all the rageとflight of fancyの意味

この記事”Nanoparticles could someday give humans built-in night vision“の中に出てくるイディオム、all the rageとflight of fancyの意味を調べた。

スポンサーリンク

all the rageの意味

上述の記事の中の以下の一文に、all the rageが含まれている。

Movies featuring heroes with superpowers, such as flight, X-ray vision or extraordinary strength, are all the rage.

「飛行能力、透視能力、もしくは、並外れた力などのスーパーパワーを持ったヒーローを売り物にした映画がall the rageである。」

Collinsではall the rageの意味が以下のように定義されている。

anything arousing widespread enthusiasm or interest; craze; fad

「広く一般に強い興味、関心を呼び起こす物、熱狂的大流行、一時的な大流行」

例えば、Boba is all the rage.なら、「タピオカが一時的に大流行している。」といったような意味になる。

flight of fancyの意味

上述の記事の中の以下の一文に、flight of fancyが含まれている。

But while these popular characters are mere flights of fancy, scientists have used nanoparticles to confer a real superpower on ordinary mice: the ability to see near-infrared light.

「しかしながら、こういった人気のキャラクターは、全くのflights of fancyに過ぎないが、科学者等は、普通のネズミに、ナノ粒子を使用して近赤外線を見ることができる本物のスーパーパワーを授けている。」

collinsではflight of fancyの意味を以下のように定義している。

An idea or statement that is very imaginative but complicated, silly, or impractical can be referred to as a flight of fancy.

「非常に創造力に富んではいるが、理解し難い、馬鹿げた、または、非現実的なアイデアや発言は、flight of fancyと呼ぶことができる。」

flight of fancyは、まさに、有り得ない超能力を持ったヒーローのことを指すようである。非現実的空想、程度に訳しておけば良いだろう。実現不可能な空想が、この記事の中に、科学の力で可能になるっぽいことが書いてある。特殊なナノ粒子を目に注入することで、人間に暗視能力を持てるようにできるらしい。暗闇でも物が見れるようになれば、暗闇で躓くことは無さそうである。