悪玉白色脂肪を善玉褐色脂肪に変換して肥満や糖尿病を予防・治療する

人の体内には、悪い脂肪(悪玉脂肪)と良い脂肪(善玉脂肪)が存在します。善玉脂肪が、カロリーを消費する働きをする一方で、悪玉脂肪の方はというと、カロリーをため込んで、体重増加や肥満をもたらしています。今回、ワシントン大学セントルイス校医学部による新しい研究が、悪玉白色脂肪を善玉褐色脂肪に変換する方法を、少なくとも、ネズミにおいて同定しています。

今回の発見は、肥満や糖尿病関連体重増加のより効果的な治療法開発の可能性を高めています。

本研究は、Cell Reports誌9月19日号に掲載されています。

白色細胞と褐色細胞

Scientists find way to convert bad body fat into good fat

White fat stores calories and pads our bellies, hips and thighs. In contrast, brown fat, found near our necks and shoulders, burns calories through a process that generates heat.

白色脂肪は、我々のお腹、臀部、大腿部に、カロリーとパッドを貯蔵します。対照的に、頸部や肩に見られる褐色脂肪は、熱を発生する過程を通して、カロリーを消費します。

ベージュ細胞

The researchers found that blocking the activity of a specific protein in white fat triggered the fat to begin to brown into beige fat, a type of fat in between white and brown. Blocking the protein to create beige fat caused the fat cells to heat up and burn calories.

研究者達は、白色脂肪の特異タンパク質活性を阻害することが、この脂肪をベージュ脂肪に褐色化するようにトリガーすることを発見しています。ベージュ脂肪を作り出すように、タンパク質を阻害することが、その脂肪細胞を刺激してカロリーを消費させます。

Beige fat was discovered in adult humans in 2015. Though it is almost like an intermediary between white fat and brown fat, Lodhi, an assistant professor of medicine in the Division of Endocrinology, Metabolism and Lipid Research, said it functions more like brown fat and can protect against obesity.

ベージュ脂肪は、2015年に成人に発見されています。それは、白色脂肪と褐色細胞間のパイプ役のような役割を果たし、褐色細胞に近い働きをして肥満を予防することができます。

タンパク質PexRAP

“Mice normally have very low levels of the protein, called PexRAP, in their brown fat,” he said. “When we put the mice into a cold environment, levels of the protein also decreased in white fat, allowing that fat to behave more like brown fat. Cold induces brown and beige fats to burn stored energy and produce heat.”

”ネズミは、通常、褐色脂肪中のPexRAPと呼ばれるタンパク質の量が非常に少なく、寒い環境に置かれると、白色脂肪中のタンパク質量も減り、その脂肪が、どちらかと言うと、褐色細胞のように振る舞うようにします。寒さは、褐色・ベージュ脂肪が、貯蔵エネルギーを消費して熱を産生するように仕向けます。”

When Lodhi’s team blocked PexRAP in the animals, the mice converted white fat into beige fat that could burn calories.

ロディ氏のチームがマウスのPexRAPを阻害すると、ネズミは、カロリーを消費するように、白色脂肪をベージュ脂肪に変換しました。

肥満・糖尿病大国アメリカ

More than two-thirds of adults in the United States are either overweight or obese. Some 30 million people have diabetes. These findings study suggest that if therapies could help convert their bad fat into good fat, those numbers might start to decline.

アメリカ国内の成人の3分の2以上が、太り過ぎか肥満のどちらかです。約3000万人の人々が、糖尿病を患っています。これらの研究結果が、もし、そういった人々の悪玉脂肪を、善玉脂肪に変えることができるようになれば、この悍ましい数値が減り始めるかもしれません。

Lodhi said if the PexRAP protein could be blocked safely in white fat cells in humans, people might have an easier time losing weight.

ローディ氏は、もし、PexRAPタンパク質が、人の白色脂肪で安全に阻害できれば、もっと簡単にダイエットができるようになるかもしれません。

“The challenge will be finding safe ways to do that without causing a person to overheat or develop a fever, but drug developers now have a good target,” he said.

”今後の課題は、その事を、オーバーヒートもしくは発熱せずに達成するための安全な方法を見つけ出すことですが、現在、創薬企業は、格好の標的を得ています。”

PexRAPタンパク質阻害剤ができれば、ダイエットが超簡単になるみたいです。しかし、脂肪の燃焼し過ぎによって、過剰に発熱すれば、身体に悪害を与えるので、副作用なしのダイエットサプリの開発が急務です。肥満な人にとって、楽してダイエットできれば、これ以上の朗報はないでしょう。