STAT5活性化阻害剤が白血病の新しい有効な治療法になる

白血病を高精度で予測可能なタンパク質シグネチャーの発見は、主要な小児がんの新しい治療法につながる可能性があると、白血病を引き起こす不均衡の原因になる特定タンパク質間の競合を明らかにしている新しい研究が示唆しています。Nature Immunology誌に掲載された新たな研究が、STAT5(シグナル伝達性転写因子5)として知られているタンパク質の活性化が、急性リンパ性白血病(acute lymphoblastic leukemia, ALL)の原因となる、他のタンパク質との協業をもたらすことを明らかにしています。STAT5の初期活性化を抑制して、蛋白質の自然なバランスを回復するための薬が開発できれば、ALLがもっと効率良く治療できるかもしれません。

小児急性リンパ性白血病

New study offers hope for more effective treatment of leukemia

Blood cancers account for nearly 10 percent of all newly diagnosed cancer cases in the United States. Childhood acute lymphoblastic leukemia – a type of cancer in which the bone marrow produces too many immature lymphocytes (a type of white blood cell) – accounts for three out of every four cases of leukemia and is the most common in children under age five.

血液癌は、アメリカで新たに診断された全ての癌のほぼ1割を占めています。骨髄が非常に多くの未熟リンパ球(白血球の一種)を作り出す癌腫の小児急性リンパ性白血病は、全白血病患者の4人に3人を占め、5歳未満の子供において、最も一般的な病気でもあります。

STAT5の活性化が白血病の原因

Prior research shows that certain genetic mutations common in Leukemia have a role in driving the disease. Authors of the article “Antagonism of B cell enhancer networks by STAT5 drives leukemia and poor patient survival” found that by forcing the activation of STAT5 in mice (constitutively activated alleles forced by the researchers) always produced Leukemia.

過去の研究が、白血病に共通した特定の遺伝子突然変異が、この病気に至らせる役割を担っていることを明らかにしています。”STAT5によるB細胞エンハンサーネットワークの拮抗作用が白血病と低い患者生存率の原因”というタイトルの論文の著者等は、ネズミにおいてSTAT5の活性化を促進させること(研究員等によって構成的に活性化された対立遺伝子)によって、白血病を常に引き起こすことができることを見い出しています。

IKAROS/NF-kBに対するSTAT5比

今回の研究の主な結果は、シグネチャーが、患者が治療に反応する仕方を予測する他のタンパク質と比べた場合の、活性タンパクのレベルを観察する事で明らかになった事です。データ分析が、患者の活性STAT5とIKAROS(イカロス)の比率が、非常に効果的な転帰予後予測になるという発見をサポートしています。もし、STAT5活性化を標的にできる薬剤を開発することができれば、白血病を非常に効率的に治療することができるようになるかもしれません。

本研究の中で、研究者達は、高性能DNA配列解読装置、エピジェネティック解析、プロテオーム解析、ユニークなマウスモデルや患者サンプルとを組み合わせた革新的な技法を活用しています。研究結果は、高比率の不均衡タンパク質(IKAROSやNF-kBに対するSTAT5の比率が高い)を持った患者達が、はるかに悪い予後を持つことを明らかにしています。

Frietze, whose research focuses on how to overcome IKAROS mutations, put the finding in perspective by explaining that “tumor sequencing is currently being used to both risk stratify patients and provide novel therapeutic targets. However, the ways in we are able to use that sequencing information is still limited. This study provides a new way to risk stratify patients, identifying those who are at higher risk or relapse and may therefore need more intense therapy to cure their disease.”

IKAROS突然変異を克服する方法に焦点を当てた研究をしているFrietze氏は、腫瘍シークエンシングが、現在、患者をリスク分類するのと、新しい治療標的を提供するための両方で使われています。しかし、我々が、そのシークエンシング情報を利用するための方法は、未だに制限されています。本研究は、患者をリスク分類して、より高いリスク、あるいは再発の危険性が高いことから、より集中した治療を必要としている可能性がある患者達を特定するための新しい方法を提供しています。

IKAROSやNF-kBに対して、高い比率のSTAT5を有することが、白血病の原因になっているだけではなく、予後の悪化にもつながっているようです。なので、このSTAT5を阻害できる薬剤が開発できれば、白血病の治療に大きく貢献できるみたいです。小児がんほど心が痛む病気もないので、何とか1日も早く、子供達を苦しみや絶望から解放してあげて欲しいものです。子供にとって最も大切なものは健康です。もちろん、人間全てに言えることでもあります。