肥満と癌の関連性とクルミの抗癌作用

この記事”Studies explore mechanisms behind obesity-cancer link“によると、肥満と癌には何らかの関連性があるようだ。

スポンサーリンク

肥満と癌の関連性

In their preliminary findings from studies of obese mouse models, the researchers found that leptin was linked to increased numbers of tumor-initiating cells. These cells have been shown to contribute to tumor initiation, growth, spread in the body and resistance to chemotherapy treatments.

肥満マウスモデルの予備的所見の中で、レプチンが造腫瘍性細胞の増加と関係していることが分かった。これらの細胞は、体内において、腫瘍形成、増殖、転移を引き起こし、化学療法治療に耐性を与えることが示されている。

肥満と癌の関連性はレプチンによるようだ。肥満だと癌に罹りやすくなるだけではなく、がん治療にも悪影響を与えてしまうことが今回の研究で示されている。高齢で肥満が一番最悪であるらしいが、たとえ若くても、肥満は重大な癌の危険因子であることから、がん予防に運動と食事に気を配る必要がある。

クルミが乳癌予防

この記事”Scientists tie walnuts to gene expressions related to breast cancer“によると、クルミの摂取で乳癌リスクを軽減できるようだ。

“These results support the hypothesis that, in humans, walnut consumption could suppress growth and survival of breast cancers,”

これらの結果は、人のクルミ摂取が、乳癌の増殖と生存を抑制する可能性があるという仮説を支持している。

クルミ摂取が乳がん予防になるかどうかを臨床的に裏付けるには今後のさらなる大規模な研究が必要なようだが、クルミの摂取が健康に良いというのは既に多くの研究で裏付けられているので、乳癌リスクの高い女性はクルミを摂取した方がいいかもしれない。記事に、1日2オンス(56.7g)のクルミを約2周間摂取することで、乳がんの遺伝子発現を有意に変えたと書いてある。

スポンサーリンク

フォローする