1980年〜2018年の国民一人当たりGDP推移を考察する

2018年の日本のGDP Per Capita (国民一人当たりのGDP)をプロットして、かつては世界有数の富裕国だった日本の惨めな没落っぷりを視覚化してみる。1995年から2018年の23年間で増えたのは、国の借金、公務員の給料、教師の性犯罪、税負担、子無し世帯、未婚者、生活保護受給者、年寄り、空き家(廃墟)、外国人、尊属殺人、幼児虐待、ニート・ひきこもりといった、まさに終わった感の強い日本であるが、本当の地獄はこれから始まることを全ての日本人は肝に銘じておくべきだろう。腐敗政治の漬けを払わされるのはいつも庶民だということである。

スポンサーリンク

データの準備

先ず、このサイトからデータをダウンロードして来てロードする。

import pandas as pd
pd.options.display.max_rows = 999
pd.options.display.max_colwidth = 1000
import numpy as np
import matplotlib as plt
%matplotlib inline
plt.style.use('ggplot')

imf = pd.read_csv('WEOApr2019all.xls',encoding='latin1',sep='\t', thousands=',', na_values=['n/a', '--'])

1人当たりのGDPデータを抽出する。

imf1 = imf[imf['WEO Subject Code'] == 'NGDPDPC']

2018年のデータをチラ見する。

imf1[['Country','2018']].head(10)
Country 2018
9 Afghanistan 543.724
54 Albania 5288.860
99 Algeria 4237.500
144 Angola 3668.910
189 Antigua and Barbuda 17636.070
234 Argentina 11626.920
279 Armenia 4149.300
324 Aruba 25466.430
369 Australia 56351.580
414 Austria 51509.030

float値をint値に変換する。最初にNaNを0に変換する。

imf1 = imf1.fillna(0)

for i in range(9,55):
    imf1.iloc[:, i] = round(imf1.iloc[:, i],0).apply(pd.to_numeric, errors="coerce").astype(int)
imf1.iloc[:,9].head(3)
9        0
54     728
99    2269
Name: 1980, dtype: int64

1995年の日本の国民1人当たりのGDP

from matplotlib.pyplot import *
from matplotlib.font_manager import FontProperties
from matplotlib import rcParams

style.use('ggplot')

rcParams["font.size"] = "25"
fp = FontProperties(fname='/usr/share/fonts/opentype/ipaexfont-gothic/ipaexg.ttf', size=54)
rcParams['font.family'] = fp.get_name()
fig, ax = subplots(figsize=(20,16))
imf2 = imf1[['Country','1995']]
imf2.set_index('Country').sort_values(by='1995',ascending=False).\
head(40).plot(kind='barh',ax=ax,width=.8,color='pink')
rc('xtick', labelsize=30)
rc('ytick', labelsize=27)
for j,i in enumerate(ax.patches):
    ax.text((i.get_width()+1e2 if int(i.get_width()) < 4e4 else i.get_width()-1e4),\
    i.get_y()+.15, '{:}{:,}ドル'.format(int(str(i.get_width())[:-4]),\
    int(str(i.get_width())[-4:])) if int(i.get_width()) > 1e4 else \
    '{:,}ドル'.format(int(str(i.get_width()))),fontsize=20,color='k')
xlabel('GDP per capita (米ドル)')
ax.patches[2].set_facecolor('w')
ax.legend(['国民1人当たりGDP'],loc="upper right",prop={'size': 26});

1995年、日本は堂々の世界第三位だった。ドイツに1万ドル以上、アメリカに15000ドル近い差を付けていたことに驚愕させられる。

2018年の日本の国民1人当たりのGDP

style.use('fivethirtyeight')

rcParams["font.size"] = "25"
fp = FontProperties(fname='/usr/share/fonts/opentype/ipaexfont-gothic/ipaexg.ttf', size=54)
rcParams['font.family'] = fp.get_name()
fig, ax = subplots(figsize=(20,16))
imf2 = imf1[['Country','2018']]
imf2.set_index('Country').sort_values(by='2018',ascending=False).\
head(40).plot(kind='barh',ax=ax,width=.8,color='pink')
rc('xtick', labelsize=30)
rc('ytick', labelsize=27)
for j,i in enumerate(ax.patches):
    ax.text((i.get_width()+1e2 if int(i.get_width()) < 1e5 else i.get_width()-3e4),\
    i.get_y()+.15, '{:}{:,}ドル'.format(int(str(i.get_width())[:-4]),\
    int(str(i.get_width())[-4:])) if int(i.get_width()) > 1e4 else \
    '{:,}ドル'.format(int(str(i.get_width()))),fontsize=20,color='k')
xlabel('GDP per capita (米ドル)')
ax.patches[25].set_facecolor('w')
ax.legend(['国民1人当たりGDP'],loc="upper right",prop={'size': 26});

2018年は26位まで順位を下げている。1995年、10位だったアメリカに15000ドル近い差を付けていた日本は、2018年は9位に順位を上げたアメリカに、逆に23000ドル近い差を付けられている。あまりの凋落っぷりに涙を禁じ得ない。

8ヶ国の一人当たりのGDPの推移を比較

variables = ['NGDPDPC']
countries = ['SGP', 'DEU', 'FRA', 'CHE', 'USA', 'JPN', 'CAN' ,'GBR']
GDP = imf1[imf1['ISO'].isin(countries) & imf1['WEO Subject Code'].isin(variables)]
GDP = GDP.set_index('Country').T.dropna()
GDP.head(2)
Country Canada France Germany Japan Singapore Switzerland United Kingdom United States
WEO Country Code 156 132 134 158 576 146 112 111
ISO CAN FRA DEU JPN SGP CHE GBR USA
style.use('fivethirtyeight')
fig, ax = subplots(figsize=(20,14))
rcParams.update({'font.size': 20})
GDP[8:47].plot(ax=ax, lw=4)
ax.lines[0].set_linestyle('--')
ax.lines[1].set_linestyle('-.')
ax.lines[3].set_dashes((1,1))
ax.lines[5].set_linestyle('-.')
ax.lines[3].set_linewidth(10)
ax.lines[3].set_color('b')
rc('xtick', labelsize=33)
rc('ytick', labelsize=25)
ax.set_title('GDP per capita by country', fontsize=24, loc='center')
ax.set_ylabel('GDP per capita',fontsize=25)
ax.legend(loc='best', fontsize=24, handlelength=2, labelspacing=0.15)
xticks(range(0,len(GDP[8:47]),1),GDP.index[8:47],rotation=90);

1995年をピークに伸び悩んでいたが、リーマンショック以降の円高により、民主党政権下で、日本の国民一人当たりのGDPは1995年の水準を超えた。しかしながら、安倍政権下の円安政策により、再び日本は1995年の水準以下へと転落していくことになる。2016年以降のGDPの捏造・水増し・インチキ嵩上げが無ければ、日本のGDP per capitaはダダ下がりだったはずだ。何れにしても、1995年にスイスに次いで2位に付けていた日本は、2018年には断トツ最下位へと没落している。過去23年で国民一人当たりのGDPが大幅に下がった没落著しい日本は、物価の安い貧乏国に成り下がったことで、裕福になったアジアの国々からの旅行客が激増している。ギリシャのような観光立国を目指すしかこの先生きのこる道は無いだろうとさえ言われている始末である。