五輪のボランティアなんかやる奴はアホ

こんなことがネット上で囁かれている。彼らの意見を拝聴すると、「ボランティアにはビタ一文払わんが、都のゴキブリ職員共には例の如く超お手盛り手当が加算される。ボランティアやるド底辺馬鹿はゴキブリ公務員共に餌をやっているのと同じ。」といったようなことを宣っていた。本来はボランティアには交通費、宿代、食事代ぐらいは提供するらしんだけど、東京オリンピックのボランティアにはビタ一文支払われないらしい。まぁ、何とも日本らしいとしか言えん。

ネット上で色々調べてみると、例えば、10万人のボランティアに1日1万円かかるとして、10日分だと100億円の予算が必要になるわけだが、その浮いた100億円を都の職員達が美味しく頂くという計算になるっぽい。まぁ、何とも日本らしいとしか言えん。

本来なら、都の職員連中とその家族共に先ずは率先してボランティアをやらせるべきという声が非常に多い。まさにその通り!としか言えんわけだが、しかし、上級国民の公務員様がボランティアなんかできるか!というのが本音らしい。

東京オリンピックは、上級国民をさらに富ませ、下級国民は奴隷ボランティアとして搾取しまくる、その構図がまざまざと浮き彫りになってしまっている。つーか、それがアベノミクスの真骨頂でもあるんだけど、そりやー、貧富の差が拡大するわけだわ。

真夏の糞暑い中、公務員を焼け太らせるためにボランティアやる奴等は確かに国宝級のアホなんだろうけど、そのアホが多いのが今の日本だから、上級国民様達は笑いが止まらんだろうな。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク