参議院選挙を前に麻生財務相が暴言!?外国人の反応は?

7月10日の参院選まで1ヶ月を切っているこの時期に、麻生財務相が暴言・失言ともとれる問題発言をしてしまいました。言ってることは正論かもしれませんが、暴言という批判を受けても仕方ないかもしれません。もちろん、今回の麻生氏の発言のどこが暴言なの?という人も相当数いますし、個人的にも、年寄りが多過ぎるのと、その年寄りが金融資産を独占している事が、日本経済がジリ貧に喘いでいる元凶だと思っているので、麻生さんの発言が暴言だとは思っていません。世の中には本当に尊敬に値する立派なお年寄りもたくさんいます。しかし、その一方で、社会に害悪を撒き散らす高齢者が激増しているのも事実で、お年寄りを労るのは当然の事なのですが、それに値する人間になる事が大前提なような気もします。亀の甲より年の功ではありませんが、やはり長年培ってきた人間の品性のようなものを、全面に押し出せる、そういう年寄りになりたいものです。昔近所の駄菓子屋に「伊達に何十年も生きてないよ」が口癖の大変立派なお年寄りがいたのですが、子供ながらに、こういう尊敬に値する大人になりたいと思ったものでした。

スポンサーリンク

日本の高齢化社会

Japanese Finance Minister Reminds Elderly

…sold more adult than baby diapers for the first time in 2012, and is “older” than any nation in the world, has a “demographic problem.

「日本は、2012年には大人用おむつが初めて赤ちゃんおむつより売れ、世界で最も高齢者人口が多いという、人口統計上の問題を抱えています。」

子供用おむつよりも大人用おむつが売れる国については前回も書きましたが、日本が本当に人口統計学的に崖っぷちに立たされている事だけは疑いようのない事実です。超々少子化、超絶高齢化、超貧困化、超格差社会、超未婚社会、超借金大国、超財政赤字国、超低金利、超円安、超物価高、やばいなんてもんじゃありません。

 he wondered how much longer a 90-year-old person intends to live.

麻生さんが言いたいのは、90歳の人が将来に不安を感じるのはおかしいという事で、お年寄りは将来に不安を感じる必要はないし、どんどんお金を使うべきということなのです。高齢者がお金を無意味に蓄財し過ぎているのが、経済が回らない原因と麻生さんは言いたいのです。

麻生発言への外国人の反応

“Aso pointed to the more than ¥1.7 quadrillion of personal assets held nationwide, saying the money needs to be spent.”

This will solve nothing.

The assets will disappear down a black hole, while feckless bureaucrats get one more kick of the can.

Fire Aso and begin restructuring.

「”麻生氏は、国民は1700兆円を超える個人金融資産をもっと使うべきと指摘しました。”こんなんじゃ何の問題解決にもならない。無能な官僚達が問題を先送りし続ける限り、資産はあっという間になくなるでしょう。麻生を首にして、政治改革を始めるべきです。」

Strange coming from a socialist country that has made Womb to tomb care a fixture of Japenese society. Other than that I see the natural meanness of A true nip starting to creep out. What’s next?

「日本社会という揺り籠から墓場までを定着させた社会主義国の言う台詞とは思えません。私には日本人本来の心の卑しさが這い出し始めているようにしか見えません。次は何ですか?」

Dear Mr. Finance Minister:

DEMONSTRATE THE COURAGE OF YOUR CONVICTIONS.  LEAD BY EXAMPLE.

ノーコメントです。

Agree. Open borders had worked miracles for the US, after all.

/sarc

「国境開放は、最終的にアメリカで奇跡のようにうまく行きました。皮肉」

Honestly? My 94 year old mother in law lives with us. I ask myself that question every day.

麻生さんに賛成のようです。

It’s a short leap from disrespect for elderly to abuse of elderly. The Japanese FM is a monster, and I’d wager a psychopath, as well.

Never thought I’d hear such things from any Japanese, ever.

For shame.

高齢者軽視から罵りへ飛躍し過ぎだと、猛烈に麻生さんの意見に反対しています。

What’s the point of accumulating more wealth? Just looking at the money you have?

Translation of the translation: “Spend. Spend until you can spend no more. Then get credit!”   Like Dogbert once said, ‘if you’re not churning, you’re not learning.’

I don’t know whether to laugh or cry.

「”そんなに金を貯めてどうすんの?ちょっとあなたの資産をみてごらんなさい?”翻訳の翻訳、”とにかくお金が無くなるまで使いなさい、その後は借金して使いなさい”ドッグバートがかつて言ってたように、’if you’re not churning, you’re not learning.’、笑えばいいのか泣けばいいのか、私には分かりません。」

麻生発言に思うこと

金融資産「金は使わなきゃ意味ない」 麻生氏の発言詳細

思ったより伸びなかったのは、個人の消費です。間違いなく1700兆円を超す個人金融資産がある。すさまじいお金。そのお金が消費に回らない。買いたい物 がないとか、将来が不安だからとか、いろんな理由あるだろうが、いずれも伸びない。金なんてね、あれ見るもんじゃねえんだ。触るもんでもねえ。あれは使う もんだから。使って回さないとどうにもならねえ。じーっとしているのが最大の問題だ。

個人金融資産はバブル絶頂期の1989年から1000兆円近く増えているらしい。失われた20数年の間も堅実に増え続けていました。若者を犠牲にして蓄えられたお金と言っても過言ではないでしょう。個人資産を積み増すために、若い世代を氷河期世代へと追いやり、使い捨て非正規労働者として搾取しまくり、結婚して子供を持つという当たり前の事が、当たり前ではない世の中を創り出して、そうやって積みました1000兆円でもあるのです。若い世代を犠牲にして得た1000兆円は使われる事なく眠ったままです。その8割以上は50歳以上世代の一部が独占しているわけですが、何れにしても、お金を使わなければ、経済が回らないのは正論なので、お金を持っている人には、生きたお金の使い方をしてもらいたいものです。

スポンサーリンク

フォローする