何故女という生き物は社会のゴミ屑野郎に惹かれてしまうのか?

何故女は悪い男とくっついてしまうのか?世の中には俺のような優しくて真面目な男が腐るほどいるというのに、何故敢えて社会の屑と一緒になって不幸のどん底を味わってしまうのだろうか?理由は恐らく本当の幸せが何なのかということを知らないからだろう。この記事”Study: Children of problem drinkers more likely to marry someone with a drinking problem“を読んでいたらふとそんな風に思えてきた。この記事の中に以下の一文がある。

“In this case, we found that you do marry someone who is like your parents,”

「この場合、人は親に似た人間と結婚することを我々は発見した。」

この場合というのは、アル中の親を持つ子供達が結婚するケースのことを言っている。この記事の要旨は、問題家庭の子供達は若くして結婚する傾向が強いという事と、親に似た配偶者と結婚してしまうことだ。つまり、問題家庭から逃げ出したにもかかわらず、自分自身も問題家庭を築き上げて負の連鎖を繰り返してしまうということだ。家庭に問題があれば、誰でもさっさと家を出たくなるし、自分はもっとまともな家庭を築きたいと思うのが人というものだ。

問題家庭で育った女は、何故、屑親に似たゴミ屑野郎と結婚してしまうのだろうか?最初から社会のド底辺のゴミ屑糞野郎と知りながら一緒になる女は自業自得だが、しかし、その尻拭いを税金でさせられるということを考えるとなんともやるせない。問題家庭で育った女は、自分を守ってくれる強い男に惹かれてしまうのかもしれないが、他者に対して強気な男というものは、自分に対しても牙を剥く可能性があることを、女は常に肝に命じておくべきなのだ。しかしながら、外では誰に対してもペコペコしているのに、家では暴れまくる内弁慶もいることを忘れてもいけない。安牌が常に安牌であるとは限らないということである。まぁ、恋愛というのは難しいということなのだろう。

女が幸せになるには、男とは一切関わらない、もしくは、本当に自分を幸せにしてくれる男を見つける以外にない。そして、本当の幸せというものは金では絶対に買えないという事と、世の中に虚栄ほど虚しいものはないということを知ることだ。己を知り分相応に生きることこそに本当の幸せがあるのだ。

ここで言っている社会のゴミクズ野郎というのは、社会的な地位や収入に関係なく、女を幸せにできない男のことで、さらに、ここで言う幸せとは、金とか物質的な豊かさのような醜悪な俗物的な豊かさではなく、精神的な豊かさという高尚なものを指している。いわゆる、清く貧しく美しくというやつだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする