クーデター:トランプ政権を転覆させようとする連中がいるらしい!

非常に近い将来、ポール・ライアン氏とミッチ・マコーネル氏は、トランプ大統領に対して罷免か辞任かの2択を突き付けるだろうと、一部のリベラル達の間で噂になっています。そのリベラル達によると、最終的にトランプ氏は辞任に追い込まれ、意外とあっけないトランプ政権の幕引きになるだろうと予想していて、先行きをかなり楽観視しています。

トランプ大統領が辞任すれば、マイク・ペンス副大統領が大統領に就任するわけですが、共和党主流派の当初の筋書き通りに事が運びそうな感じです。トランプ氏は現在完全に裸の王様状態で、反トランプデモが全米に吹き荒れる一方で、プロトランプラリーは、驚くほど影も形もありません。こういう状況下では、共和党は安心してトランプ氏を罷免できるそうです。

スポンサーリンク

あまりにも無能過ぎたトランプ大統領

反トランプ陣営は、トランプ大統領のあまりに無能っぷりに高笑いしています。確かに、大統領令のほとんどが、裁判所から待ったをかけられているわけで、何一つ満足にできていないのは事実です。不法移民の強制送還も裁判所から待ったをかけられるのは時間の問題と言われており、さらに、南部国境壁の予算も議会で承認されないだろうと予想されています。

トランプ大統領が無能と言うよりは、トランプ政権が、ジュリアーニ氏、ギングリッチ氏、クリスティ氏、ペイリン氏等の、有能な政治家をパージしたせいだとも言われていますが、トランプ政権はペンス氏を除けば、政治のド素人集団なので、オバマ政権の居残り組達に全てを丸投げせざるを得ず、それが今回の大混乱を招いたと批判されています。トランプ支持者達の中には、機密情報をメディアにリークした犯罪者達をespionage(スパイ)として断罪しろと怒り心頭で、さらに全てのオバマ政権のholdover(居残り組)を速攻解雇するか、アラスカ送りにしろと声高にネット上で叫んでいます。彼等の怒りは徐々に頂点に達しているでかなり心配です。

トランプ政権転覆工作

大統領府は大混乱で、既に、政権としての体を成していないとさえ言われています。一部の保守派陰謀論者達によると、全てはオバマ元大統領の計略らしく、全米に吹き荒れる反トランプデモも、オバマとソロスによって組織化されたトランプ政権転覆工作だと見られています。オバマ氏が師と仰ぐBill Ayers(ビル・エアーズ)氏から学んだと言われる、Alinsky tactics(アリンスキー戦術)を踏襲しているらしく、これが本当なら大変な事ではないでしょうか。

上院は既にトランプ政権とロシアとの関係を捜査すると宣言しています(You Can’t See Russia From The House, But The Senate’s Ready To Look At Trump’s Ties)。マケイン氏、グラハム氏、ルビオ氏の所謂gang of threeが反トランプ陣営なので、上院においては既に反トランプ派が過半数を占めていて、トランプ政権にとっては目の上のタンコブになっています。

トランプキャンペーン・トランプ政権のロシアとの密通が証明されれば、トランプ大統領、あるいはペンス副大統領さえも罷免される可能性があり、ポール・ライアン氏が大統領に就任するみたいな事を言い出すリベラルも存在しますが、馬鹿げていると一蹴されています。

トランプ政権は生き残れない

トランプ政権を草野球チーム、オバマ政権をメジャーリーガーと例える人もいますが、トランプ政権がアマチュアで無能は事だけは如何ともし難く、やがてはオバマ政権の残留組によって滅ぼされるだろうと予想されています。実質的に、連邦職員によるクーデターが現在進行形で起きているらしく、前代未聞の出来事なのですが、全てはトランプ大統領があまりにも無能過ぎた事が原因な事だけは確かなようで(Flynn Resignation Raises Serious Questions About Criminal Political Espionage Within U.S. Intel)、トランプ政権は、CIAとNSAの反乱に対して打つ手がないらしく、目の前でクーデターが起きているのに何もできない状態で、アマチュアっぷりを見事に露呈してしまっていると指摘されています。

これだけ反トランプデモが全米で吹き荒れているにもかかわらず、プロトランプラリーが皆無なことに首を傾げる識者もいます。ネットを見ると、多くのトランプファンは、トランプ氏が窮地に追い込まれた場合、一斉蜂起するみたいな事を書いていて、second civil war(第二次内戦)に発展するだろうと息巻いている連中さえいます。それが大風呂敷なのかどうかは、現段階では分かりませんが、トランプ政権が転覆されるようなことがあれば、何かが起きることだけは避けられないかもしれません。その何かはその時になってみないと分かりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする