ストレス後遺症、トラウマに対する脳応答の仕組み

M夫人はその日を決して忘れません。彼女が青物市場に隣接する交通量の多い道路沿いを歩いていると、バイクに乗った二人のならず者が彼女のそばを疾走しました。一人の男が素早く手を伸ばして彼女のネックレスを掴み取りました。次の瞬間、彼女は跪いて、バイクの後を引きずられました。有り難いことに、鎖がちぎれ、首の軽いあざだけで済みました。その事件で放心状態でしたが、M夫人は、事件1週間後までは元気でしたが、それから悪夢が始まりました。彼女は、毎夜、睡眠中に、ネックレスひったくり犯の幻影と、もみ合い、叫び、戦っていました。全ての(夢の中の)戦いが、彼女を怒りに駆り、たいていうつ状態にさせました。その状況は、悪夢が最後に止まるまで、数ヶ月間続きました。ただ1回きりの嫌な事件が、どうして、そのような長期の影響を与える事ができるのか?

インド人科学者達による新しい研究が、酷いストレスの単独事例が、いかにして、遅発性の長期に渡る心理的トラウマを引き起こせるのかについての洞察を得ています。今回の研究は、脳構造を変化させる可能性がある主要な分子・生理過程を特定しています。

N-メチル-D-アスパラギン酸塩受容体

The late effects of stress: New insights into how the brain responds to trauma

The team, led by Sumantra Chattarji from the National Centre for Biological Sciences (NCBS) and the Institute for Stem Cell Biology and Regenerative Medicine (inStem), Bangalore, have shown that a single stressful incident can lead to increased electrical activity in a brain region known as the amygdala. This activity sets in late, occurring ten days after a single stressful episode, and is dependent on a molecule known as the N-Methyl-D-Aspartate Receptor (NMDA-R), an ion channel protein on nerve cells known to be crucial for memory functions.

「バンガロアにある国立生命科学研究センターと幹細胞・再生医学研究所のスマントラ・チャッタージ氏に率いられたチームが、たった一度きりのストレスフルな出来事が、扁桃体として知られている脳の領域での電気的活動上昇を引き起こすことができる事を証明しています。この活動は遅れて始まり、単独のストレスフルなエピソードの10日後に起こり、記憶機能に欠かせない事で知られている神経細胞表面のイオンチャネルタンパク質のN-メチル-D-アスパラギン酸塩受容体として知られる分子に左右されています。」

心的外傷後ストレス障害

扁桃体は、脳の側頭葉の深部に位置する、小さなアーモンド形の神経細胞集団です。この脳の領域は、情動反応、記憶、意思決定に重要な役割を果たしていることで知られています。扁桃体内における変化が、心に深い傷を受ける経験の後で遅れて発症する精神状態である、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症に関係しています。

過去に、チャッタージ氏のグループは、極度のストレスのたった一度の事例が、すぐにネズミの扁桃体に影響を与えないことを明らかにしました。しかし、10日後、これらの動物達が、不安上昇と脳、特に扁桃体の構造の遅延変化を示し始めました。”我々は我々の研究システムが、PTSDに適用できることを証明しました。一度のストレス体験後のこの遅発効果が、PTSD患者に起こる事によく似ていました。”とチャッタージ氏は言う。”私達は、扁桃体が、PTSD患者において異常に活発な事を知っています。しかし、そこで何が起こっているのかは、現在のところ、誰も知りません。”と彼は付け加えています。

Investigations revealed major changes in the microscopic structure of the nerve cells in the amygdala. Stress seems to have caused the formation of new nerve connections called synapses in this region of the brain. However, until now, the physiological effects of these new connections were unknown.

「研究者は、扁桃体内の神経細胞の微視的構造の大きな変化を明かしています。ストレスが、脳のこの領域のシナプスと呼ばれる新しい神経接続の形成を引き起しているように思われます。しかし、こういった新しい接続の生理学的効果は、今まで不明でした。」

彼らの最新の研究の中で、チャッタージ氏のチームは、扁桃体内の新しい神経接続が、脳のこの領域中での過剰な電気的活動を引き起していることを立証しています。

”ストレスに関するほとんどの研究が、繰り返しストレスや、変化が、ストレス後1日のように、その後すぐに現れる単一ストレスエピソードによる、慢性ストレスパラダイムの上で行われています。”と、チャッタージ氏の生徒の一人ファーハナ・ヤスミン氏は言っています。”なので、我々の研究は、我々が、ストレスの単一インスタンスへの反応を明らかにしていますが、遅延時点なのがユニークな点です。”と彼女は付け加えた。

シナプス形成と電気的活動

さらに、記憶と学習に携わっている、NMDA-R と呼ばれている、お馴染みのタンパク質が、こういった変化をもたらしているエージェントの1つとして認識されています。このタンパク質を強いストレスを感じている間抑制する事が、新しいシナプスの形成を止めるだけではなく、このシナプス達の電気的活動の上昇を抑制しました。”こうして、我々は、単一ストレス10日後に起きる、イベントの最終段階に何が必要かを示している分子構造を初めて手に入れています。”とチャッタージ氏は言っています。”この研究の中で、私達は、ストレスの間、NMDA受容体を阻害しています。しかし、私達は、ストレス後に分子を阻害することが、ストレスの後遺症もブロック可能かどうかを知りたかったのです。そしてもしそうだとしたら、ストレス後、私達は、治療のための時間枠を規定するために、どれくらいの期間、その受容体を阻害できるのか”と、彼は付け加えています。

チャッタージ氏のグループは、ストレスがどのようにして扁桃体と他の脳の領域に影響を与えているのかについて、約10年前に初めて調査を開始しました。その研究は、行動観察から単一脳細胞の電気信号記録や顕微鏡法テクの類別にわたる、一連の高度に専門化したさまざまな手順を用いる事をチームに要求しています。”これを実行するために、私達は、そういった技術の専門知識を持ち合わせている人々との協力が要求される、色々な技術を使う必要がありました。”とチャッタージ氏は言います。”また、特にトレイニングに関するそういった協力のための糊が極めて重要です。私達は、我々の共同努力を支えてくれたWadhwani Foundation(ワドワニ基金)と、この研究に資金拠出してくれたDBT(バイオテクノロジー局)とDAE(原子力エネルギー局)にとても感謝しています。”

例えば、精神的・肉体的なひどいイジメを経験した後、そのくやしさや情けなさ、絶望感は半端なもんではありません。トラウマになるような大失態を演じた時や、猛烈に恥ずかしい経験をした後で、多くの人達が生きる気力さえもなくしてしまいます。

NMDA受容体を阻害することで、嫌な体験をした事から来るトラウマを防ぐことができるかもしれないみたいです。嫌なことが有った後で、この阻害薬を飲めば、その後の精神的なトラウマが防げれば、多くの人の人生が救われるはずです。ちょっとした事でクヨクヨする人間もいなくなるかもしれません。精神的に打たれ弱い人間がいなくなれば、社会がより活性化される可能性もあります。嫌な経験をいつまでも思い煩うのは体にも良くないし(特に胃)、人生の機会や時間の大きな損失にもなっています。