マンゴー(マンゴスチンではない)の驚くべき健康効果

触れると皮膚がかぶれることで知られているウルシ科の果物である、マンゴーの健康効果に関する新しい見識が、研究によって次々と明らかになっています。Food & Function誌5月号に掲載された利用可能な科学論文の包括的なレビューが、マンゴーとその各成分が、慢性疾患のリスクを減少するのに役立つ可能性がある、抗炎症性・抗酸化性を持つことを明らかにしています。より優れた栄養素摂取と食事の質を高めること以外にも、マンゴーを食べることが、血管、脳、皮膚、腸の健康維持だけではなく、血糖コントロールや微生物叢にとっても重要であるかもしれません。

マンゴーは貴重な栄養素の塊

マンゴーは、たった100カロリーで、ビタミンC、ビタミンA、食物繊維を含む、多くの貴重な栄養素を提供してくれます。また、マンゴーは、抗炎症、抗酸化、抗糖尿病、抗肥満、抗癌を含む、多くの健康促進作用と関連がある、フェノール酸、マンギフェリン、カロテノイド(カロチノイド)、ガロタンニンを含む、フィトケミカルの供給源でもあります。

肥満と糖尿病

過去20年にわたる肥満と糖尿病の罹患率はうなぎ登りで、食事が、その両疾患の転帰リスクを減少させるのに、非常に重要な役割を果たしています。マンゴーフルーツかピューレを人に与える7つの臨床試験が、肥満もしくは糖尿病の評価項目を測定していて、そのうちの5研究は、2型糖尿病患者を調査し、残りの2つの研究は、肥満か概ね健康な人達を調べています。これらの研究が、マンゴー摂取が、糖尿病患者のグルコース反応を調節する可能性があることを示唆しています。糖尿病リスクが高い人達のマンゴー摂取の影響はまだ良く分かっておらず、今後の研究が必要です。

人間への効果は分かっていませんが、動物実験では、マンゴーサプリが、総コレステロール、高密度リポタンパクコレステロールの対TC比、トリグリセリド濃度、グルコース濃度などの、循環器疾患と糖尿病の重大な危険因子を減らすことが観測されています。加えて、1つの研究において、日常的なマンゴー摂取が、肥満減少や代謝転帰改善に関係している細菌、ビフィズス菌とアッカーマンシアを支持するように、動物の腸内細菌をうまく調節しています。動物研究が、マンゴーが血糖値コントロールをサポートする可能性があることが報告されている一方で、特に、うまく特徴づけされた前糖尿病状態にある人の集団における追加の研究が、糖尿病コントロールにおける、マンゴーの健康価値を明らかにするためには重要です。

心臓血管病

肥満と糖尿病は、毎年1750万人もしくは地球上の死の31%を占める心疾患の原因です。マンゴーの植物性化学物質や、食物繊維や有機酸などの他の成分が、心臓血管の健全性に役割を果たしているかもしれません。現在、利用可能な人のデータはなく、人への効果も不明ではあるのですが、動物を用いた研究が、マンゴーに含まれる成分が、正常TC、TC対HDL比、TG、血流のサポートに重要な役割を果たしている可能性があります。

この他にも、マンゴー摂取が、アルツハイマー病などの、認知機能障害において、認知能力を向上させる働きがあることが、動物実験で明らかになっています。さらに、皮膚の健康に対しても、何らかの効果があることが分かっていて、今後の研究が期待されています。動物研究が、腸内細菌叢の健全性維持に、マンゴーに含まれる成分、gallic acid(ガリウム酸)、mangiferin(マンギフェリン)が何らかの役割を果たしていることを示しています

参考サイトScientific study review presents health promoting potential of mangoes