ニッキー・ヘイリー米国連大使が辞任しちゃったらしい・・・

まじかよ!って感じなニュースが飛び込んできた(Nikki Haley resigns as Trump’s UN ambassador)。かなりショッキングなニュースだ。彼女は米国連大使として素晴らしい仕事をしていただけに、中間選挙まで一ヶ月切った段階での突然の辞任はかなりの衝撃だ。詳細については未だ不明だが、ブラット・キャバノー連邦最高裁判事の一件と関係があるのかどうか気になる。まぁ、それくらいしか理由が見当たらないんだけどね。あるいは、イラン問題で上司のSecretary of State(国務長官)Mike Pompeo(マイク・ポンペオ)と折り合いが付かないという事も考えられる。もしくは、超鷹派のNational Security Advisor(国家安全保障問題担当大統領補佐官)John Bolton(ジョン・ボルトン)とうまくいってないのか、しかし、それならせめて中間選挙までは待てるはずだが、今回の突然の辞任は、トランプ大統領がキャバノー判事の告発者を嘘つき呼ばわりしたことに対する抗議の辞任ぐらいしか考えられない。

何れにしても、これから記者会見が開かれるので、そこでさらなる詳細が語られると思う。突然の辞任の理由が何なのかが非常に気になる。実際に辞任するは年末らしいけど、この時期での辞意表明は選挙戦に悪影響を与えるとコメンテーター達が言っている。

ヘイリー国連大使は、どうやら半年前から今年いっぱいで辞めるみたいなことを言っていたらしい。それにしても、選挙28日前のこの時期に辞意を表明するのはやはり何かしらの意図があるとしか思えない。ただ、一つ気になったのは、”Jared is a genius.”の一言だ。これはどう考えてもgaffe(失言)なので、もしかすると、Javankaに嫌気が差して辞めるのかもしれない。

一部では、この記事”Nikki Haley’s resignation comes one day after an ethics watchdog requested an investigation into her acceptance of free flights on private jets“に書いてあることが理由じゃないかと勘ぐっている。トランプ政権では過去にも、トム・プライス米厚生長官が同じような理由で辞任している(Tom Price resigns as health secretary over private flights and Trump criticism )。

スポンサーリンク