若い成人の慢性的な睡眠不足は人生に重大な弊害をもたらす

ヤング・アダルトは、平均的に、1日約9時間、高齢者は、1日7.5時間の自然睡眠が必要です。西側諸国の多くの人々が、しかしながら、睡眠時間が極端に短いです。一部の研究によると、いくつかの先進国で調査対象となった人々の約3分の1が、あまり睡眠を取っていないと報告しています。若い成人が、8時間未満睡眠だと、注意欠陥になりやすく、重大な悪影響をもたらします。睡眠専門クリニックでは、睡眠不足の弊害に苦しむ健康な人々の数が増加しています。

スポンサーリンク

慢性的な寝不足がリスク志向を高める

Chronic lack of sleep increases risk-seeking

Researchers at the University of Zurich and the University Hospital Zurich have now identified a further critical consequence of a chronic lack of sleep: increased risk-seeking. The sleep and neuroeconomics scientists studied the risk behavior of 14 healthy male students aged from 18 to 28 years. If the students slept only 5 hours a night for a week, they displayed clearly riskier behavior in comparison with a normal sleep duration of about 8 hours. Twice a day, they had to choose between obtaining a specified amount of money paid out with a given probability or playing it safe with a lower amount of money paid out for sure. The riskier the decision, the higher the possible prize – but also the risk of getting nothing.

チューリッヒ大学とチューリッヒ大学病院の研究者たちは、今回、慢性的な睡眠不足の一層重大な影響である、リスク選好度が高まることを同定しています。睡眠・神経経済学者達は、18歳~28歳の健康的な男子生徒14人のリスク行動を研究しました。学生たちが、1週間毎晩たったの5時間しか寝ない場合、彼等が、8時間の標準睡眠時間と比べ、明らかに、よりリスキーな行動を取ることを示しました。1日2回、彼等は、一定の確率で支払われる所定の金額を獲得するか、確実に支払われる少額を受け取る安全策をとるかの選択を与えられました。選択がリスキーなほど、より高額を手にすることが可能ですが。同時に、びた一文手に入らないリスクもあります。

無自覚リスク選好度上昇

An additional finding is particularly alarming: The students assess their risk-taking behavior to be the same as under regular sleep conditions. “We therefore do not notice ourselves that we are acting riskier when suffering from a lack of sleep,”

付加的な発見が、特に憂慮すべきで、学生たちは、自分達のリスクを厭わない行動が、規則正しい睡眠状態下と同じであると判断しています。”我々は、従って、寝不足状態にある時、よりリスキーに行動していることに、自分で気付いていません。”

寝不足状態にあると、行動がリスキーになるとい感覚は分かります。居眠り運転なんかが、その典型例ではないでしょうか。居眠り運転が超リスキーと分かっていながら、慢性的な寝不足が、そのリスクをとらせてしまいます。寝不足だと、睡眠以外は、何もかもどうでも良くなるので、それが人にリスキーな行動をとらせてしまうのではないでしょうか。寝不足にならない事が重要みたいです。

右前頭前皮質が関係している

For the first time, the researchers have proven that a low depth of sleep in the right prefrontal cortex is directly connected with higher risk-seeking behavior. This part of the cerebral cortex has already been associated with risk-taking behavior in earlier studies. “We assume that behavioral changes occur for anatomical-functional reasons to some extent as a result of the right prefrontal cortex not being able to recover properly due to a chronic lack of sleep,” Baumann concludes.

研究者達は、右前頭前皮質の眠りの浅さが、リスクを求める行動の高まりと直結していることを初めて証明しています。大脳皮質のこの部位は、過去の研究で、既にリスク追求行動と関連付けられています。”我々は、行動変化が、右前頭前皮質が、慢性的な睡眠不足が原因で適切に回復できない結果を受けて、ある程度、解剖学的・機能的な理由で起こっていると仮定しています。”

寝不足はあらゆる意味で身体に良くないので、特に、若者はよく眠る必要があります。規則正しい睡眠習慣をつけることで、リスキーな行動を回避できるようになるみたいなので、安全に生きたいと思うなら、よく眠ることです。逆に、株やFXでリスキーな投資をしたい場合は、1週間3~4時間睡眠をした後で、取引をするのがいいとも言えますが、正常な判断ができない状況での取引は、本当に超リスキーなので、やらないほうが身のためです。注意1秒怪我一生を肝に命じておくべきです。

スポンサーリンク

フォローする