ダイエット:お腹の脂肪が更年期以降の女性のがんリスクを増大させる

マドリッドで開催された、ESMO 2017 Congress(欧州臨床腫瘍学会学術集会2017)でプレゼンされた研究によると、胴の体脂肪分布は、更年期以降の女性の癌リスクに関して言えば、体重以上に重要とのことです。本知見は、腹部に脂肪がつきやすい、この年齢群の女性達の体重管理優先順位に新たな解釈を加えていると、研究者が言っています。

お腹の脂肪は癌リスクを高める

Abdominal fat a key cancer driver for postmenopausal women

“When assessing cancer risk, body mass index (BMI) and fat percentage may not be adequate measures as they fail to assess the distribution of fat mass,” she explained. “Avoiding central obesity may confer the best protection.”

”癌リスクを判断する時、肥満度指数(BMI)と脂肪率が、脂肪塊分布は見極められないので、十分な測定法ではない可能性があります。中心性肥満にならないのが、最善の予防策と言えます。”

It included 5,855 women (mean age 71 years) who underwent baseline dual-energy X-ray absorptiometry (DXA) scans to assess body fat and body fat composition and have been followed for 12 years.

今回の研究には、体脂肪と体脂肪組成を評価するための、ベースラインの二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)スキャンを受け、12年間にわたる追跡調査を受けている、5855人の女性達(平均年齢71歳)が関わっています。

Specifially, there were 293 breast and ovarian cancers, 345 lung and gastrointestinal (GI) cancers, and 173 other cancers. Looking in detail at specific cancers and risk factors the investigators determined that only lung and GI cancers were associated with high abdominal to peripheral fat ratios (HR: 1.68; 95%, CI: 1.12 to 2.53; p < 0.05 and HR: 1.34; 95%, CI: 1 to 1.8; p < 0.05, respectively).

具体例を挙げれば、乳がんと卵巣がんが293例、肺がんと消化器系がんが345例、他のがんが173例でした。特定のがんと危険因子を詳細に調査することで、研究者達は、肺癌と消化器癌だけが、腹部脂肪と周囲脂肪の比率が高いことと関連していることを割り出しました。

Additional cancer risk factors were older age, receipt of hormone replacement therapy and smoking, but after controlling for these risk factors, fat ratio remained an independent risk factor.

その他のがん危険因子は、高齢、ホルモン入れ替え療法、喫煙でしたが、これらの危険因子を調整した後も、脂肪比率は、独立危険因子のままでした。

インスリン増加とお腹の脂肪

“Increases in insulin, resulting from over-consumption of simple carbohydrates such as potatoes, wheat, rice and corn, result in fat accumulation that is specifically visceral and abdominal,” De Censi explained. Insulin also has detrimental effects on hormone production, and adipose cells in fat tissue increase chonic inflammation throughout the body, another risk factor for several cancers.

”じゃがいも、小麦(精白粉)、米(白米)、とうもろこし等の単炭水化物の過剰摂取に起因するインスリンの増加が、特に、内臓とおなかへの脂肪の蓄積をもたらします。”と、デ・センシ氏は説明しています。また、インスリンは、ホルモン産生にも悪影響を与え、脂肪組織の脂肪細胞は、いくつかの癌に対する他の危険因子である、全身の慢性炎症を増加させます。

メトホルミンの可能性

“These data open the door for clinicans to intiate a number of interventions in obese patients. In addition to fat loss with diet and exercise, there may be a potential role for a diabetes drug, such as metformin, which can lower insulin effects and contribute to cancer prevention.”

”これらのデータは、臨床医たちに対し、数多くの介入治療を、肥満患者に導入するための機会を与えてくれます。ダイエットやエクササイズによる脂肪減少に加えて、インスリン作用を抑えてがん予防に貢献するメトホルミン等の、糖尿病治療薬に対する潜在的役割があるかもしれません。”

今回の研究は、高齢デンマーク人女性が対象なので、更年期以降の中高齢日本女性に対してもそのまま当てはまるかどうかは分かりませんが、お腹の脂肪は見た目も良くないし、癌リスクを増大させる可能性があるので、閉経後女性は、運動やカロリー制限等で、肥満にならないように注意した方がいいかもしれません。食事も野菜、果物、豆類、ナッツ類、鶏胸肉、魚肉、オリーブオイル等の、健康維持に必須な食品を摂取することを心掛けるようにすべきと、多くの研究が示しています。メトホルミンなどの糖尿病治療薬が、お腹の脂肪や内臓脂肪を減少させる可能性があるようです。