という正気の沙汰ではない政策を持っていました。”とトランプ氏は保守派ウェブサイトニューズマックスの取材に応えた。”それは本当に最悪にしか聞こえないので、ラテンアメリカ系住民の票を全て失いました。アジア系住民の票も失いました。この国に来たいと思っている全ての人の心を失いました。”」

トランプ氏はロムニー氏敗戦後に、make America great Againをトレードマークにしたらしいので、この時に既に2016年に立候補する気満々だったとも言われていますが、最終的にプッシュしたのがクリントン氏なのは確かです。

年齢(69歳)、8年間の民主党政権、リビア・シリア問題、オバマケア、Eメール問題等、クリントン氏が大統領になれる可能性は完全にゼロでした。それが トランプ氏が立候補してくれたおかげで、晴れて大統領になれたわけです。トランプ氏がクリントン氏が仕込んだトロイの木馬だった事が、名実ともに証明され た事になります。

スコット・ウォーカー/マルコ・ルビオ最強タッグが共和党候補だった場合、ヒラリー・クリントン女史に勝ち目は万に一つもありませんでした。トランプ氏はあくまでもcarnival barker (見世物)で、誰も本気で氏が共和党大統領候補になるとは思っていませんでした。クラスのお調子者が、冗談でクラス委員に立候補して、クラスメート達が冗談で彼/彼女に投票するみたいなもんです。もちろん、トランプ氏は冗談で立候補したわけではなく、クリントン氏を大統領にするために、元大統領のビル・クリントン氏に勧められて共和党から立候補したのですが、これは、天才政治家ビル・クリントン氏の見事な策略だったとしか言えません。トランプ氏が獅子身中の虫である事を指摘した共和党支持者はかなり多かったし、クリントン家のトロイの木馬だと言い当てた人も相当いました。

ビル・クリントン氏は妻が大統領になるのは当然と言っているので、クリントン家の執念の勝利だったとも言えます。1988年以来、5人の大統領が誕生し、そのうち4人が、ブッシュとクリントンというのは如何なものなのか?という疑問が生じますが、アメリカは色々な意味で終わっていると思わされた大統領選挙でした。