Trump: They Brought It on Themselvesのbring it onの意味

この記事”Trump: They Brought It on Themselves”を読んでいたら、以下のような一節があった。

the press and the President’s Democratic enemies are responsible for violence against them. In so many words, they brought it on themselves.

トランプ大統領に対する悪意と憎悪に満ちた攻撃を執拗に続ける人民の敵であるプレス(報道機関)と、トランプ大統領に対する悪意と憎悪と嫉妬に満ちた攻撃を執拗に続けるinsane liberal達は、自分達に向けられた暴力の責を負う。文字通り、お前らは身から出た錆というわけである。

brought it on themselvesを直訳すれば、それ(今回の一連のfake bombs騒動)を自分自身で引き起こしたとなる(自業自得)。つまり、トランプ大統領を攻撃していた不逞の輩達に対する偽爆弾騒ぎは、人民から愛されているトランプ大統領に対する執拗な攻撃(口撃)が招いた当然の帰結ということだ。例えば、ラブラブなカップルがいたとする。そのカップルの女性に対して執拗な口撃(ブスだデブだ豚だと言い続ける)を試みればどうなるかは馬鹿でも分かる。そういう馬鹿なことをやっていたのが、アホなリベラルメディアとリベラル達だったわけだ。

俺はアメリカ人ではないし、アメリカの政治なんかどうでもいい人間だ。その日本人の俺でさえ、こいつ等(fake news mediaとdemrats)は本当にひでー奴等だと思うほどこいつ等は本当に酷い。トランプ大統領が怒るのも無理はない。超温厚でメチャクチャ優しい俺でさえ、こいつ等のトランプ大統領や他の共和党員に対する、根も葉もないデマや嘘八百、誹謗中傷にモニターをパンチで破壊したくなる時が多々ある。こいつ等リベラルは本当に息を吸うように平気で大嘘を吐きまくる。

スポンサーリンク