子供をクリエイティブ(創造的)な天才に育てるための5つの秘訣

子どもを独創的な天才に育てる事は、親にとっては将来的に非常に大きな意味を持ってきます。例えば、起業家になってビリオネアになったり、ノーベル賞受賞者になったり、親の誇りになる、立派な大人に育つ確率が高くなるからです。子育てに失敗して将来酷い目に遭わないためにも、子供のうちの教育はしっかりやっておいた方が身のためです。

子どもを心理面で支えるのが一番大事と、何かの本で呼んだ事がありますが、子どもに道徳心を植え込むことが、親がやらなければならない最初のことでもあるそうです。

全ての人間が独創的な天才?

Five ways to make your child a creative genius

おめでとうございます!あなたの子どもは人間であるおかげで既に創造的天才です。人間は他のどんな種よりもはるかに独創的です。確かに、チンパンジーは、シロアリ釣り(穴から美味しいシロアリを釣り出すためにスティックを使う事)のようなアイデアを思い付きましたが、ほとんどの人間は、宇宙旅行や大型ハドロン衝突型加速器などの発明の方がやや優れていると主張するのではないでしょうか。

人間は人間であることで創造的天才ではありません。ほとんどの人間が宇宙旅行やLHCなんかの発想はできないだろうし、宇宙船やLHCを作れないでしょう。それどころか、スマホを独自で一から作ることもできないし(ケイ素から半導体を作り出すところから)、スマホに使われているOSやアプリのプログラミングさえも、ほとんどの人間はできません。ほんのごく一握りのクリエイティブな天才達(人類の0.001%程度)のおかげで、その他残りの99.999%の出来損ないの人間達が恩恵を被っているに過ぎないと言われています。

人間のクリエイティブな能力は異なりますが、一部の人間達は、単純に他の人間より独創的な思考に長けています。子供達は、少なくとも1歳から、物体を調べることで創造力を示し始めます。2歳までに、彼等は、自分で新しいツールを使う方法を編み出し、大体8歳頃から、自分自身でツールを発明することさえできるようになります。

基本的に全ての子供達はクリエイティブな人間で、それは彼等の持って生まれた天性の一部でもあります。しかし、彼等をもっとクリエイティブな人間にする方法は何かないのですしょうか?以下が最近の研究に基づいたその問いに対する5つの助言です。

実例を示す

最新の研究が、独創性に富んだ両親が、かなり独創的な1才児を持つことを発見しています。なので、子供の周りにいる時は独創的になりましょう。過去の研究が、この関係が子供が青年期に達しても続くことを発見しています。それが遺伝的な理由に過ぎないと思うかもしれません。研究が確かに特定遺伝子を独創性にリンクしていますが、対の研究によると、遺伝的要素は、人の独創性のほんの少しの割合しか占めていないことを見つけ出しています。なので、子供達は、遺伝に関係なく、親達からクリエイティブになることを学んでいる可能性が高いと言えます。実際に、非常に独創的な人間を子供達が目撃した時、彼等自身がよりクリエイティブになることを実験的研究が発見しています。そういう事なので、子供を独創的に育てたい場合、親自身が独創的になる必要があります。

どうやってやるか?簡単な方法は、さまざまな物の使い方を思いつくことです。例えば、子供の側で、タオルをただタオルとして使うのではなく、ケープ、ブランケット、帽子、その他もっと色々な方法で、タオルを使うことができます。

アブラカダブラ!

マジカルフィルムを子供と一緒に見ましょう。1つの実験が、子供達がある特定の、ハリポタ賢者の石の、マジカルなコンテンツを含んだ15分間のビデオクリップを見た場合、彼等が数日後により創造的なことを発見しています。なので、ポップコーンを用意して、明かりを消して、楽しみましょう!まだ研究で証明されているわけではありませんが、この事は、理論的に、本でも同じように適用できる可能性があります。

踊り続ける

子供とダンスを競い合いましょう。最新の研究で、子供達の1グループが、ポップソングに対するダンスルーティンを教えられました。別のグループの子供達は、例えば、手を動かす色々なやり方を全て考え出す事によって、自分達の踊りを即興でやるように指示されました。ダンスルーティンを学んだ子供たちよりも、ダンスを即興でやった子供たちの方が、無関係の独創性テストでよりオリジナルのアイデアを考え付きました。そういうことなので、レッグウォーマーを履いて、ビヨンセと張り合いましょう!

give Beyonce a run for her money = ビヨンセと張り合う(に挑戦する)

自由を与える

何をするか一々子供達に言うのを止めましょう。複数の研究が、親が子供達に多くの要求をすると、そして、同時に子供達自身のアイデアに反応しないと、子供達が、より低い水準の独創力しか持てなくなってしまうことを発見しています。しかし、これに反して、もし親があまり注文を付けずに、子供達に対してもっと反応を示した場合、子供達の独創力が増強されます。なので、多分、親は、創造性を強化するために、手当たり次第に強制的に子供達を音楽や芸術教室に通わせるのではなくて、子供達のリードに従って、彼等があなたをどこへ連れて行くのかを見ることができます。

自主性ってやつで、勉強したければ塾や家庭教師、音楽をやりたければ音楽教室、運動をやりたければスポーツクラブに、子供達に何をすべきかを決めさせるということで、好きこそものの上手なれっていうあれです。強制的にやらせても、子供達にとってはストレスになるだけで、百害あって一利なしとも言えます。子供が何に向いているのかを事前に察知して、その方向に子供達を密かに誘導することも可能です。でもあくまでも子ども自身が決めたという形に持っていくことが重要です。途中で投げ出しそうになったら、自分でやると決めたんだから最後までやり通しなさい!と言うためです。

タッチスクリーン世代を理解する

ほとんどの親が、1つには親自身が、それらのデバイスが子供達の想像力を制限してしまうという理由で、子供達のテレビやコンピュータへのアクセスを厳しく制限しています。しかし、研究が、必ずしもそうではないことを示唆しています。実際に、子供達が自分自身を表現することを可能にするアップで遊ばせましょう。

研究者は、最近、彼等の家や学校でタブレットを使っている、小グループの子供達の追跡調査を行っています。観察法を使って、彼等は、子供達が書いたり、描いたり、コラージュしたり、線を引いたり、音楽を作ったりすることを可能にするアプリが、子供達の想像力を促進させることを発見しました。この事は、アプリで遊んでいる時だけの事例ではなく、オフラインでも同じです。なので、子供達が、彼等の次のトップ40ヒットを記録するのを手伝ったり、モデルになって肖像画が完成するまで予定を空けましょう。

子供達の創造性を刺激するための方法はさまざまな研究が我々に教えてくれていますが、まだまだ学ぶべきことは多いです。特に、4歳以下の子供達の独創性がどう生じるのかほとんど知られていません。この事が、私達が、テクノロジー、社会的相互作用、遊びのような他の要素がどう創造性とリンクしているのかを解明するために、誕生から47ヶ月までの子どもを持つ親に対して、オンラインサーベイを行っている理由になっています。

ネットにつながったスマホやパソコンは絶対に子供達には使わせてはいけないという人達もいます。子供達が犯罪に巻き込まれる可能性があるからです。今の時代、それは非常に難しいので、子供の安全を犠牲にして、そういった本来子供にやらせてはいけない事をやらせてしまっているわけですが、賢明な親は子供達にネット環境の整った機器は使わせないみたいです。あなたの知らない所で、あなたの子供が犯罪に巻き込まれている可能性もあります。なので、そこのところを親はよく考える必要があると指摘されています。

独創性を培うには将棋を学ばせるといいと言われていますが、確かに、将棋が強かった私の友人たちは、ほとんどが、偏差値70以上の進学校へ合格しています。もちろん、高偏差値が必ずしも独創力があるというわけではありませんが、ノーベル賞受賞者に旧帝大出身者が多いことを考慮に入れる必要があるでしょう。つまり、高学歴=高い独創性という公式も成立するということを意味していて、ハイレベルな学校に合格させることも、子供達の独創力を培うことにつながるかもしれないことを示唆しているかもしれません。