「 サンダース 」一覧

NO IMAGE

金融機関と国の功罪、バブルで景気回復は無理、実体経済に金を回せ

過去の例から1つ確実に言えることは、バブルはいつか必ず弾けるということです。アメリカを例にした話として、銀行の本来の存在理由は、預金者から預かったお金を、人や企業に貸出すことで社会を活性化させることにありました。ところが今や銀行の貸出資産は全資産の15%ほどで

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙 サンダースの生命線は失業者の政治献金!?

アメリカ大統領選挙、共和党は既にトランプが代表候補の座を勝ち取っているのですが、一方の民主党の方はと言うと、バーニー・サンダースが早々に、7月25日~28日にフィラデルフィアで開催される民主党党大会における"contested convention"を宣言しているので、民主党員の多くが1968年の再来を懸念しています。

NO IMAGE

pied piper, pay the piper, pied piping 意味

今日はイディオム、pied piper, pay the piper, pied piping の意味について調べてみたいと思います。The Pied Piper of Hamelin (ハーメルンの笛吹き男)と言えば、小さい頃に童話として話を見聞きした人が多いかと思います。話の内容は知らなくても

NO IMAGE

【悲報】トランプ大統領 ペイリン副大統領【日本終了】

ドナルド・トランプの副大統領は誰なのか?これが今のアメリカ政治の最大の関心事と言えるだろう。ヒラリー・クリントンの副大統領候補は、ジュリアン・カストロ、エリザベス・ウォーレン、シェロッド・ブラウン、ティム・ケイン、コーリー・ブッカーの5人を最有力候補として多くの民主党員達が予想している。

NO IMAGE

トランプ勝利→世界大恐慌→第三次世界大戦 歴史は繰り返す?

多くの民主党員達がトランプを共和党大統領候補にするために、open primary statesで挙ってトランプに投票した。ドナルド・トランプという、ほとんどのアメリカ人女性が生理的に受け付けない欠陥人間を大統領候補に祭り上げることで、11月の大統領選挙でのヒラリー勝利を確実なものにするためであった。

NO IMAGE

意外な意味の英単語 optics 政治と世論とPR

optics (光学)は、optic (目、目の、視力の、光学の)の複数形なのですが単数扱いです。optics (光学)は、physics (物理学)の一分野でもあります。optics の和英辞典による辞書的な意味は、光学だけで十分と言えるのですが、英英辞典にはそれ以外の意味が載っています。

NO IMAGE

大統領選挙 クルーズ撤退 サンダース勝利 トランプ革命

ドナルド・トランプのインディアナ州予備選挙での圧勝を受けて、遂にここまで粘りに粘ったテッド・クルーズがレースからの撤退を表明した。これにより、トランプの共和党大統領候補指名選挙における勝利が確定した。トランプ vs クリントン、誰も想像すらしていなかった戦いが今始まろとしている。

NO IMAGE

貧困女子と貧困児童を救え! impoverished Japanese

貧困児童 (子供の貧困)、貧困女子、シングルマザー世帯の困窮、日本がいつから女性と子供にこんなにも冷たい国になってしまったのかは定かではないが、いつの頃からか気付いてみたら、弱い立場の人間をとことん搾取するのが日本社会の特徴になってしまっていた。

Page 2 of 5
1 2 3 4 5
スポンサーリンク