気候変動、トランプは疑似科学を信奉している?

トランプ氏が地球の温暖化、あるいは、気候変動に対して、非常に懐疑的な事は世界中の人々が熟知しています。多くの保守派達は、地球の温暖化は、仮に存在したとしてもそれはただの自然のサイクルなので、ビジネスに深刻なダメージを与える経済活動を自粛する必要など全く無いと言っています。彼等にはビジネスが第一のようです。

トランプ氏の場合は、人間の経済活動が、少しは気候に影響を与えているかもしれないとは考えているようですが、だからと言って、温暖化を軽減するために、経済活動にブレーキをかけるような行為は馬鹿げ過ぎていると思っている節があります。

スポンサーリンク

トランプと疑似科学

Opinion: Trump has embraced pseudoscience and its deceptive tactics in a post-truth world

Trump has embraced pseudoscience and its accompanying conspiracy theories. He’s tweeted that climate change is a hoax and vaccines cause autism.

「トランプは、疑似科学とそれに付随している陰謀説を信じています。彼は、気候変動がでっち上げで、ワクチンが自閉症の原因になっているとツイートしています。」

陰謀論は、ヒトラー議論に似ていて、ヒトラーのようだと議論相手を罵った瞬間に議論が終わってしまうように、陰謀論者と相手を罵った瞬間に議論は終わってしまいます。ワクチンが自閉症の原因になっているかどうかは、今の段階でははっきりとは分からないと言うべきで、100パーセント絶対に有り得ないと信じ込んでいる人と、絶対に原因になっていると信じ込んでいる人の間には、水掛け論しか存在しません。世界中には色々な研究があり、その研究を財政的に援助している団体や個人の政治的な思惑も絡んでいたり、研究者自体の政治哲学が絡んでいたりするので、研究結果を鵜呑みにはできないと言われています。まず、科学に絶対はないと思う必要があり、何故なら、今の科学的な常識は、将来的に覆される可能性が高いからだそうです。そもそも人間は絶対ではないし、その人間が導き出す科学的な証拠も絶対ではないということのようです。疑似科学と言って相手を見下す人間も、温暖化はでっち上げと言う人間のどちらも、所詮は同じ穴の狢に過ぎないと、そういう風に言っている人達もネット上では多々見受けられます。

温暖化はどうでもいい

While the accumulation of data, from satellites and weather stations, shows the globe warming over decades, Rose had a different focus. He highlighted a few months of data, from a deprecated dataset, that excluded polar regions and the oceans, to suggest the “run of record temperatures are at an end”. This is misinformation, as there’s no evidence to show an end to long-term global warming.

「サテライトやウェザーステーションからのデータが蓄積され、数十年間にわたる地球の温暖化を示しているのにもかかわらず、ローズは、別の焦点を持っていました。彼は、一連の記録的温度は既に終わっていると提言するために、極地域や海洋を除外した、非推奨のデータセットからの数カ月分のデータを強調しました。これは、長周期の地球の温暖化が終わったことを示す証拠が何も存在しないので、デマでしかありません。」

地球の温暖化問題は非常に難しい問題です。温暖化の影響が全く無いから無問題と言っている人が多く、温暖化を訴えている人達も、自分達の生活習慣を改めようとはしていません。ほとんどの人が、温暖化を深刻な問題とは捉えていません。恐らく、実害が出始めるまではどうでもいいと考えている人が大勢を占めていると言われています。ただ、実害が出始めてから動き出しても遅いことだけは確かなようです。

トランプ政権は温暖化は無視

トランプ政権にとって、温暖化の議論は既に終了しています。温暖化よりも経済を向上させる事の方がはるかに大事だという結論に至っています。温暖化どころか、環境問題においても、多少の公害は、経済活動を改善するためには仕方ないと思っているように見受けられます。保守派の多くは、EPAをさっさと廃止して、ビジネスの足枷になっている全ての規制を撤廃しろと言っています。トランプ政権下でアメリカは、公害が酷かった時代に逆戻りしてしまう可能性が強いと危惧されています。トランプ氏が掲げるMake America great againのスローガンには、環境問題は一切含まれていないようです。