毎日たった10分間のマインドフルネス瞑想が不安を解消してくれる

毎日たった10分間のマインドフルネス介入が、心の迷いを取り除き、特に、反復して起こる不安な考えに対して効果的である事が、ウォータールー大学の新しい研究が示唆しています。不安を感じている82人の参加者による仲介の影響を評価した本研究が、今この瞬間に対して自覚することが、不安の特徴の繰り反復的な課題非従事思考を減らす事を明らかにしています。

スポンサーリンク

マインドフルネストレーニング

Just 10 minutes of meditation helps anxious people have better focus

“Our results indicate that mindfulness training may have protective effects on mind wandering for anxious individuals,” said Mengran Xu, a researcher and PhD candidate at Waterloo. “We also found that meditation practice appears to help anxious people to shift their attention from their own internal worries to the present-moment external world, which enables better focus on a task at hand.”

”我々の研究結果が、マインドフルネストレーニングが、不安を持った個人のための、いらん心配に対する保護効果を持つ可能性を示唆しています。”と、ウォータールー大学の研究員で博士号候補者のメングラン・スー氏は言いました。”私たちは、瞑想訓練が、不安症の人達を、自身の心配事から外に目を向けさせる手助けをする可能性が高い事も同時に発見しています。”

The term mindfulness is commonly defined as paying attention on purpose, in the present moment, and without judgement.

マインドフルネスという専門用語は、一般的に、あれこれと一切考えることなしに、意図的に今この瞬間に対して注意を向けることとして定義付けられています。

マインドフルネス瞑想

As part of the study, participants were asked to perform a task on a computer while experiencing interruptions to gauge their ability to stay focused on the task. Researchers then put the participants into two groups at random, with the control group given an audio story to listen to and the other group asked to engage in a short meditation exercise prior to being reassessed.

研究の一部として、参加者たちは、タスク集中能を計るという中断を経験する一方で、コンピュータ上でタスクを実行するように依頼されました。研究者達は、その後、参加者たちを無作為に2つのグループに分け、制御グループには音声物語を聞かせ、他のグループには、再評価される前に、短いマインドフルネス瞑想エクササイズをするように依頼しました。

マインドワンダリング

“Mind wandering accounts for nearly half of any person’s daily stream of consciousness,” said Xu. “For people with anxiety, repetitive off-task thoughts can negatively affect their ability to learn, to complete tasks, or even function safely.

”無駄な考え事は、全ての人々の日常の意識の流れの約半分を占有しています。”と、スー氏は言いました。”不安を抱いている人達にとって、繰り返し起こる課題非従事思考(マインドワンダリング、思考のさまよい)は、彼らの学習能力やタスク遂行能力、あるいは、安全に機能する能力に対してさえも、悪影響を及ぼす可能性があります。”

”もし、マインドフルネスメディテーションが、不安性を抱えた集団によって、もっと広く実践されたとしたら、どれ程のインパクトを与えるのかを見てみたいものです。”

The study, co-authored by Waterloo psychology professors Christine Purdon and Daniel Smilek and Harvard University’s Paul Seli, was published in Consciousness and Cognition.

ウォータールー大学心理学の教授である、クリスティン・パードン氏、ダニエル・スミレック氏、ハーバード大学のポール・セリ氏によって共同して執筆された本研究は、Consciousness and Cognition誌に掲載されています。

mind wandering = マインドワンダリング、思考の彷徨い、心ここに非ず状態

マインドフルネス瞑想は最近流行っています。つまらんことをあれこれ考えずに、今この瞬間を生きるみたいな感じで、例えば、テスト中に、テストに失敗したらどうしようとか、そういう事を考えずに、テストに集中するようになるみたいな事なのかもしれません。良く分かりませんが、マインドフルネス仲介で、不安解消ができるようなので、やってみる価値はあるのかもしれません。ググれば色々な情報を得られるので、興味がある人はやってみて下さい。

スポンサーリンク

フォローする